北海道保険会社対応は弁護士に任せ、 治療に専念&賠償増額の実現を!

石井綜合法律事務所(太田貴久弁護士)

相談料0 着手金0 報酬金回収額から
石井綜合法律事務所(太田貴久弁護士)石井綜合法律事務所(太田貴久弁護士)サムネイル

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 夜間対応
  • 土日対応

料金体系

弁護士費用は当事務所基準によります。
弁護士費用詳細はこちら
※弁護士費用特約利用により実質負担ゼロ

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「石井綜合法律事務所(太田貴久弁護士)」ご相談窓口

現在05:25。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

お電話での相談窓口【通話無料】 準備中
受付時間 平日 9:00〜17:00

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

誰よりも敷居の低い弁護士でありたい

困ったことがあればいつでも気軽に相談を

札幌市中央区にある「石井綜合法律事務所」の弁護士、太田貴久です。元サラリーマンの自称癒し系の弁護士が、依頼者の方々と同じ目線に立って親身にお話をうかがいます。

弁護士に対して、偉そうとか、怖そうとか思われていらっしゃる方は少なくないかもしれません…。その点私は、相談者の方と同じ目線に立って丁寧に話をお聞きした上で、相談者の方にとって最善の解決策を示せるよう努めています。

誰よりも敷居の低い弁護士であることをモットーに、物損事故から重度の人身事故まで、交通事故に関する相談は何でもお受けしています。体の調子が悪いときにお医者さんに診てもらうのと同じ感覚で、困ったことがあればいつでも気軽に当職にご相談ください。

なお、仕事や家事が忙しい方については、事前にご予約いただければ、平日夜間の相談にも柔軟に対応していますので、日中お時間が取れない方もまずはご相談ください。

弁護士は「裁判基準」での賠償額を請求

保険会社からの示談提示よりも大幅な増額を実現

ふつう交通事故に遭った際に、一般の方は事故後の対応に関する専門知識をお持ちではありません。そのため保険会社の担当者の話を鵜呑みにして、示談交渉でも言われるままになってしまうケースが多いと感じます。実は保険会社は、補償の支払いをできるだけ抑えるために、示談交渉でも自社の基準による低い金額を提示してくることが大半なのです。

たとえば専業主婦の方が事故に遭い、保険会社から提示される「休業損害」の額が0円ということも少なくありません。その時に、「働いていないのだから仕方ない」と考えてしまう主婦の方も多くおられるようです。しかし、主婦の家事労働もきちんと休業損害として認められ、一定の金額について請求することは可能なのです。

弁護士が被害者の代わりに示談交渉を行うことで、「裁判基準」での損害賠償額をベースとした交渉を行うことが可能になります。それによって、保険会社からの当初の示談提示額よりも増額した金額での示談ができる可能性が出てくるわけです。

保険会社対応は弁護士に任せて治療に専念してほしい

また、加害者側の保険会社は、担当者によっては高圧的な対応に終始し、被害者の立場を考えない物言いをしてくることも少なくありません。弁護士が代わりに対応することで交渉のストレスから解放され、ケガの治療に専念してもらうことができます。

事故後の治療は、主治医の指示にしたがって通院することが大切なのは言うまでもないでしょう。適正な通院頻度を確保しなければ、治るものも治らなくなります。保険会社対応は弁護士に任せて治療に集中し、ケガをされた体が最終的に元通りになることが、当職の願いでもあるのです。

後遺障害の等級が賠償額を大きく左右する

適正な認定には事故後の初期対応がとても大事

一定の治療が終了したあと、心身に後遺症が残ってしまった場合には、「後遺障害」の認定を申請します。この認定の有無と等級(重さ)によって、損害賠償額が大きく変わりますので適正な認定を得ることは非常に重要です。そして後遺障害の適正な認定を得るためには、事故後の初期対応がとても大切になります。

事故後の早い時期に医療機関で必要な検査を受け、関連部位の画像所見を撮っておき、適切な頻度で通院を重ねておくことが大切です。そこで通院の欠落期間があれば、事故とケガとの間の因果関係が疑われることにもなりかねないのです。

その意味でも、治療段階から早めに弁護士のサポートやアドバイスを受け、落ち度のない治療や診察を受けておくことが、後の適正な損害賠償を得ることにつながるといえます。

正しい診断書の記載のために医師面談を実施することも

後遺障害の申請において、医師が作成する「後遺障害診断書」の中身は非常に重要です。その一方で医師は多くの場合、事故の後遺障害についての知識が十分ではありません。当職では適正な等級に至るよう、正しい診断書の記載を促すための医師面談を行うこともあります。

事故によって後遺症が残る事態になれば、その内容にふさわしい適正な賠償を受けることはとても重要です。正しい補償を最大化できるよう、最初から最後まで親身に対応していきますので、後遺障害の申請については当職にお任せください。

「過失割合」も損害賠償額に大きく関わる

実際に事故現場を訪れて事故態様を精査する

交通事故では加害者に100%の責任が認められるケースもありますが、被害者にもなんらかの不注意や過失があったと判断されるケースも多々あります。被害者側にも一定の過失があるケースにおいては、「過失割合」も損害賠償額に大きく関わりますから、適正な割合を追求していくことが不可欠です。

当職は多くの場合で事故現場を訪れ、事故の状況を確認します。事故態様についての争いがあれば、目撃者や同乗者などの証言も含めて精査し、少しでも依頼者にとって有利になる証拠を探し出す努力をします。

冬場は路面の状況が日々変わるので注意!

特に北海道では、冬場は路面状況が日によって異なり、路肩の雪山の状況も毎日大きく変わってきます。それだけに事故の直後に相談をいただくことが重要であり、路面や路肩の状況が変わらないうちに事故態様を精査することが欠かせません。こうした細かな現地調査にもとづいて、依頼者の方が主張する事故態様が真実であることや、正当な過失割合などを粘り強く主張します。

自動車事故以外の事故の対応もお任せ

「施設賠償保険」が問題となる事故でも弁護士の交渉で増額が可能

たとえば、ショッピングモールなどの施設内を歩いていたら、天井の一部が剥離して落下し、その落下物で負傷するという事故が生じた場合、施設運営者に対して損害賠償請求を行うことができる場合があります。しっかりした施設なのであれば、施設運営者が「施設賠償保険」に加入していることが多く、施設側に責任があるケースにおいては、この施設賠償保険から賠償金を受領できることになります。この施設賠償保険を使うケースにおいても、損害保険会社による当初の提示額は低い額に留まるケースがあります

以前、当職は、専業主婦の方が「温泉施設で転んでケガをした」という事故の損害賠償請求について依頼を受けましたが、1年以上治療が続いていたにもかかわらず、当職が関与する前に提示された金額は約30万円と極めて低い金額でした。当職は、主に主婦休損と慰謝料について温泉施設側と増額の交渉をし、最終的に100万円を超える額で示談できました。

増額交渉の余地があるか否かは事案によって異なりますが、自動車事故以外の事故についても、弁護士に相談をいただくことによって、賠償額の増額が図れる可能性があることをぜひ知っておいてほしいと思います。

太田貴久弁護士からのアドバイス

保険会社対応や示談交渉は早い段階からお任せを!

事故後は治療に専念してもらうためにも、ぜひ弁護士に早めに相談ください。ケガを負って心身ともに辛い状況のときに、相手方の保険会社から心ない言葉をかけられ、嫌な思いをされる方も少なくないようです。ぜひ保険会社対応や示談交渉は、早い段階から当職にお任せいただけましたら幸いです。

弁護士費用特約

実質的な自己負担なしで弁護士に問題解決を依頼

加入している損害保険に弁護士費用特約がついていれば、保険会社に弁護士費用を負担してもらえます。実質的な自己負担なしで弁護士に依頼でき、この特約を利用しても保険の等級は下がらないために保険料は高くなることはありません。ご家族が加入している場合にも適用になる場合もありますので、確認されると良いでしょう。

弁護士費用

※着手金・報酬金ともに回収額から頂きますので、ご用意いただく必要は御座いません。

経済的利益の額 着手金 報酬金
300万円以下の場合 8% 16%
300万円を超え3,000万円以下の場合 5%+9万円 10%+18万円
3,000万円を超え3億円以下の場合 3%+69万円 6%+138万円
3億円を超える場合 2%+369万円 4%+738万円

所属弁護士

太田 貴久(おおた たかひさ)

太田 貴久
登録番号 No.44603
所属弁護士会 札幌弁護士会

アクセス

【地下鉄・市電をご利用の場合】
・札幌市営地下鉄南北線、東西線、東豊線 「大通」駅
10番出口 又は、4丁目プラザ内階段を上り、徒歩2分
・札幌市電「西4丁目」駅 徒歩約1分

【お車でご来所される場合】
・近隣の駐車場をご利用ください。
・大手町ビル駐車場
ビル南側が入り口です(東から西方向へ一方通行)
・コインパーキング

北海道札幌市中央区南1条西4丁目5大手町ビル3階

〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西4丁目5大手町ビル3階

事務所概要

事務所名 石井綜合法律事務所(太田貴久弁護士)
代表者 太田 貴久
住所 〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西4丁目5大手町ビル3階
電話番号 準備中
受付時間 平日 9:00〜17:00
定休日 土日祝日
備考 事前にご予約があれば、平日夜間の相談に対応可能です。お電話でご予約ください。
石井綜合法律事務所(太田貴久弁護士)
石井綜合法律事務所(太田貴久弁護士)
スマホ・携帯からも無料通話
準備中
受付時間
平日 9:00〜17:00

現在05:25。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西4丁目5大手町ビル3階
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP