筒井法律事務所

下記の情報は2021年11月09日時点での情報です

住所 〒450-0002 名古屋市中村区名駅2丁目44番5号 第2メビウス名古屋ビル9F
アクセス方法 名古屋駅1番出口より徒歩1分

その他の愛知県の交通事故に強い弁護士

筒井法律事務所の強みと特徴

「かかりつけ医」のような法律事務所をめざして

名古屋駅から徒歩5分の好アクセス

筒井法律事務所は名古屋駅・各線(JR・名鉄・近鉄・地下鉄)から徒歩5分圏内のアクセスしやすい場所に事務所を構えています。初回の相談は60分まで無料。事前に予約していただければ、平日夜間や休日も対応しています。

私たちがめざしているのは「かかりつけのお医者さん」のような気軽に相談しやすい存在です。個人事務所のため、担当弁護士が途中で交代する心配はありません。筒井康之が責任をもって、きめ細かく対応します。

一人ひとりの依頼者と真摯に向きあう

筒井法律事務所

依頼者の中には弁護士との会話に緊張したり、個人的な悩みを話しづらかったりする方もいらっしゃるでしょう。そこで、私たちはリラックスして話しやすい雰囲気づくりを心がけています(ときには脱線した会話の中から、重要な話が出てくることも)。

また最適な法的アドバイスを提供するため、一人ひとりと真摯に向きあい、密なコミュニケーションをとっています。決して弁護士の考えを押しつけることなく、依頼者の意向にそって最適な解決策を探っていきます。

保険会社との対応にストレスを感じたら

治療・通院期間中からサポートを受ける

交通事故の被害にあった後、加害者側の保険会社との対応にストレスを感じる方も多いでしょう。そんなときに弁護士を代理人にすれば、面倒な連絡や交渉ごとから解放されます。当事務所は治療・入通院中からもサポートしていますので、お早目にご相談ください。

たとえば、適切な通院の頻度や回数についてアドバイスします。これらは後々になって慰謝料額や後遺障害の等級認定に影響しますので、痛みをガマンせずに病院へ行ってください。

治療費の支払い期間を延長できる場合も

事故から一定期間が経つと保険会社から治療の打ち切りを求められますが、必ずしも従う必要はありません。もし症状が治っていなければ、医師に意見を聞いたうえで弁護士が保険会社と交渉することが可能です。その結果、さらに1~2ヵ月ほど保険会社から治療費が支払われるケースがあります。

後遺障害や過失割合のよくある問題

適切な後遺障害の等級認定を受けるために

これまで筒井法律事務所は交通事故に関する幅広い問題を解決してきました。前述した通院のアドバイスを含めて、後遺障害の等級申請もサポート。くわえて、後遺障害が非該当とされた後でも異議申し立てが可能です。

具体的には通知書の内容や医師の見解をふまえて、非該当になった理由を分析します。そして主治医や弁護士の意見書などを作成し、認定機関へ提出。2~6ヵ月ほどの審査を経て、異議申し立てが認められるケースがあります。

過失割合については加害者側の保険会社から一方的に提示されることが多く、争える場合があります。実際、当初は「80対20」の過失割合だったが、私たちが最近の裁判例を調査・提示して「100対0」になった事例も。さらに、示談金額が大幅に増えました。

すべての事故被害者が把握すべきポイント

示談金額には異なる複数の算出基準がある

筒井法律事務所

交通事故の示談金(慰謝料、休業損害、逸失利益など)には、複数の算出基準があります。保険会社が提示する示談金額の大半は「任意保険基準」をベースにしており、過去の裁判例を参考にして作られた「裁判所基準」に比べて低額になっているのです。

しかし、一般の方が適正な示談金額かどうかを判断するのは難しいので、すぐに示談書へサインせず、専門家に確認することをおすすめします。

私たち弁護士は「裁判所基準」をもとに保険会社と交渉します。それにより示談金が増額され、適正な損害賠償を受けられる可能性が高まります。なお、当事務所は示談金額を提示された段階での相談にも対応しています。

筒井法律事務所からのアドバイス

保険会社の主張が正しいとは限らない

筒井法律事務所

交通事故の問題全般において注意すべきなのは「保険会社の主張が正しいとは限らない」という点です。被害者の正当な権利を実現するためにも、法律の専門家に相談してください。相談する時期が早ければ早いほど、問題解決が円滑に進むでしょう。

もちろん「弁護士への相談=契約」ではなく、「弁護士への依頼=訴訟」でもありません。ほとんどの事案は示談によって解決します。弁護士への相談をおおごとだと考えず、あなたの悩みを話してください。きっと不安やストレスが軽減されると思います。

弁護士費用特約

家族が加入している自動車保険も確認を

ご自身が加入している自動車保険に弁護士費用特約(自動車弁護士費用等補償特約、弁護士費用補償特約など)が付帯されている場合、保険会社から弁護士費用が支払われます。一般的に300万円が上限ですが、この金額を超えるケースはほとんどありません。

また、ご家族が弁護士費用特約に入っている場合でも、保険会社から弁護士費用が支払われるケースがあります。まずはご自身、そしてご家族が加入している保険会社に契約内容をお問い合わせください。

弁護士費用

内容 着手金・報酬金(税別)
示談交渉 着手金:0円
報酬金:20万円+回収額(経済的利益)の10%
あっせん・仲裁 同上
訴訟 同上

所属弁護士

筒井 康之 (つつい やすゆき)

 筒井 康之 (つつい やすゆき)

所属弁護士会 愛知県弁護士会
弁護士の登録番号 No.42308

アクセス

名古屋市中村区名駅2丁目44番5号 第2メビウス名古屋ビル9F

〒450-0002 名古屋市中村区名駅2丁目44番5号 第2メビウス名古屋ビル9F

事務所概要

事務所名 筒井法律事務所
代表者 筒井 康之
住所 〒450-0002 名古屋市中村区名駅2丁目44番5号 第2メビウス名古屋ビル9F
受付時間 平日9:00~20:00
定休日 土日祝
備考 休日(土曜日・日曜日・祝日)、夜間でも、事前にご予約いただければ、臨機応変に対応いたします。