弁護士法人カント

下記の情報は2021年11月02日時点での情報です

住所 〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西4丁目5番地1 大手町ビル8階
アクセス方法 地下鉄「大通駅」より徒歩2分
札幌市電「一条線 西四丁目」より徒歩1分

その他の北海道の交通事故に強い弁護士

弁護士法人カントの強みと特徴

札幌市と中標津町に事務所をおく弁護士法人

弁護士・司法書士・税理士のワンストップサービスが可能

弁護士法人カントは札幌と中標津の計2拠点を中心に、道内全域からの相談に対応しています。中でも札幌事務所は地下鉄大通駅(南北線・東西線)より徒歩2分の中心街にあり、交通アクセスが便利です。

また、司法書士法人・税理士法人と同じフロアで業務を行っているため、登記や税金の分野も含めたワンストップサービスの提供が可能です。

悩んでいた人が“大きな空”を見上げられるように

法人名の「カント」とは、アイヌ語で「大きな空」を意味します。悩みを抱えて法律事務所へ相談にいらっしゃる方は、北海道の雄大な空を見上げる精神的な余裕がありません。そこで「依頼者の悩みを解決して、大きな空を見上げられるように導きたい」と考え、この名称をつけました。

弁護士法人カント

実際、当法人は依頼者の悩みを解決し、交通事故事案を解決に導いた実績が多数あります。

事前に予約していただければ、平日夜間や土日祝日の相談も可能。初回相談は無料(1時間以内)ですので、お気軽にご連絡ください。

弁護士法人カントが大切にしていること

依頼者の視点と客観的な視点を並存させる

私たちが大切にしているのは、依頼者の立場に立って相談に耳を傾けること。その一方、事案の見通しを丁寧かつ客観的に伝えています。聞こえのいいことだけを伝えるのは無責任。依頼者の心情に配慮しながら、現実的な落としどころを説明しています。

依頼者の要望や事故の内容は多種多様なため、一人ひとりにベストな解決方法を提案するように心がけています。たとえば、迅速な解決と経済的利益の最大化はなかなか両立しません。そこで交渉の難易度や依頼者の経済的状況などをふまえて、適切な方法を提案しています。

慰謝料を算定する3種類の基準

保険会社から提示される慰謝料は「弁護士基準」よりも低い

交通事故の慰謝料算定には3種類の基準があります。それぞれの基準で慰謝料の金額が異なるので、保険会社から提示される賠償額は絶対的なものではありません。

1)自賠責基準

法律に基づく自賠責保険の支払い基準です。強制加入保険による最低限の補償のため、3つの基準の中でもっとも低い金額になります。

2)任意保険基準

各保険会社が独自に決めている基準です。保険会社ごとに設定は違いますが、総じて「自賠責基準よりも少し高い程度」といえるでしょう。

3)弁護士基準

過去の判例をもとに算出される基準です。弁護士が保険会社と交渉するときに使用する基準であり、3つの基準の中でもっとも高い金額になります。

弁護士が交渉すれば、賠償額が上がる可能性が高い

ほとんどの場合、保険会社から最初に提示される慰謝料は「自賠責基準」や「任意保険基準」で計算されたものです。本来得られるべき「弁護士基準」での金額と比較して、2倍以上の開きがあるケースも少なくありません。

したがって、提示された示談書(免責証書)に安易にハンコを押すのは禁物です。まずは弁護士に相談して、賠償額の妥当性を分析してもらいましょう。弁護士が交渉すれば、増額される可能性が高くなります。

こんな悩みを抱えていませんか?

kant05

提示された賠償額に疑問がある

前述した慰謝料以外の項目でも、被害者に不利な損害賠償が提示されることがあります。たとえば、当法人が主婦の相談者の示談案を確認したところ、休業損害が項目ごと抜け落ちていたケースがありました。

たしかに主婦は労働の対価として収入を得ていません。しかし、家事労働も財産的評価が可能であり、休業損害を請求できるのです。当法人はその点を保険会社に指摘し、100万円以上の休業損害を認めさせました。

治療費の支払い打ち切りを通告された

事故にあって3~6ヵ月ほど経つと、保険会社から治療費の支払い打ち切りを通告されます。このタイミングで当法人にご相談いただければ、保険会社に治療の延長を求めることができます。

なお、ケガの状況や医師の見解によっては、健康保険で自費通院を続けることをおすすめします(症状が固定した後に保険会社へ治療費を請求する場合もあります)。

後遺障害に認定されるかどうか不安

後遺障害の等級によって賠償額は大きく変わるため、適切な検査を受けて継続的に通院することが大切です。くわえて、痛みやしびれなどの自覚症状をしっかり伝え、診断書に記載してもらいましょう。

当法人は治療中の段階から適切な後遺障害の等級認定を受けるためのアドバイスを行っています。もし等級認定の結果に納得できなければ、異議を申し立てることも可能です。

弁護士法人カントからのアドバイス

kant06

専門家に相談すると、ストレスや不安が軽減される

弁護士への相談は早いにこしたことはありません。経済的利益が期待できるだけでなく、保険会社との面倒な交渉から解放され、ストレスが軽減されます。また、今後の流れや見通しがわかるので、漠然とした不安も解消されるでしょう。

私たちも早い段階から任せてもらえると、被害者の利益を最大化しやすくなります。たとえば、説明義務違反など保険会社の初期対応に非があれば、示談交渉を有利に運ぶことができます。初回相談は無料ですので、お早めにご連絡ください。

弁護士費用特約

自己負担なしで弁護士に依頼できる保険特約

自動車保険、火災保険、傷害保険などの損害保険には「弁護士費用特約」がついている場合があります。これは保険会社が弁護士費用を支払ってくれる特約。一般的な上限額は300万円なので、ほとんどのケースで自己負担の必要はありません。

また、家族が加入している保険の弁護士費用特約が使える場合もあります。弁護士法人カントは特約の有無や利用可否を無料で確認しますので、お気軽にお問い合わせください。

所属弁護士

柴田 良 (しばた りょう)

柴田 良 (しばた りょう)

所属弁護士会 札幌弁護士会
登録番号 No.44145

塚谷 翔 (つかや しょう)

塚谷 翔 (つかや しょう)

所属弁護士会 札幌弁護士会
登録番号 No.45709

アクセス

〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西4丁目5番地1 大手町ビル8階

事務所概要

事務所名 弁護士法人カント
代表者 柴田良 , 塚谷翔
住所 〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西4丁目5番地1 大手町ビル8階
受付時間 平日9:30~18:00
定休日 土日祝 (事前予約があれば、土日祝でも対応可)
備考 ■中標津事務所
〒086-1002 標津郡中標津町東2条南10丁目4番地3 KプラザⅠ-1A