相談しやすい弁護士が 納得のいく賠償額を目指して尽力します

海ほたる総合法律事務所(浅野凜太郎弁護士)

相談料
初回無料
着手金
0
成功報酬
回収額から
夜間相談
-
土日対応
-
  • 海ほたる総合法律事務所(浅野凜太郎弁護士)
  • 海ほたる総合法律事務所(浅野凜太郎弁護士)サムネイル
事務所名 海ほたる総合法律事務所(浅野凜太郎弁護士)
電話番号 050-5267-6823
受付時間 平日9:00~17:00
定休日 土日祝
住所 〒292-0057 千葉県木更津市東中央2-4-14 木更津東中央ビル4階
アクセス方法 木更津駅東口から徒歩10分
  • 着手金無料
  • 無料相談可能
  • 弁護士費用特約
取り扱い可能な事案
  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 後払い可

海ほたる総合法律事務所(浅野凜太郎弁護士)の強みと特徴

適正な賠償の獲得を目指して妥協なく取り組む

木更津市の「海ほたる総合法律事務所」に所属する弁護士・浅野凜太郎です。地元木更津出身の身近な弁護士として、地域に根差した活動を重視し、皆さまの法律問題を解決するため尽力したいと考えています。

交通事故の案件について、訴訟はもちろん、交渉についても幅広く扱っています。判例の趨勢や保険業界の動向についても日々研鑽して知見を深め、適正な賠償の獲得を目指して妥協なく取り組んでいます。

いつでも気兼ねなく相談できる身近な弁護士

ふだんの社会生活を送る上で、何かの問題が生じた際、力の弱い人や法律知識のない人が理不尽な思いを強いられ、泣き寝入りをしてしまうことが少なくありません。交通事故の被害者の方も、そうした例の一つです。しかし、そこに弁護士が介入することで、単なる力関係による解決ではなく、法的に守られるべき利益を保護することができます。

弁護士は敷居が高いとか、高圧的などと思われがちですが、私はいつでも気兼ねなく相談できる身近な法律家でありたいと思います。相談者の悩みに寄り添い、共に解決を目指すパートナーとして二人三脚で案件を進めてまいりますので安心してご相談ください。

保険会社からの提示額を信じ込んではダメ

本来の「裁判基準」の賠償額には遠く及ばない

交通事故の損害賠償金には、複数の算定基準があることをご存知でしょうか。実は金額が低いものから順に「自賠責保険基準」「任意保険基準」「裁判基準」の3つがあり、相手方の保険会社は自社の支払い金額を抑えるために、本来の基準よりも低い「自賠責保険基準」や「任意保険基準」で算出した賠償額(示談額)を提示してくるので注意してください。

多くの方は、「保険会社が言うのだからそうなのだろう」と安易に信じ込み、そのまま示談書にサインしてしまうことが少なくありません。ところがその額は、本来の基準である「裁判基準」の金額には遠く及ばないものであることがほとんどなのです。

そこで弁護士が間に入れば、過去の判例にもとづいた「裁判基準」で損害賠償額を請求するため、当初の提示額よりも上がる場合がほとんどです。保険会社からの提示額を鵜呑みにして、知らず知らずのうちに損をしないためにも、まずは弁護士へ相談してください。

保険会社への対応は弁護士が代行するので安心

また、事故後の早期に弁護士に依頼することによって、とかく煩わしいものになりがちな、事故後の保険会社対応をまったくしなくて良くなります。保険会社への対応は弁護士が行いますから、ご本人はそうしたストレスから全て解放されます。落ち着いてケガの治療に専念できる点も、弁護士に依頼する大きなメリットといえるでしょう。

事故後は早めの相談がおすすめ

適切な治療通院の方法などをアドバイス

交通事故の被害者になってしまったら、治療中の段階から弁護士に依頼することも大切です。たとえば治療通院の方法について、十分な知識のないなかで行なっていると、後になって事故とケガとの因果関係を疑われるような状況になり得るのです。

ケガで通院した場合には、相手方の保険会社から「通院慰謝料」が支払われます。しかし、基本的に整骨院や整体院での施術は治療行為にあたらず、通院慰謝料の対象とならない危険性があります。そのため、まずは病院の整形外科などで受診し、主治医の指示にしたがうことが大切です。

また、仕事で忙しいからといって、痛みをガマンして通院を先延ばしにするのも禁物です。ケガが治りづらくなるだけでなく、事故との因果関係を否定されかねません。このように、当職は損害賠償の範囲や考え方をできるだけ細やかにご説明し、通院に関する法的なアドバイスを提供していきます。

後遺障害の認定サポートもお任せを

後遺症の症状に見合った等級を目指して尽力

交通事故の損害賠償には「後遺障害」という概念があります。これはケガが治った後でも身体に残っている障害のなかで、認定機関が定める条件を満たすものをいいます。

この後遺障害の有無や等級は損害賠償額に大きな影響を与えるため、適切な認定を受けることがとても重要です。そして、後遺障害の等級認定を申請する手続きには、相手方の保険会社による「事前認定」と、被害者側による「被害者請求」の2つの方法があり、当職は被害者請求での申請方法を重視しています。

後遺障害の適正な等級認定を受けるためには、担当医に「後遺障害診断書」を詳細に記載してもらうことが重要な要素となります。そのほか、後遺症の症状や状態に見合った等級を得るための細やかなサポートを提供し、適正な認定に努めますのでまずはご相談ください。

過失割合に納得がいかないケースでは…

事故態様を精査し、正当な過失割合を粘り強く主張

交通事故の損害賠償に絡む事柄として、過失割合も重要な要素のひとつです。保険会社が提示する過失割合を安易に信じてしまうのは避けるべきで、納得のいかない場合には特に、弁護士に相談することをおすすめします。というのも、保険会社が示す過失割合は、個別の事故態様に着目するよりも、類型化された基本パターンに照らし合わせるだけで判断している場合があるからです。

当職はこれまで、現場を訪れて事故の詳細を精査したことは多くあり、道路幅や道路の見通し、時間帯による交通量などを確認して、依頼者の主張を補完すべく調査を進めた経験も有しています。依頼者の方が納得できるよう、正当な過失割合について粘り強く主張してまいります。

浅野凜太郎弁護士(海ほたる総合法律事務所)からのメッセージ

弁護士への相談で、事故後の不安を払拭してほしい

交通事故に見舞われた方は、ケガの治療や仕事のことなど、この先不安な想いにかられると思います。弁護士に相談すれば、そうした不安を払拭するために適正な賠償額を得られることはもちろん、今後の見通しがより確かになると思います。ぜひ早めにご相談ください。

弁護士費用特約

自己負担なく弁護士に依頼できる特約

加入している自動車保険などに「弁護士費用特約」がついていれば、保険会社に弁護士費用を負担してもらえます。ほとんどの事案は補償上限額の範囲に収まるので、自己負担なしで弁護士に依頼できるでしょう。

また、ご自身の保険だけではなく、ご家族が加入している保険の特約が使えるケースもあります。この特約を使っても保険料は上がらないので、積極的に活用しましょう。

所属弁護士

浅野 凜太郎(あさの りんたろう)

登録番号 No.55658
所属弁護士会 千葉県弁護士会

弁護士費用

相談料

初回無料

着手金

0円

報酬金

11万円(税込)+回収額の11%(税込)

※弁護士費用特約を使用する場合は別基準とさせていただきます。

アクセス

千葉県木更津市東中央2-4-14 木更津東中央ビル4階

〒292-0057 千葉県木更津市東中央2-4-14 木更津東中央ビル4階

事務所概要

事務所名 海ほたる総合法律事務所(浅野凜太郎弁護士)
代表者 浅野 凜太郎
住所 〒292-0057 千葉県木更津市東中央2-4-14 木更津東中央ビル4階
電話番号 050-5267-6823
受付時間 平日9:00~17:00
定休日 土日祝
備考 事前予約により、平日の夜間相談は可能です。

その他の千葉県の交通事故に強い弁護士