北海道早期介入で被害者の不安を解消。治療に専念できる環境をつくります

すがさわ法律事務所

相談料0 着手金0 報酬金回収額から
すがさわ法律事務所すがさわ法律事務所サムネイル0すがさわ法律事務所サムネイル1

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 24H電話
  • 土日対応

料金体系

弁護士費用は当事務所基準によります。
弁護士費用詳細はこちら

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「すがさわ法律事務所」ご相談窓口

現在19:23。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

お電話での相談窓口【通話無料】0066-9687-7741
受付時間 平日9:00~17:30

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

実績豊富な札幌市北区の法律事務所

リラックスして相談しやすい環境を整備

すがさわ法律事務所は札幌市北区にある、地域に根ざした法律事務所です。最寄りの「北34条」駅(地下鉄南北線)からは徒歩5分の好アクセスで、駐車場も完備。事務所内はカフェのような空間になっており、リラックスして相談しやすい環境を整えています。

当事務所は2名の弁護士が多数の交通事故案件を扱い、さまざまな交渉を経験してきました。保険会社から提示された損害賠償額(任意保険基準)を大幅に増やせる(裁判基準に近づける)ケースが多いので、示談書にサインする前にご相談ください。

問題解決のプロフェッショナルとして

私たちが心がけているのは、問題解決の道筋を考えながら頭をフル回転させて相談を聞くこと。ただ漫然と話を聞くわけではありません。「問題解決のプロフェッショナル」という自覚をもって、一つひとつの案件に全力で取り組んでいます。

また交通事故の問題にかかわらず、紹介やクチコミによる依頼が大半を占めています。幅広い事案に対応していますので、初めての方も気軽にご相談ください。

早い段階で弁護士を活用するメリット

事故後の手続きや通院中の注意事項がわかる

事故により日常生活や仕事に支障が生まれ、不安を感じている方が多いと思います。そこで当事務所は手続きの流れを説明し、今後どのような賠償を受けられるのか、通院中にどのような注意が必要かを説明します。

保険会社との交渉を任せられる

弁護士を代理人として、早い段階から保険会社との交渉をまかせることも可能です。加害者側の保険会社との連絡による負担や不安を解消すれば、治療に専念しやすくなるでしょう。また、治療の不当な打ち切りを防いだり、後遺障害認定のサポートができたりする場合もあります。

弁護士費用特約

費用を気にせずに弁護士へ依頼できる

最近、自動車保険に弁護士特約(自動車弁護士費用等補償特約、弁護士費用補償特約など)をつけている方が増えています。この特約がついている場合、保険会社が弁護士費用を支払ってくれるので、費用を気にせずに交渉や裁判の委任、および法律相談ができます。

また、「保険会社が指定する弁護士を使わなければいけない」といった決まりはなく、自由に弁護士を選べます。翌年の保険料が上がることもありませんので、まずは保険の契約内容をご確認ください。

小さな事故でも弁護士を活用すべき理由

「これくらいの軽いケガだったら、弁護士を入れる意味はない」と判断するのは早計です。弁護士費用特約を使えば実質的な自己負担はない(一般的には300万円まで無料)ので、賠償額の増額分より弁護士費用が高くつくことはありません。事故の大小にかかわらず、まずはご相談ください。

※依頼者が弁護士費用特約に加入していない場合、当事務所は着手金の後払いにも対応しています。事案の解決後に弁護士費用をまとめてお支払いください。

過失割合に不満があったら

形式的基準で過失割合は判断されている

保険会社が決めた過失割合は絶対ではありません。なぜならば、きめ細かい実態的な判断をせず、「抽象化された交通事故のモデル」に照らしあわせて過失割合を決めているからです。

たとえば札幌市内の事故であれば、路面の積雪や凍結など個別の事情が考えられますが、保険会社の判断時には考慮されません。そこで私たち弁護士が裁判で実態論を展開すれば、過失割合が変わる可能性があります。もし自動車にドライブレコーダーが搭載されていれば、映像が有効な証拠となるでしょう。

後遺障害の等級認定に不満があったら

障害の実態に応じた賠償を裁判で求める

後遺障害の等級は「損害保険料率算出機構」という専門の非営利法人が行います。前述した過失割合の場合と同じく、後遺障害の等級は形式的基準で判断される傾向があります。本人の生活状況は考慮されず、後遺障害診断書やカルテなどの書類をもとに形式的に判断されるわけです。

この等級認定に不満がある場合、大きく分けて2つの手段があります。ひとつは異議申し立てを行い、改めて認定審査を受けること。もうひとつは裁判で後遺障害の実態を主張し、それに応じた賠償を求めることです。

弁護士が形式的判断と実態のギャップを埋める

後者の方法の場合、後遺障害の等級自体は変わりませんが、被害者が求める等級を基準とした賠償額が認められるケースがあります。当事務所は書類だけではわからない本人の生活実態を裁判で伝え、形式的判断と実態とのギャップを埋めています。

すがさわ法律事務所からのアドバイス

すがさわ法律事務所

早期の通院と弁護士特約の確認を

なによりも大事なのは、病院に通ってケガを治療することです。痛みがあるのに「仕事が忙しいから」とガマンして通院をしなければ、保険会社との交渉においても不利になります。事故に遭ってから病院に行くまでの期間が空くと、事故とケガの因果関係さえ否定されかねません。

そして、加入している自動車保険の内容を確認してください。もし弁護士費用特約がついていれば、早期に弁護士へ依頼することをおすすめします。今後に必要な手続きや通院時の注意事項がわかるほか、保険会社との交渉の負担が軽減されるからです。

保険会社が不合理な主張を展開することも

そもそも加害者側の保険会社は中立的存在ではありません。過失割合や後遺障害の等級認定など、被害者にとって不合理な主張をしてくる場合があります。私たち弁護士は依頼者の立場に立って被害を回復しますので、ぜひ活用してください。

弁護士費用

※着手金・報酬金ともに回収額から頂きますので、ご用意いただく必要は御座いません。

経済的利益の額 着手金 報酬金
300万円以下の場合 8% 16%
300万円を超え3,000万円以下の場合 5%+9万円 10%+18万円
3,000万円を超え3億円以下の場合 3%+69万円 6%+138万円
3億円を超える場合 2%+369万円 4%+738万円

所属弁護士

菅澤 紀生 (すがさわ のりお)

菅澤 紀生 (すがさわ のりお)

所属弁護士会 札幌弁護士会
登録年度 2000年

木島 裕介 (きじま ゆうすけ)

木島 裕介 (きじま ゆうすけ)

所属弁護士会 札幌弁護士会
登録番号 No.45698

アクセス

南北線北34条駅徒歩5分

〒001-0032 北海道札幌市北区北32条西6丁目1−10

〒001-0032 北海道札幌市北区北32条西6丁目1−10

事務所概要

事務所名 すがさわ法律事務所
代表者 菅澤 紀生
住所 〒001-0032 北海道札幌市北区北32条西6丁目1−10
電話番号 0066-9687-7741
受付時間 平日9:00~17:30
定休日 土日祝
備考
すがさわ法律事務所
すがさわ法律事務所
スマホ・携帯からも無料通話
0066-9687-7741
受付時間
平日9:00~17:30

現在19:23。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒001-0032 北海道札幌市北区北32条西6丁目1−10
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP