福岡全国対応OKのワンストップサービスで 難しい事故対応も万全

虎ノ門法律経済事務所福岡支店

相談料初回無料 着手金0 報酬金回収額から
虎ノ門法律経済事務所福岡支店虎ノ門法律経済事務所福岡支店サムネイル0虎ノ門法律経済事務所福岡支店サムネイル1虎ノ門法律経済事務所福岡支店サムネイル2

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 24H電話
  • 土日対応

料金体系

初回相談料無料・着手金0円
報酬金10万円~+経済的利益の10~20%
弁護士費用保険特約利用なら実質0円

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「虎ノ門法律経済事務所福岡支店」ご相談窓口

現在03:27。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

お電話での相談窓口【通話無料】0066-9687-7069
受付時間 平日9:00~19:00
土曜10:00~16:00

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

東京本店との連携によって幅広いサービスを提供

幅広い士業が集まる国内最大規模の総合的法律事務所

虎ノ門法律経済事務所福岡支店長の弁護士、篠原優太です。当事務所は1972年に創立した弁護士事務所で、全国60人以上の所属弁護士が過去の事案を共有しながら、高い問題解決力を養っています。本部である東京本店は、弁護士や税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士などが所属する国内最大規模のワンストップサービス型の法律事務所です。

私は東京本店で経験を積んだ後、平成27年に故郷である福岡の支店長として赴任しました。当支店でも日頃から本店の弁護士と連携して案件を進めており、異業種との協働化が高度に進む東京本店と連携することによって、幅広い分野で高度な専門的サービスを提供することができます。

福岡県外の活動が生じれば全国の支店で対応が可能!

また当事務所は全国に支店を有しており、福岡支店でも案件によって県外での活動が必要になった場合には、支店同士の連携によって臨機応変に対応することができます。通常の事務所で発生するような出張費や日当がかかりませんから、依頼者の方のコスト負担が少なくて済むというメリットがあります。一方で支店間での弁護士の異動はなく、他の全国大手などでよく見られる、案件途中で担当弁護士が替わるようなことも起こりません。

当福岡支店は博多駅から徒歩5分の便利な場所にあります。相談は1時間ごとに料金を設定し、初回の相談は1時間無料で対応しています。夜も19時まで営業しているほか、それ以降の時間や土日祝日でも予約があれば面談に応じますので遠慮なくご相談ください。

保険会社が提示するのは「任意保険基準」

適正な金額の賠償金を得るためにも弁護士に相談を

交通事故における示談交渉の相手は多くが保険会社です。保険会社は、事故処理を専門としている交渉のプロであり、独自の損害賠償基準によって示談を行います。そして交通事故の損害賠償額の算定基準には金額の低い順から「自賠責基準」「任意保険基準」「裁判基準」がありますが、保険会社が示談の際に示してくる提示はふつう「任意保険基準」なのです。

金額が最も大きく、被害者が本来得られるべき「裁判基準」を提示することはなく、保険会社の提示した通りの金額で同意してしまうと、本来もらえるはずの金額よりも大幅に少なくなってしまいます。適正な金額での賠償金を得るためにも弁護士に相談されることをお勧めします。

後遺症が残った場合には「後遺障害」認定を申請

医師に的確な後遺障害診断書を書いてもらうことが重要!

当支店には事故に遭った直後から相談に来られる被害者の方も少なくありません。医療機関への定期的な通院が必要である点など、治療中から細かなアドバイスをさせていただくことも依頼者の方にとってのメリットにつながると思います。

一定の治療が終わり、「症状固定」となった後に後遺症が残った場合には、「後遺障害」として症状固定前とは別の損害賠償請求を行うことになります。そのためには、後遺症の内容について医師に「後遺障害診断書」を書いてもらい、これをもとに損害保険料率算出機構という自賠責保険の機関で後遺障害の認定を受ける必要があります。

異なる等級の後遺障害が同時にあるときは…

後遺障害の申請は、非該当にならなければ重度に応じて1級~14級の等級があり、何級に認定されるのかが重要になります。認定には後遺障害診断書が重要な意味を持ってきますが、的確な後遺障害診断書を作成するノウハウを持っている医師は実はそれほど多くありません。

また医師が患者の情報を重要視しなかったり、運動機能を正確に測定していない、患者と医師の意思疎通が不十分であるなど、実際の症状が的確に診断書に記載されていないこともあります。従って、きちんと評価されるべき点を診断書の中で記してもらうためにも、弁護士によるサポートは欠かせないといえます。

私が手掛けた例でも、事故直後からサポートした依頼者の方で、首の痛みとしびれのほかに、手や腕のしびれを感じていたことから異議申し立てを行い、当初の14級から12級に等級が上がったこともあります。異なる等級の身体障害が2以上あるときは、重い方の身体障害に繰り上げて後遺障害等級が認定され、損害賠償額が上がる場合もあるのです。適正な後遺障害等級の認定には、早い段階から弁護士に相談し、医学上の証拠を残していくことが必要です。

労働問題にも得意分野をもつ弁護士

休業損害の他に労災保険の請求も実施

私は弁護士会の労働委員会にも所属し、労働問題も得意にしている弁護士です。以前の案件で、会社への通勤中に事故に遭った依頼者に対して、通常の休業損害の請求はもちろん、それとは別に労災保険の請求も可能ではないかと考え、申請の結果認められたこともあります。

交通事故だけを扱っている事務所ではあまり持たない着眼点であり、提出書類の準備なども普通はなかなか経験がないでしょう。事故の被害に対するこうした引き出しの多さも当支店の強みの一つではないかと思います。

虎ノ門法律経済事務所福岡支店からのアドバイス

50分は相手の話を聴き、残りの10分で最適なアドバイスを

交通事故の被害者の方は肉体的・身体的に多大なストレスを抱えています。ストレスを少しでも和らげてもらうためにも、何よりも相談者の話を真摯にじっくりと聴くことを常に心がけています。当たり前のように聞こえますが、弁護士は自分の考えを伝えることが先に立って、意外と人の話を聴かないことが多いのです。私は1時間の中で50分は相手の話を聴き、残りの10分で最適なアドバイスをするというスタンスを大切にしています。

そしていつでも気軽に相談いただけるよう、当事務所では相談料のみならず、着手金無料で紛争解決に当たります。費用がなくてもすぐに依頼が可能ですから、保険会社への対応など負担の多いことから解放され、安心して治療に専念していただくことができます。問題を抱えて悩むことなく、ぜひ早めにご相談ください。

弁護士費用特約

弁護士費用や訴訟にかかる費用を保険会社が負担

一般的に300万円を上限に、弁護士費用や訴訟にかかる金額を保険会社が負担してくれるのが損害保険会社の「弁護士費用特約」です。ふつう家族が加入している場合でも使える特約ですから、現在の保険内容を確認してみることをお勧めします。

所属弁護士

篠原 優太(しのはら ゆうた)

篠原優太
登録番号 No.51072
所属弁護士会 福岡県弁護士会

アクセス

JR鹿児島本線「博多」駅 徒歩5分
福岡市空港線「博多」駅 徒歩5分

〒812-0011 福岡市博多区博多駅前三丁目27番25号 第2岡部ビル8階D号室

〒812-0011 福岡市博多区博多駅前三丁目27番25号 第2岡部ビル8階D号室

事務所概要

事務所名 虎ノ門法律経済事務所福岡支店
代表者 篠原 優太
住所 〒812-0011 福岡市博多区博多駅前三丁目27番25号 第2岡部ビル8階D号室
電話番号 0066-9687-7069
受付時間 平日9:00~19:00
土曜10:00~16:00
定休日 日祝
備考
虎ノ門法律経済事務所福岡支店
虎ノ門法律経済事務所福岡支店
スマホ・携帯からも無料通話
0066-9687-7069
受付時間
平日9:00~19:00
土曜10:00~16:00

現在03:27。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒812-0011 福岡市博多区博多駅前三丁目27番25号 第2岡部ビル8階D号室
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP