岐阜県死亡事故や重度後遺障害… 重大な交通事故で納得の増額を実現

可児総合法律事務所

相談料初回無料 着手金0 報酬金回収額から
可児総合法律事務所可児総合法律事務所サムネイル0可児総合法律事務所サムネイル1可児総合法律事務所サムネイル2

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 24H電話
  • 土日対応

料金体系

着手金0円(無料)
相談料0円(無料)
16万円+獲得金額の9%
弁護士特約利用で実質無料

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「可児総合法律事務所」ご相談窓口

現在03:29。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

お電話での相談窓口【通話無料】0066-9687-7366
受付時間 平日 10:00〜20:00、日・祝 11:00~18:00

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

営業時間は20時までで仕事帰りの相談も可能

支払われる慰謝料などの見込みをできるだけ明確に提示

「可児総合法律事務所」は岐阜県可児市にある弁護士事務所です。営業時間は10時~20時と、日頃お勤めの方にも仕事帰りに相談いただけるよう対応。日祝日も同じ時間で営業しています。故郷である可児市の皆さんの役に立つ「市民のための法律事務所」であることを重視し、すべての方に相談いただきやすい環境を用意しています。

当事務所では初回相談を無料で行い、解決までの道のりと併せて、支払われる慰謝料などの見込みをできるだけ明確に示します。そして契約前に弁護士費用を書面で提示し、それ以上の報酬は1円も余分に頂きませんので安心してご相談ください。

理系の大学出身の頼りになる弁護士

「工学」と「法学」の二刀流で賠償額の増額を目指す

可児総合法律事務所

私は大学が工学部出身で、そのことが現在の交通事故の問題解決における強みの一つにもなっています。工学の視線で事故を緻密に分析し、運転者の主張の相違を物理的に証明したことや、衝突の衝撃について保険会社から提出されたデータを再計算して矛盾点を指摘した例もあります。当事務所は「工学」と「法学」の二刀流で相手保険会社を説得し、賠償額の増額を目指します。

重大な交通事故被害ほど信頼できる弁護士に依頼を

重度の後遺障害や死亡事故では慰謝料の上がり幅が大きくなる

可児総合3

相手の保険会社が提示してくる損害賠償額は、裁判基準よりも低いことが通常です。そこで弁護士が示談代行することで、裁判基準への増額が大きく期待できます。

特に、保険会社からの示談金額は、重度の後遺障害や死亡事故の場合には慰謝料の上がり幅が当然大きくなります。保険会社の提示額が、裁判基準の半額程度のことも珍しくはありません。だからこそ、重大な交通事故被害ほど信頼のおける弁護士事務所に依頼すべきといえます。

信頼度の高い交渉で重大な交通事故被害にも確かな成果

私は1人で年間約100件もの交通事故の相談を受け、地域から確かな信頼をいただいています。いわば「敵」である保険会社からの評価も同様で、誠実で正確な仕事をしていれば、交渉の相手として信頼を寄せてくれることになるのです。

示談交渉において、「この事務所が言うのであれば仕方ない」と思ってもらえる信頼関係を築ければ話し合いを優位に運ぶことができ、依頼者の求める確かな成果にもつながります。当事務所では、死亡事故や重い後遺障害が生じたような重大な交通事故の対応実績も多く、金額面における具体的な成果を導き出しています。

保険会社の提示から840万円の増額を実現した例も

当初の提示額から2倍~4倍の成果を得た交渉成功例も多数

過去の示談代行案件の中では、相手保険会社の984万円の提示額から1824万円の損害賠償額まで引き上げ、840万円の増額を実現した事例もあります。後遺障害が認定された60代の専業主婦の事例でしたが、他の大手法律事務所に相談に行ったところ、年齢が高いために「逸失利益での増額は難しいと言われた」と相談にいらしたのです。

私が細かく精査して本来の損害賠償額を出し直したところ、逸失利益が約300万、後遺障害慰謝料が約500万円、提示額よりも上がりました。他にも、保険会社の提示412万円から708万円の金額を勝ち取り296万円の増額を手にした男子大学生の例や、当初の額から2倍~4倍の賠償金を得た交渉成功例も多くあります。

死亡事故では過失割合の争いになることも

保険会社が認めざるを得ない説得力のある書面を用意する

死亡事故の場合は、当然ながら損害賠償金額も高額となります。しかし、発生した交通事故について被害者に過失がある場合には、過失相殺で減額される金額も多くなることがあります。

そのため死亡事故では過失の有無が激しく争われることがあるわけですが、一方で事故の詳細を知っているはずの被害者本人が亡くなっているため、第三者があらゆる客観的資料を集めて被害者に過失がなかったことを科学的に証明していく必要があります。

同時に死亡事故における逸失利益や慰謝料の算定についても同様です。単に金額だけではなく、証左となる計算式を詳細に示して相手方に提出。客観的な資料を積み上げ、明確な裏付けを用意して推計することを得意としています。つまり保険会社にとって「決裁」が下りやすいような説得力のある書面を作り、示談交渉を重ねることが大きな成果を得るための重要なポイントなのです。

可児総合法律事務所からのアドバイス

地元の交通事故の問題解決は地元の弁護士が強い!

可児総合法律事務所

地元の交通事故は地元の弁護士が強いということをぜひ知っていただきたいと思います。地域で弁護士活動をしていると、地元の保険会社担当者との交渉は幾度も生じ、敵対しながらもある種の信頼関係が芽生えていきます。保険会社である「敵」側に、いわゆる「顔が効く」状況が生まれ、要望が通りやすくなることがあるわけです。

先述した840万円の増額例も、金曜日に保険会社に書類を送った後、翌月曜日には承諾の返事が来たほどのスピード感でした。地域の弁護士にとって保険会社とのビジネス上の信頼関係があるのは、示談交渉において重要な点なのです。

その意味でも、損害賠償額の大きな増額を得られるような後遺障害事例や死亡事故などの重大な案件ほど、地元で活躍する、交通事故に強い弁護士に依頼すべきでしょう。

当事務所では地元の可児市はもちろんのこと、岐阜県・愛知県・三重県といった東海地方の事件に関しても積極的に出向いています。交通事故の後遺症で移動が困難な場合は出張相談も承りますので、お気軽にお問い合わせください。

相談者には専門用語を控え、平易な言葉で分かりやすく説明

私は塾講師をしていた経験から、事柄を噛み砕いて分かりやすく説明することは得意で、面談の際には専門用語を控え、ホワイトボードを使って丁寧に説明します。その結果、「説明の分かりやすさから先生に依頼することに決めました」といった声を多くいただいています。

事故に遭った後に、保険会社からの電話などで難しい専門用語を一方的に並べられ、戸惑う被害者の方は少なくありません。保険会社の対応に不満を感じた際や、示談の内容に納得ができない時には、ぜひ早めにご相談ください。

弁護士費用特約

弁護士への報酬や訴訟費用を300万円まで保険会社が負担

一般的な保険会社における弁護士費用特約では、弁護士への報酬や訴訟費用について300万円までは保険会社から支払われることになっています。相談時に保険約款を持ってきていただければ、保険の利用の可否も併せて検討し、的確にアドバイスいたします。

所属弁護士

西面 将樹(さいめん まさき)

西面 将樹
所属弁護士会 岐阜県弁護士会

アクセス

〒509-0266 岐阜県可児市帷子新町3丁目13 セントラルプラザ西可児302

〒509-0266 岐阜県可児市帷子新町3丁目13 セントラルプラザ西可児302

事務所概要

事務所名 可児総合法律事務所
代表者 西面 将樹
住所 〒509-0266 岐阜県可児市帷子新町3丁目13 セントラルプラザ西可児302
電話番号 0066-9687-7366
受付時間 平日 10:00〜20:00、日・祝 11:00~18:00
定休日 土曜
備考 事前に連絡を頂ければ平日深夜・土曜日も対応可能です。
可児総合法律事務所
可児総合法律事務所
スマホ・携帯からも無料通話
0066-9687-7366
受付時間
平日 10:00〜20:00、日・祝 11:00~18:00

現在03:29。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒509-0266 岐阜県可児市帷子新町3丁目13 セントラルプラザ西可児302
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP