群馬上手な補償の受け方もアドバイス! 確かなノウハウで安心の対応

弁護士法人日比谷パークサイド法律事務所 高崎事務所

相談料初回無料 着手金0 報酬金回収額から
弁護士法人日比谷パークサイド法律事務所 高崎事務所弁護士法人日比谷パークサイド法律事務所 高崎事務所サムネイル0弁護士法人日比谷パークサイド法律事務所 高崎事務所サムネイル1弁護士法人日比谷パークサイド法律事務所 高崎事務所サムネイル2

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 夜間対応
  • 土日対応

料金体系

相談料:初回無料
着手金:0円
報酬金:15万円+回収額10%~15%(税別)
弁護士特約ご利用で実質無料

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「弁護士法人日比谷パークサイド法律事務所 高崎事務所」ご相談窓口

現在11:01です。お気軽にお電話ください。

お電話での相談窓口【通話無料】0066-9687-7111
受付時間 平日9:00〜19:30、土日10:00~17:00

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

JR高崎駅西口から徒歩3分の便利な場所

実績豊富な東京事務所と連携して幅広い相談に対応

弁護士法人日比谷パークサイド法律事務所・高崎事務所は、「お客様の笑顔のために」という理念に基づいて、東京事務所と日々連携しながらお客様の幅広いご要望にお応えしています。当事務所は、JR高崎駅(西口)から徒歩3分のビルの1階というアクセス至便な場所にあり、駐車場も完備。事務所の前には美術館もあり、静かな環境の下で落ち着いてご相談いただけます。

日頃から多くの交通事故案件を手掛けており、確かな経験をもとに迅速・正確に問題を解決。相談料は初回無料、夜間や祝日でも事前に予約をいただければ面談に応じますので、いつでもお気軽にご相談ください。

自賠責保険を先に請求したほうが有利なことも

交通事故対応に詳しい弁護士だからこそ可能なアドバイス

日比谷パークサイド4

保険会社が「任意保険基準」で提示する損害賠償額に対して、弁護士は被害者が本来手にすべき「弁護士基準(裁判基準)」の額で請求しますから、ほとんどの場合で最終的な示談額は上がることになります。

また交通事故の損害賠償額は、請求する順序によって金額が違ってくることがあります。ふつう事故の賠償は、任意保険の会社に自賠責保険の分もまとめて請求する「任意一括請求」が多いのですが、先に自賠責保険の支払いを先行させたほうが、早く保険金が得られるとともに、受け取る保険金の総額が大きくなることもあるのです。

こうした仕組みは、交通事故対応に詳しい弁護士だからこそ行えるアドバイスの一つ。だからこそ、事故後はできるだけ早い段階から当事務所にご相談ください。

人身傷害保険を使うことで得られるメリットは?

また最近は被害者の方が自ら「人身傷害保険」に入っていることがあります。加害者側の損害保険からは、示談が成立してからでなければ賠償金を受け取ることはできませんが、人身傷害保険の場合は示談の成立に関係なく保険金を受け取ることが可能です。

また人身傷害保険は、事故の「過失割合」に関係なく、自身が負ったケガに対して補償される保険であることも強みです。自分の過失が4割で相手の過失が6割だった場合、相手の対人賠償保険からは自身の過失分4割が相殺(減額)された1,200万円が支払われるだけで、残りの800万円は自己負担になってしまいます。

ところが人身傷害補償保険に加入していれば、このようなケースでも自己負担額の800万円を受け取ることができますから、結果的に損害の全額を保険でまかなうことができるわけです。また労災保険が絡むケースなど、当事務所は保険についての知識を過去の交通事故案件の経験から蓄積していますのでお任せください。

早めに弁護士に相談することが大事

適正な賠償を得るためのトータルサポートを提供

最近では事故に遭ったあと、早い段階から弁護士に相談に来られる方が増えています。早めに相談いただくことで、適正な賠償を得るための効果的なアドバイスができますから歓迎すべき流れでしょう。痛みなどの症状を我慢することなく、医療機関に適切な頻度で通院することは、治療の進捗はもちろん、後の正しい補償の獲得においても大切なことです。

また損害賠償金は、治療が終わって「症状固定」の状態にならなければ金額は確定しませんし、支払いも行われません。そのため、事故によって仕事ができなくなり、経済的に困窮してしまう方は少なくないのです。その場合は、内払いや仮渡し金を保険会社に要請するほか、仮処分申請を行い、支払いについてまとまった額を先に請求することも可能です。こうした事情にもできるだけ柔軟にご対応しています。

事故で後遺症が残ってしまったら…?

後遺障害の適切な認定を受けることが非常に重要

交通事故で後遺症が残ってしまった場合には、「後遺障害」の認定を審査機関に申請し、症状に該当する等級(1~14級)が認められることによって、相応の補償を得ることができます。この後遺障害の有無や等級は損害賠償額に大きな影響を与えるため、適切な認定を受けることが非常に重要です。

当事務所では、適正な後遺障害等級を得るために、医師が作成する後遺障害診断書の中身についてもアドバイスを実施。不十分な記載や資料の不足などがあれば、該当の等級に対する十分な記載を求めて担当医に進言します。依頼者の方にフィードバックするほか、依頼者の方が「医師への説明に自信がない」と言われる時は、当職で医師面談を行うことも必要に応じて行っています。

「異議申し立て」によって等級を獲得した例も

医師はケガを治すことには慣れていても、交通事故に伴う後遺障害診断書の作成に必ずしも慣れているわけではありませんから、弁護士が積極的にアドバイスを行うことが求められます。当弁護士法人は、病院など医療機関の顧問弁護士を担っていることもあり、これまで蓄積した医学的知識が交通事故事案でも役に立つケースがあります。

過去に後遺障害の申請において、保険会社による手続き(事前認定)で「非該当」になったものを、「異議申し立て」によって再申請し、14級の等級が得られた例や、14級から12級に引き上げた事例を多数有しています。併合4級の後遺障害が認定された重度の事故や、死亡事故までこれまで手掛けていますので、どのような事故案件でもお任せください。

最近増えている自転車事故の相談

判例が少ないだけに個別事情に照らした判断が必要

最近は自転車同士や自転車と歩行者といった、自転車による交通事故が増えています。これらは過去の事故判例を蓄積した「判例タイムス」にも記載がなく、確固たる基準が示されていないことから、「過失割合」についての判断が難しいケースがあります。個別事情に照らした判断が必要であり、当事務所ではこうした事故処理の経験も豊富に備えています。

日比谷パークサイド法律事務所高崎事務所からのアドバイス

早めの相談をいただければ、必ずベストな解決策を提示

高崎市は車社会かつ交通の要所ということもあり、交通事故の多い街と言わざるを得ません。交通事故は突発的なアクシデントですから、被害者も加害者も精神的にも落ち込むことが多々あるものです。

当事務所では、気持ちの面でも依頼者の方に寄り添いながら、前向きに問題解決を図れるようサポートしていくことをいつも心がけています。早めの相談をいただければ、必ずベストな解決策を提示できますので、いつでもご連絡ください。

弁護士費用特約

費用を自己負担することなく弁護士に依頼できる

弁護士費用などをご自身が負担することなく、法律事務所への相談・依頼ができる特約です。記名被保険者本人のほかに配偶者と同居の親族、別居の未婚の子どもも利用でき、弁護士費用が300万円の限度額内で支払われる便利な制度です。

所属弁護士

渡部 芳史(わたべ よしふみ)

渡部 芳史
登録番号 No.52299
所属弁護士会 群馬弁護士会

アクセス

JR高崎駅(西口)から徒歩3分
駐車場も完備

群馬県高崎市八島町107番地

〒370-0849 群馬県高崎市八島町107番地

事務所概要

事務所名 弁護士法人日比谷パークサイド法律事務所 高崎事務所
代表者 木崎 雅敏
住所 〒370-0849 群馬県高崎市八島町107番地
電話番号 0066-9687-7111
受付時間 平日9:00〜19:30、土日10:00~17:00
定休日 土日祝日
備考 事前にご予約を入れていただければ、夜間も対応可能です。
弁護士法人日比谷パークサイド法律事務所 高崎事務所
弁護士法人日比谷パークサイド法律事務所 高崎事務所
スマホ・携帯からも無料通話
0066-9687-7111
受付時間
平日9:00〜19:30、土日10:00~17:00

現在11:01です。お気軽にお電話ください。

住所
〒370-0849 群馬県高崎市八島町107番地
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP