福岡県交通事故分野での経験が豊富。精神的なサポートも重視しています

西日本綜合法律事務所(弁護士 宮地慎二)

相談料初回無料 着手金0 報酬金回収額から
西日本綜合法律事務所(弁護士 宮地慎二)西日本綜合法律事務所(弁護士 宮地慎二)サムネイル0西日本綜合法律事務所(弁護士 宮地慎二)サムネイル1西日本綜合法律事務所(弁護士 宮地慎二)サムネイル2

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 夜間対応
  • 土日対応

料金体系

初回相談料・着手金0円
報酬金10万円~+経済的利益の10~20%
※弁護士費用特約の利用で実質無料

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

解決実績を見る

「西日本綜合法律事務所(弁護士 宮地慎二)」ご相談窓口

現在15:13です。お気軽にお電話ください。

お電話での相談窓口【通話無料】0066-9687-7110
受付時間 平日 9:00~17:30

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

解決実績

宮地慎二弁護士の実績

後遺障害の等級認定における成功事例

後遺障害の等級認定における異議申し立ての成功事例も多くあります。ある事案では、当初の認定結果が足の痛み(神経症状)の後遺障害のみを認める14級7号(自賠責保険慰謝料額75万円)でしたが、異議申し立てにより、機能障害に関する後遺障害である10級11号(自賠責保険慰謝料額331万円)が認定され、賠償額は数倍となりました。一度でも認定が出てしまうと覆すのは難しいとも言われていますが、ポイントをしっかりと抑えて診断書を書き直してもらうなどすれば、結果が覆すことはそう難しくありません。

保険会社の提示する賠償金を約5倍にアップ

保険会社が当初提示していた約200万円の賠償金を1,000万円以上に引き上げたケースもあります。依頼者が本来受け取るべき損害賠償金を示談で実現しました。保険会社が算出する賠償金はかなり適当な場合が多いので、安易に合意してはいけません。

その他の解決実績を見る

幅広い経歴の弁護士が6名在籍

他の弁護士との連携で重篤な事件にも対応

私の所属する西日本綜合法律事務所は約50年前に創設された歴史ある法律事務所です。地下鉄赤坂駅から徒歩3分とアクセスの良い場所に位置し、福岡市周辺にお住まいの方々のさまざまなお困りごとに対応しています。弁護士は20代から60代まで幅広い経歴の弁護士が6名在籍。それぞれの弁護士が各分野で経験に基づく強みを活かし、お客様を全力でサポートしています。

他の弁護士と連携することにより、一人の事務所では受けきれないような重篤な事件にも対応しています。後遺障害が残るような事案では、法的な部分の説明も必要ですが、それで後遺障害がなくなるわけではありませんので、精神的なサポートも大切にしています。

示談交渉から裁判まで交通事故問題はお任せください

西日本綜合法律事務所交通事故は私のもっとも得意とする分野です。示談交渉から訴訟まで幅広くサポートいたします。交通事故に遭われると、多くの場合、相手方の保険会社の担当者が示談の提案を行ってきます。しかし、その提案金額は法的に認められるべき賠償額を下回ることが多く、適正な対応を求めるためには弁護士に交渉を依頼する必要があります。

弁護士は法廷に立つ法律専門家ですので、裁判の見通しを見据えた判断ができます。つまり、適正な賠償額を算定することで、相手方保険会社に対し、充実した示談交渉ができるのです。もし話し合いがつかなければ裁判となる場合もありますが、その場合でも裁判を行うことの適否を判断できますし、提訴となった場合も、裁判所での充実した解決を依頼することができます。

事故に関する一切の交渉はすべて弁護士を通じて行うため、被害者としてはストレスを軽くすることもできます。交渉は感情的になりやすいため、冷静にこちらの要望を伝えやすいというメリットもあります。

交通事故分野での強み

本当の意味でご納得いただける解決を目指して

お客様に説明をするときは、単純に等級がこれで賠償金額はいくらですという話をするのではなく、被害者の方が負った傷害が今後の人生にどういう影響を与え、どういう趣旨で賠償が認められるのかといったところまできちんと話して、深い意味で納得していただくようにしています。

交通事故の損害賠償はわかりにくい部分もあるので、お客様のお話をきちんと聞いてそれぞれの事故のケースや症状を把握し、ご不安な部分も丁寧に説明しています。

後遺障害の認定結果に納得いかなければ異議申し立て

後遺障害の認定の結果というのはかなりあっさりと書いてあり、審査過程や根拠は明らかにされていません。ですので、納得がいかなければ主治医の先生に確認に確認に行きます。そのときに訴訟をするべきか、異議申し立てが通るのかという見通しを判断しなくてはなりませんが、その判断には怪我がどういうもので賠償基準にはどう絡んでいくのかという理解が必要です。

ここがもっとも難しく、経験が必要になる部分です。

スピーディな解決を重視

依頼者のためにも早く解決したいという気持ちがありますので、スピーディな解決を重視しています。示談で終わるケースが半分以上で、裁判になるのは相手側もこちらもどう落としていいかわからない難しい争点がある場合くらいです。

弁護士費用特約

保険会社に使えないと言われても諦めないでください

弁護士費用特約は弁護士費用を保険会社が負担するという特約です。事故に遭われたら、自分が契約している保険にこの特約が付帯しているか保険会社に確認してください。ご家族や親族の保険に付帯している特約も使えることもあります。

宮地慎二弁護士からのアドバイス

医師に症状や痛みをきちんと伝えてください

怪我をしているなら病院に通い、医師に自分の症状や痛みをできるだけきちんと伝えてください。それを踏まえて治療を行ってもらうことで適正な後遺障害の等級認定が取れる確率は上がります。最近は整骨院や鍼灸院に通われる方も多いですが、その場合は治療として認められず、施術料が取れないこともあります。ですので、きちんと整形外科に通って医師の指示のもとに通っていただくことが大切です。

弁護士への相談はなるべく早く

弁護士に相談するのは、保険会社とのやり取りがうまくいかない場合や、保険会社から送られてきた書類に判を捺すかどうかの判断がつかない場合でもいいですが、なるべく早く相談するに越したことはありません。

最初から依頼してもらえれば、適正な等級認定取得を見越した病院の通い方などについてもアドバイスができますし、保険会社から治療の打ち切りの話が出たときにドクターに申し入れをしたりもできます。

所属弁護士

宮地 慎二 (みやじ しんじ)

宮地 慎二 (みやじ しんじ)

所属弁護士会 福岡県弁護士会
登録番号 No.29665

アクセス

地下鉄空港線「赤坂駅」より徒歩2分

福岡県福岡市中央区赤坂1丁目12−15 読売福岡ビル4F

〒810-0042 福岡県福岡市中央区赤坂1丁目12−15 読売福岡ビル4F

事務所概要

事務所名 西日本綜合法律事務所
代表者
住所 〒810-0042 福岡県福岡市中央区赤坂1丁目12−15 読売福岡ビル4F
電話番号 0066-9687-7110
受付時間 平日 9:00~17:30
定休日 土日祝
備考
西日本綜合法律事務所(弁護士 宮地慎二)
西日本綜合法律事務所
スマホ・携帯からも無料通話
0066-9687-7110
受付時間
平日 9:00~17:30

現在15:13です。お気軽にお電話ください。

住所
〒810-0042 福岡県福岡市中央区赤坂1丁目12−15 読売福岡ビル4F
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP