兵庫県「後遺障害」認定に確かな実績 信頼のノウハウで賠償増額を実現!

弁護士法人黒田パートナーズ

相談料初回無料 着手金0 報酬金回収額から
弁護士法人黒田パートナーズ弁護士法人黒田パートナーズサムネイル0弁護士法人黒田パートナーズサムネイル1弁護士法人黒田パートナーズサムネイル2

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 夜間対応
  • 土日対応

料金体系

着手金0円 
報酬:20万円+回収金額の10%(税別)
弁護士費用特約の場合は旧日弁連報酬基準で対応
加害者の場合は応相談

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「弁護士法人黒田パートナーズ」ご相談窓口

現在14:29です。お気軽にお電話ください。

お電話での相談窓口【通話無料】 0066-9759-7841
受付時間 平日土曜 9:30〜19:00

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

交通事故分野に確かな経験と実績

初回相談料無料! まずは早めにご相談を

弁護士法人黒田パートナーズは阪急西宮北口から徒歩2分の場所にある、交通事故問題を得意とする弁護士事務所です。いつでも気軽に相談いただける身近な法律事務所であることを大切に、交通事故の被害者の方のご相談に親身に耳を傾けています。

当事務所では初回相談料は無料でご対応。着手金も原則無料でお受けしていますので、費用面も心配なく相談いただけます。もしも事故に遭ってしまったら、まずは早めにご連絡をいただくことをおすすめします。

保険会社からの提示額は正しいとは限らない

弁護士は本来の「裁判基準」に準じた賠償額で請求

交通事故に遭うのは、一生に何度もあるものではありませんから、保険会社との交渉は多くの方が初めての経験でしょう。そのため、保険会社から提示される過失割合や賠償額は、適正なものかどうか分からないというケースが多々あります。

ここで知っておいていただきたいのは、保険会社が示す示談額は、必ずしも正しい金額とはいえないという点です。それは保険会社側の基準に基づいて算出されたものであり、被害者が本来手にできるはずの裁判基準には、遠く及ばない額であることがほとんどなのです。

その点、私たち弁護士は過去の判例に沿った裁判基準にもとづいて損害賠償額を請求しますから、当初の示談提示額よりも上がる場合がほとんどです。弁護士に相談・依頼をいただくことによって、最終的な損害賠償額の増額が見込まれるわけです。

こうした交渉は、案件の受任後はすべて弁護士が対応し、自賠責などの複雑な事務手続きもすべて弁護士が行いますので安心してお任せください。

事故後の適切な対処が十分な補償につながる

早い段階から状況に応じた様々なアドバイスを提供

黒田パートナーズ4

もし交通事故に遭ってしまったら、ぜひ早めに弁護士に相談されることをおすすめします。というのも、事故後に対処すべき事柄や、適切な時機を逃してしまったために、後になって適正な補償を受けられなくなることが多々あるからです。

医療機関でケガの治療を適切に行っておくことも重要な要素となります。よく仕事が忙しいために、痛いのに通院を先送りする方がおられますが、治療の欠落期間が一定程度できると事故との因果関係が切れてしまうことにもなりかねません。

当事務所では、事故後の証拠保全や、治療・通院の方法や医学的知識を活かした対応を含め、早い段階から被害者の状況に応じた様々なアドバイスをご提供。被害者の方にとって、適正な被害回復がなされるよう最善を尽くします。

後遺障害の認定の有無が賠償額に大きく影響

認定の申請手続きを専門的なノウハウでサポート

ケガの後遺症が残ったときには、交通事故の損害賠償には「後遺障害」という概念があります。後遺症と考えられる障害のなかで、審査機関が定める条件を満たすもので、1~14級の等級によって認定されるものです。

この後遺障害の有無や等級は損害賠償額に大きな影響を与えるため、適切な認定を受けることが非常に重要です。当事務所は通院段階から適切なアドバイスを提供し、実際の後遺障害認定の申請手続きについても専門的なノウハウでサポートしています。

診断書の記載内容を弁護士の視点でフォロー

後遺障害の適正な等級認定を受けるためには、医師に「後遺障害診断書」を詳細に記載してもらうことが重要です。たとえば醜状痕が顔面部位に3センチ以上であれば、その数字は必ず診断書に記載してもらわなければなりませんし、体幹骨の変形があるときにはもらさず診断書に書かなければなりません。

医師は治療のプロであって、後遺障害認定の専門家ではありませんから、診断書の記載に不十分な点がないよう、弁護士の確かな目でフォローしていくことが重要といえます。

後遺障害に関する【解決事例】

「異議申立て」によって7級から併合3級が認定に

「頭がい骨骨折、内頚動脈解離からの脳梗塞」により右眼失明、左手軽度麻痺で7級と認定されていた方が、当事務所の「異議申立て」によって、頭がい骨陥没、左手機能の中程度麻痺が認められ併合3級が認定になりました。

医師と面談し、麻痺の程度の認定、左手機能について再度の可動域の測りなおしなどを実施。またリハビリ病院においても医師と面談、脳機能の低下について立証を行いました。こうした丁寧な立証活動が実を結び、7級から3級認定に変更されました。

後遺障害診断書の内容の充実を図り、11級認定を獲得

主治医と面談し、後遺障害を適正に審査してもらうため、後遺障害診断書に可動域制限や関節拘縮、廃用性骨萎縮などをきちんと記載してもらった結果、後遺障害併合11級が認定されました。

その後、保険会社は支払いを拒んだものの、紛争処理センターの審査によって賠償額を獲得。保険会社は過失割合や素因減額等、多岐の内容について反論してきたものの、全面的に当方の言い分を認める結果が出ました。

日頃から医学的知識に関する研鑽を蓄積

当事務所の弁護士は、日頃から医学的知識に関する研鑽を積極的に積んでおり、その蓄積が後遺障害に関するノウハウにも活きています。

他の弁護士事務所で後遺障害「非該当」の結果となった事案でも、当事務所の「異議申立て」によって後遺障害等級の認定を獲得し、大幅な金額の増額を得た事例を多数有しています。どのような後遺障害案件でも遠慮なくご相談ください。

「過失割合」に納得いかなければ相談を

被害者側の立場にたち、正しい過失割合を算出

交通事故の原因は、必ずしも加害者のみにあるとは限らず、被害者側にも一定の落ち度(過失)があるとされるのが普通です。その度合いに応じて、損害賠償額が「どの程度、何パーセント減額されるか」を示したものを過失割合といいます。

保険会社が提示する過失割合には、速度超過や現場の見通しなど、個別の事情が考慮されていない可能性があり、必ずしも正しいとは限りません。当事務所では、交通事故の被害者側の立場で正しい過失割合を算出し、適正な損害賠償を受け取ることができるようサポートしていきます。

弁護士法人黒田パートナーズからのメッセージ

お客様の納得いく解決を導けるよう力を尽くします

私たちは、いつでも気軽に相談できる敷居の低い事務所をめざしつつ、お客様の納得いく解決を導けるよう力を尽くしていきます。事故に遭って不安な思いを感じている方は、どうぞ早めにご相談ください。

弁護士費用特約

保険によって弁護士費用が支払われる便利な特約

ご本人または同居のご家族が加入されている自動車保険に「弁護士特約」が付帯されている場合には、保険で弁護士費用が支払われます。そのため、保険限度額(一般的に10~300万円)までは弁護士費用をご負担いただく必要がありません。

所属弁護士

黒田 修輔(くろだ しゅうすけ)

黒田 修輔
登録番号 No.38804
所属弁護士会 兵庫県弁護士会

アクセス

阪急西宮北口から徒歩2分

兵庫県西宮市甲風園1-10-11 中村ビル401号

〒662-0832 兵庫県西宮市甲風園1-10-11 中村ビル401号

事務所概要

事務所名 弁護士法人黒田パートナーズ
代表者 黒田 修輔
住所 〒662-0832 兵庫県西宮市甲風園1-10-11 中村ビル401号
電話番号 0066-9759-7841
受付時間 平日土曜 9:30〜19:00
定休日 日祝
備考 事前のご予約の場合、夜間日曜祝日の対応可能
弁護士法人黒田パートナーズ
弁護士法人黒田パートナーズ
スマホ・携帯からも無料通話
0066-9759-7841
受付時間
平日土曜 9:30〜19:00

現在14:29です。お気軽にお電話ください。

住所
〒662-0832 兵庫県西宮市甲風園1-10-11 中村ビル401号
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP