群馬・埼玉3拠点10名の頼れる弁護士が 想いに応える解決を目指します

弁護士法人龍馬・おこのぎ法律事務所

相談料初回無料 着手金0 報酬金回収額から
弁護士法人龍馬・おこのぎ法律事務所弁護士法人龍馬・おこのぎ法律事務所サムネイル0弁護士法人龍馬・おこのぎ法律事務所サムネイル1弁護士法人龍馬・おこのぎ法律事務所サムネイル2

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 24H電話
  • 土日対応

料金体系

料金体系について
弁護士特約の利用により実質無料
弁護士特約がない場合,相談料無料・着手金無料
報酬金 回収額の16%・増加額の20%

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「弁護士法人龍馬・おこのぎ法律事務所」ご相談窓口

現在12:22です。お気軽にお電話ください。

お電話での相談窓口【通話無料】0066₋9687₋7255
受付時間 平日9:00〜18:00 土曜日9:00〜15:00

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

高崎市と浦和に3カ所の事務所を展開

交通事故案件に対し、経験豊富な弁護士が多数在籍

「弁護士法人龍馬」は群馬県高崎市の「おこのぎ法律事務所」と「ぐんま事務所」、さいたま市浦和区の「けやき野事務所」の3カ所に拠点をもつ法律事務所です。平日9時~18時に加えて土曜日も営業しており、平日夜間も事前に予約をいただければ面談をお受けしています。

当法人には、交通事故案件に対し、経験豊富な弁護士が10名在籍し、法人全体で過去の事件や事例・判例を集積したデータベースを構築。弁護士誰もが見ることができる情報共有の仕組みを用意し、個々の問題解決力の向上につなげています。

複雑な事案については複数の弁護士で対応

こうした豊富な事例の積み重ねによって、弁護士一人ひとりの解決ノウハウは高まり、各々の幅広い対応力が養われています。また交通事故についても複雑な事案については複数の弁護士で対応。依頼者の方にとってはいっそう安心感が高まると思います。

当法人内の事務所では交通事故に関する初回相談は無料としていますので、事故後の状況について不明点や不安、不満な部分がある場合は、気兼ねなく当事務所にご相談下さい。

保険会社の対応に不満がある場合には…

交渉でストレスを溜めるよりも早めに弁護士に相談を

弁護士法人龍馬・おこのぎ法律事務所

損害賠償額の算定には、休業損害や入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、逸失利益などの項目が含まれます。依頼者に対しては簡潔・明瞭で分かりやすい説明を重視して、最初の段階で今後の見通しについてできるだけ具体的に示します。交通事故の経験豊富な弁護士法人だからこそ、今後の見通しや取るべき手段が明確になります。

そして事故後の相手方(保険会社・相手方弁護士・加害者本人)との交渉は、被害者にとって気苦労の多い問題です。特に保険会社の対応に納得いかない場合には、交渉でストレスを溜めてしまうよりも、ぜひ早めに弁護士に相談してください。被害者には治療に専念いただきながら、来るべき示談交渉に備えていきます。

交通事故の賠償額には3つの基準がある

『裁判基準』で賠償額を請求!損害額が上がることが多いです

交通事故の損害賠償金には、「自賠責基準」「任意保険基準」「裁判基準」の3つがあり、一般に裁判基準が最も高い額となります。相手方の保険会社は金額を抑えるために「自賠責保険基準」や「任意保険基準」で算出した賠償額(示談額)を提示してくるのが普通です。

私たち弁護士は、過去の判例にもとづいた「裁判基準」で損害賠償額を請求するため、保険会社から提示される当初の示談額よりも最終的に上がる場合が多いでしょう。

治療費の打ち切りを通告されたら

「これ以上治療をしてはならない」という意味ではない

保険会社との交渉の中でよくあるのが、治療開始後3カ月や6カ月程度で一方的に医療費の打ち切りを通告されるケースです。「主治医からはまだ通院が必要と言われているのに、どうすればいい?」と相談に来られます。

しかし治療打ち切り宣告は、保険会社の判断に過ぎません。それは「これ以上治療をしてはならない」という意味ではなく、「保険会社としては『症状固定』と判断するので、これ以上の治療費は支払えない」という通知なのです。

効果が上がっている限りは治療継続を検討すべき

弁護士法人龍馬・おこのぎ法律事務所

治療費打ち切りの宣告を受けたら、被害者はまず主治医とよく相談してください。ドクターが「治療の継続が必要」と判断したり、実際に治療効果が上がっている限りは治療継続を検討する必要があります。

ただし保険会社からの治療費支払いは無くなるケースがありますので、それ以降は健康保険に切り替えて、自ら治療費を立て替えて支払わねばなりません。支払った治療費については、その後治療の必要性が立証できた場合には、示談または訴訟において清算することが可能です。このような保険会社から治療費の打ち切り宣告があった場合には、弁護士に相談して対応を委ねてください。

後遺障害で適正な等級を得ることは非常に重要

等級に応じて後遺障害慰謝料や逸失利益の損害額が大きく変わる

交通事故による損害額は、治療が完了したときに初めて金額の算出が可能になります。治療の完了とは怪我が完治した時、またはもうこれ以上治療を続けても治療効果が上がらないと判断された時(症状固定)のことをいいます。そして問題になりやすいのが、症状固定時に後遺症(後遺障害)が残ってしまう場合です。後遺障害は、その重さに応じて1級から14級までの等級に分かれています。

後遺障害等級の等級が確定後、当該等級に基づき賠償額を算出いたします。その際、事故態様や受傷時の状態、治療経過などのほかに、今後の労働能力がどの程度喪失したのかという逸失利益の観点からも賠償額を検討します。1~14の等級に応じて、後遺障害慰謝料や逸失利益の損害額が大きく変わりますから、適正な等級認定を得ることは非常に重要なのです。

被害者請求による後遺障害認定手続きをサポート

異議申立てによって後遺障害等級の認定を得た実績も

弁護士法人龍馬・おこのぎ法律事務所

後遺障害の等級認定の手続きには、保険会社に任せてしまう「事前認定」と、被害者自身が手続きを行う「被害者請求」の2通りがあり、当事務所では被害者請求による手続きのサポートを積極的に行っています。

弁護士が細かなチェックを行いながら被害者請求による手続きを行うことで、審査結果に対する依頼者からの納得の度合いも高まるでしょう。たとえば主治医が後遺症診断書にあまり詳しい記述をしていないようであれば、必要に応じてカルテを取り寄せ、主訴などの記載内容から他覚所見・自覚症状との一致を示し、上申書と一緒に審査機構に提出するなどの策を講じていきます。

当事務所では過去に、異議申立てによって、非該当が14級と認定された例、12級が別の部位の12級の認定により併合11級となった例などの実績も有しています。ただ実際には、異議申立てによって新たな等級が認められることは容易ではありませんので、最初の被害者請求による認定手続きで適正な等級を得られるよう、信頼できる弁護士に任せることが重要でしょう。

弁護士法人龍馬からのアドバイス

被害者には治療に専念を。弁護士が交渉をサポート

交通事故の被害者にとって、保険会社との交渉のわずらわしさや、怪我による身体の痛みは大きな負担となります。そうしたストレスから解放され、治療に専念する環境を作るためにも、治療中の早い段階に一度ご相談ください。事故による被害の幅をより拡大しないために、交通事故対応のプロである当事務所の弁護士が的確なアドバイスを行います。

弁護士費用特約

実質的な自己負担なしで弁護士に問題解決を依頼

加入している保険に弁護士費用特約がついていれば、補償上限額(一般的に300万円)の範囲まで保険会社に弁護士費用を負担してもらえます。弁護士費用特約を利用しても、次年度以降の保険料に影響しません。そのため事故の被害者にとっては、実質的な自己負担なしで弁護士に依頼できる便利な特約といえます。弁護士費用特約については、ご自身の損害保険で加入していなくても、同居の家族が加入していたり、未婚の方でご両親が加入している場合には利用できるケースもあります。また、最近では火災保険等にも特約が付加されている例もありますので、見落としのないようにご注意ください。

所属弁護士

小此木 清(おこのぎ きよし)

小此木 清

登録番号 No.22491
所属弁護士会 群馬弁護士会

星野 啓次(ほしの けいじ)

星野 啓次

登録番号 No.35231
所属弁護士会 群馬弁護士会

舟木 諒(ふなき りょう)

舟木 諒

登録番号 No.36151
所属弁護士会 群馬弁護士会

板橋 俊幸(いたばし としゆき)

板橋 俊幸

登録番号 No.40839
所属弁護士会 群馬弁護士会

金井 健(かない たけし)

金井 健

登録番号 No.42284
所属弁護士会 群馬弁護士会

栁澤 有里(やなぎさわ ゆり)

栁澤 有里

登録番号 No.44692
所属弁護士会 埼玉弁護士会

古川 布美(ふるかわ ふみ)

古川 布美

登録番号 No.48482
所属弁護士会 群馬弁護士会

齋藤 孝平(さいとう こうへい)

齋藤 孝平

登録番号 No.48483
所属弁護士会 群馬弁護士会

吉岡 直史(よしおか ただし)

吉岡 直史

登録番号 No.52344
所属弁護士会 埼玉弁護士会

安藤 圭子(あんどう けいこ)

安藤 圭子

登録番号 No.52359
所属弁護士会 群馬弁護士会

アクセス

【おこのぎ事務所】

okonogi
〒370-0828 群馬県高崎市宮元町 292 ザ・グランクーブス1F
高崎駅から徒歩10分・市役所から徒歩1分
駐車場:事務所の前にある看板から4台分が当事務所の駐車場です。


【ぐんま事務所】

gunma
〒370-3511 群馬県高崎市金古町1221
高崎駅から車で20分(三国街道・金古交差点近く)
関越交通バス 「金古上組」停留所 徒歩5分
前橋ICより15分
駐車場:有


【けやき野事務所】

keyaki
〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤6丁目2−1
浦和駅西口よりバス4分 2番のりば 市役所経由桜区役所ゆき,または市役所・桜区役所経由大久保浄水場ゆき
「市役所前」下車徒歩1分
JR京浜東北・根岸線 / 北浦和駅 徒歩16分
JR京浜東北・根岸線 / 浦和駅 徒歩18分

【おこのぎ事務所】<br> 〒370-0828 群馬県高崎市宮元町 292 ザ・グランクーブス1F<br> <br> 【ぐんま事務所】<br> 〒370-3511 群馬県高崎市金古町1221<br> <br> 【けやき野事務所】<br> 〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤6丁目2−1

事務所概要

事務所名 弁護士法人龍馬・おこのぎ法律事務所
代表者 小此木 清
住所 【おこのぎ事務所】
〒370-0828 群馬県高崎市宮元町 292 ザ・グランクーブス1F

【ぐんま事務所】
〒370-3511 群馬県高崎市金古町1221

【けやき野事務所】
〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤6丁目2−1
電話番号 0066₋9687₋7255
受付時間 平日9:00〜18:00 土曜日9:00〜15:00
定休日 日祝
備考
弁護士法人龍馬・おこのぎ法律事務所
弁護士法人龍馬・おこのぎ法律事務所
スマホ・携帯からも無料通話
0066₋9687₋7255
受付時間
平日9:00〜18:00 土曜日9:00〜15:00

現在12:22です。お気軽にお電話ください。

住所
【おこのぎ事務所】
〒370-0828 群馬県高崎市宮元町 292 ザ・グランクーブス1F

【ぐんま事務所】
〒370-3511 群馬県高崎市金古町1221

【けやき野事務所】
〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤6丁目2−1
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP