愛知依頼者の思いを法的に代弁し、 納得のいく解決へ導きます

弁護士法人 坂田法律事務所

相談料初回無料 着手金0 報酬金回収額から
弁護士法人 坂田法律事務所

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 24H電話
  • 土日対応

料金体系

初回相談料無料 着手金無料
報酬:15万円+獲得利益の10%
弁護士費用特約利用で実質的な負担なし

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「弁護士法人 坂田法律事務所」ご相談窓口

現在03:25。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

お電話での相談窓口【通話無料】0066₋9687₋7910
受付時間 平日 9:00〜17:30

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

地域に根ざした西尾市・岡崎市の法律事務所

47年間にわたって継続的に交通事故事案に対応

弁護士法人坂田法律事務所は創業47年の歴史をもつ地域に根ざした法律事務所です。本部事務所のある西尾市を中心に、長年にわたって西三河地域の方々の相談・依頼に応えてきました。

交通事故の事案はコンスタントに取り扱っており、物損事故から後遺障害の残る人身事故、死亡事故まで、さまざまな事故のトラブルに対処できます。さらに名古屋地方裁判所岡崎支部の近くにも事務所(支部)をかまえているため、裁判前の円滑な打ち合わせが可能です。

依頼者の主張や不満を整理し、法的な主張に落としこむ

当事務所が大切にしているのは、依頼者の思いをくみとって代弁すること。そのために話しやすい雰囲気づくりを心がけ、依頼者の主張や不満を整理していきます。そして法的な主張に落としこみ、過去の裁判例等を踏まえ、交渉や裁判で争います。

もちろん、こちら側の主張が認められる場合も、認められない場合もありますが、あなたの思いを弁護士が法的に代弁することで納得のいく解決を目指します。

元検察官2名を含む計4名の弁護士が在籍

刑事事件の経験を活かし、事故当時の状況などを明らかに

当事務所には元検察官2名を含め、計4名の弁護士が在籍しています。そのため、事故現場の調査などフットワークの軽い対応が可能です。また、基本的に交通事故は民事事件ですが、事実認定のポイントは「自動車運転過失致死傷」などの刑事事件と共通しています。

そこで当事務所の代表弁護士は検事時代の経験を活かし、事故当時の状況などを明らかにします。くわえて「危険運転致死傷」など加害者に刑事責任が問われる場合は、刑事事件も含めて総合的にサポートすることができます。

専門医に見解を確認できる独自の人脈

当事務所は半世紀近い歴史のなかで、地元で開業する多くの医師や大学病院の法医学者・臨床医等と独自の人脈を築いてきました。依頼者の症状に応じた専門医の見解を確認できるため、後遺障害や将来介護費などの争いにおいて役立つ場合があります。

弁護士による治療期間中のサポート

治療費の支払い打ち切りを告げられたら、保険会社に延長交渉

治療期間中に私たちがサポートできることは少ないですが、早期に弁護士に相談すると今後の流れがわかります。そして弁護士を交渉の窓口にすれば、相手方の保険会社から不当な主張をされることもありません。その結果、安心して治療に専念できるでしょう。

ただし、事故から数ヵ月経つと保険会社から「治療費の支払い打ち切り」を通告される場合があります。そんなとき、当事務所は治療継続の必要性を主治医に確認。保険会社に医師の見解を示して交渉し、治療費の支払い継続を求めるとともに、必要があれば、治療費仮払の仮処分も検討します。

適正な過失割合が認定されるために

事故当時と同じ時間帯に現場を訪れ、見通しなどを調査

損害賠償額を大きく左右するのが、事故の過失割合です。もしも提示された割合に納得できなかったら、当事務所に相談してください。双方の事実認識が真っ向から食い違っている場合は、事故当時と同じ時間帯に現場を調査します。

ドラマのように明確な証拠が見つかることは少ないものの、事故現場の見通しなどから新たな発見が得られたケースは数多くあります。裁判での立証も含めて、元検察官の弁護士が力を発揮しやすい分野です(一般論として検察官経験のない弁護士が劣っているわけではありません)。

損害賠償請求の基本的なポイント

保険会社が提示する示談金は低い。裁判を見すえた交渉で適正水準へ

損害賠償金には複数の算定基準があり、各基準によって金額(特に慰謝料)に差があります。そして、相手方の保険会社から提示される示談金は、原則として低い基準で算定されています。

一方、私たち弁護士はもっとも金額の高い裁判で用いられる算定基準を使って保険会社と交渉します。裁判になった場合の判決の見通しを踏まえ、交渉だけで賠償金がアップする可能性も大いにあります。

弁護士として当たり前のことを当たり前に行う

交通事故の損害賠償請求において、当事務所が特段優れている点はありません。一つひとつの依頼に真摯に取り組み、休業損害や逸失利益の算定根拠をハッキリ示すなど、弁護士として当たり前のことを当たり前に行っています。

坂田法律事務所からのアドバイス

警察や保険会社と話した内容をメモに残しておく

事故にあったら、できるだけ証拠を残しておきましょう。たとえば、警察や相手方の保険会社と話した内容をメモしたり、自動車を修理に出す前に損傷した部分を撮影したりしてください。こういった資料が後で重要な証拠になる可能性があります。

また、相手方の保険会社の説明をうのみにしてはいけません。往々にして保険会社は低めの示談金を提示してきますので、まずは弁護士に相談することをおすすめします。当事務所は事前に予約をいただければ、平日夜間や土日祝日の対応も可能です。

弁護士費用特約とは

保険会社が弁護士費用を負担する保険オプション

あなたの自動車保険に「弁護士費用特約」はついていませんか?この特約を使えば、交通事故の損害賠償に関する弁護士費用を保険会社に負担してもらえます。ほとんどの事故の弁護士費用は補償限度額(一般的に300万円)の範囲におさまるため、実質的な自己負担なしで弁護士に依頼できます。

この特約を使っても保険の等級は下がらず、翌年の保険料も上がりません。また、家族が加入している自動車保険の弁護士費用特約が使えるケースもあります。使って損をすることはないので、まずは特約の有無を確認してください。

所属弁護士

坂田 吉郎(さかた よしろう)

坂田 吉郎
登録番号 No.42172
所属弁護士会 愛知県弁護士会

アクセス

西尾駅東口キクチメガネ上

〒453-0015 愛知県西尾市高畠町4丁目28番地1渡辺ビル3F

〒453-0015 愛知県西尾市高畠町4丁目28番地1渡辺ビル3F

事務所概要

事務所名 弁護士法人 坂田法律事務所
代表者 坂田 吉郎
住所 〒453-0015 愛知県西尾市高畠町4丁目28番地1渡辺ビル3F
電話番号 0066₋9687₋7910
受付時間 平日 9:00〜17:30
定休日 土日祝日
備考
弁護士法人 坂田法律事務所
弁護士法人 坂田法律事務所
スマホ・携帯からも無料通話
0066₋9687₋7910
受付時間
平日 9:00〜17:30

現在03:25。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒453-0015 愛知県西尾市高畠町4丁目28番地1渡辺ビル3F
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP