愛知事故後の交渉からお任せを。 経験豊富な弁護士が力になります

とのも法律事務所

相談料初回無料 着手金0 報酬金回収額から
とのも法律事務所とのも法律事務所サムネイル0とのも法律事務所サムネイル1とのも法律事務所サムネイル2

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 24H電話
  • 土日対応

料金体系

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「とのも法律事務所」ご相談窓口

現在03:25。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

お電話での相談窓口【通話無料】準備中
受付時間 平日 9:00〜18:30

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

交通事故の案件に力を入れる地域密着の事務所

被害者の方の不安や悩みが少しでも和らぐよう全力でサポート

地元のランドマーク「豊田スタジアム」から車で5分の場所にある「とのも法律事務所」の代表弁護士・土面尋志(とのも・ちかゆき)です。私は豊田市の出身で、弁護士になった当時は当市にはほとんど弁護士がいませんでした。だからこそ地元に貢献したいと思い、ゆくゆくは豊田で仕事をしたいと考えていたことからこの地で開業しました。

豊田はご存じ「自動車のまち」として知られ、典型的な車社会です。実際の件数としても他のまちよりも交通事故は多い傾向にあり、当事務所でも必然的に交通事故に関する相談に力を入れています。事故の被害に遭われた方の不安や悩みが少しでも和らぐように、全力でサポートさせて頂きます。

保険会社は交通事故対応のプロ

交渉は法律の専門家である弁護士に任せるのが得策

とのも4

保険会社は事故対応におけるプロであり、あらゆるケースの交通事故案件を手掛けています。一方の被害者の方は、事故対応は初めての経験であることが多く、交渉においても保険会社に言いくるめられてしまうことは少なくありません。

そのように、被害者が不満を抱えたまま妥協を余儀なくされるのは、あってはならないことです。1人で悩むのは精神的な負担が大きく、また相手方は交渉のプロですから、被害者側は法律の専門家である弁護士に交渉を任せて納得できる結果を得て欲しいのです。

弁護士に依頼することによって、保険会社など加害者側と直接話をすることがなくなるだけでも大きなメリットがあると思います。「加害者や保険会社の対応に疑問がある」「提示された損害賠償額について適正かどうか分からない」「後遺障害の等・認定が適正かどうか分からない」…こうした状況に直面された場合にはぜひ当事務所にご相談ください。

保険会社の対応に不満を感じたら早めの相談を

慰謝料は基本的にかなり低い額を提示してくることが多い

ご相談が早ければ早いほど、弁護士は主導的に動くことができます。たとえば保険会社が事故の損害額を査定して示談額を提示する場合に、先方はあくまで「当社の基準ですから」と主張します。しかしその中身は、決して妥当とは言えない内容である可能性が十分に考えられるのです。

また治療費に関しては適正であっても、慰謝料に関しては基本的にかなり低い額を提示してくることが多いと経験上感じます。そんな時には保険会社からの提示を決して鵜呑みにしないでください。早めに弁護士が介入することで適正な額になるように調整します。

当事務所は特定の保険会社との取引はなく、相手の保険会社がどこであっても対応することが可能です。交通事故によって被る様々な心身的負担を少しでも軽くできるようにお力になることが、私たち弁護士の仕事だと考えて親身に対応していきます。

突然、保険会社から治療費の打ち切り通告が…

症状があり治療を継続したい場合には弁護士に相談を

事故でむち打ちになった被害者の方が、通院を始めて6か月が経った頃、「治療費を打ち切る」と保険会社からの通告を受けて相談に来られた事例があります。依頼者ご本人はまだ首に痛みがあり、治療を継続したいという申し出でした。

その後、ご自身の健康保険を使って治療費を支払いながら、半年間にわたって治療を継続しました。訴訟の結果、同期間の治療費は保険会社が支払うことで依頼者も納得し、和解に至りました。むち打ちのような他覚的症状のない疾患は、本人の痛みなどの主訴が頼りです。症状があり治療を継続したい場合には、遠慮なく医師と弁護士に申し出てください。

後遺障害の適正な等級認定を得るためには

認定の結果に不満があれば、異議申し立てを行う

治療が終わった(症状固定)後にも関わらず、何らかの後遺症が見られると、医師に後遺障害診断書などを用意してもらい、損害保険料率算出機構への後遺障害認定の申請が必要になります。後遺障害が認められるか、また1~14級までの等級がどう変わるかは、損害賠償額に大きな影響を与えることになる重要な要素です。

もし申請の結果に不満があれば、新たな検査を実施した診断書を用意するなどで、異議申し立てを行うことができます。当初の審査の結果を異議申し立てによって覆すのはなかなか容易ではありませんが、当事務所では非該当から14級、14級から12級に実際に等級認定が変わった例などを複数有しています。

直接請求によって非該当から14級の認定になった例も

こうしたケースでは、等級の変更に必要な要素を把握した上で、次の後遺障害診断書に加えるべき画像検査の結果や修正項目など、医師に新たな所見を出してもらうためのアドバイスを行います。実際に神経損傷の所見があったにも関わらず、当初の診断書では記載が不十分で、それを補完する新たな資料を提出したことで14級から12級への等級変更が認められた例もあります。

また保険会社による請求で非該当になってしまったケースでは、被害者による直接請求で手続きをし直し、後遺症によって生活に支障をきたしている部分などを本人から聞き取って意見書にまとめて提出し、14級の認定を得られた事例もありました。結果的に損害賠償額にして100万円以上の増額を図ることができ、依頼者にも満足していただけました。

とのも法律事務所からのアドバイス

1人で悩んでも解決しないのが交通事故。ぜひ早めの相談を!

交通事故に遭ってしまうと、被害者の生活はその日を境に大きく変わってしまいます。被害者の方は「なんで私がこんな目に遭わなくてはいけないの」と憤慨したり、落ち込んだり…という状況になります。でも1人で悩んでいても決して解決しないのが交通事故でもあるのです。

相手の保険会社から一方的に金額を主張され、仕方なく承諾させられることで精神的に参ってしまう方も少なくありません。そんな時には必ず弁護士が力になれることを、ぜひ覚えておいていただきたいと思います。

弁護士費用特約

いま加入者が増えている損害保険の特約

弁護士費用特約はいま加入者が増えている損害保険の特約です。加入することで、弁護士相談に対する費用を原則300万円まで保険会社が負担してくれます。仮に10万円しか賠償額が増えないような軽い物損事故でも、費用倒れになることがない便利な仕組みです。

所属弁護士

土面 尋志(とのも ちかゆき)

土面 尋志
登録番号 No.33226
所属弁護士会 愛知県弁護士会

アクセス

愛知環状鉄道線・新豊田駅・東出口600m
名鉄三河線・豊田市駅・西出口600m

〒471-0868 愛知県豊田市 神田町1丁目1-1 西山地産ビル2階

〒471-0868 愛知県豊田市 神田町1丁目1-1 西山地産ビル2階

事務所概要

事務所名 とのも法律事務所
代表者 土面 尋志
住所 〒471-0868 愛知県豊田市 神田町1丁目1-1 西山地産ビル2階
電話番号 準備中
受付時間 平日 9:00〜18:30
定休日 土日祝日
備考
とのも法律事務所
とのも法律事務所
スマホ・携帯からも無料通話
準備中
受付時間
平日 9:00〜18:30

現在03:25。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒471-0868 愛知県豊田市 神田町1丁目1-1 西山地産ビル2階
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP