兵庫県誰でも気軽に相談できる敷居の低さで難しい問題も解決!

戎みなとまち法律事務所

相談料0 着手金0 報酬金回収額から
戎みなとまち法律事務所

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 24H電話
  • 土日対応

料金体系

相談料初回無料・着手金0円
※当サイト経由でのお問い合わせに限り
20万円+回収額の10%(税抜)
弁護士特約利用なら実質無料で相談可能

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「戎みなとまち法律事務所」ご相談窓口

現在03:30。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

お電話での相談窓口【通話無料】0066-9687-7616
受付時間 毎日9:30~18:30

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

話しやすくて身近に感じる法律事務所

「まず相談だけでもしてみよう」と思ってもらえる事務所に

地元の明石市出身の戎卓一が代表弁護士を務める「戎みなとまち法律事務所」は、「誰でも気軽に相談してもらえる事務所」をモットーに、交通事故問題に力を入れている法律事務所です。「話しやすい」「身近に感じる」という声を依頼者の方から多くいただき、地域の皆さまの困りごとに対して常に誠実な対応を心掛けています。

当事務所はJR西明石駅から徒歩1分以内の便利な立地にあり、面会時間も事前に予約いただければ祝日や平日夜間でも対応可能です。

できるだけ応対の時間帯を広げ、相談いただく方の来社の負担を減らすことを心がけるとともに、アクセスの良さや相談のしやすさから「まず相談だけでもしてみよう」と思ってもらえる事務所作りをしています。

弁護士が被害者を最もサポートできるのが交通事故問題

交通事故の事案においては、被害を受けて怪我などの後遺症やPTSD(外傷後ストレス障害)を抱えて苦しんでいる被害者が、実際の示談・解決の現場において不利益を受けてしまう例が少なくありません。

交渉の相手である保険会社は、損害賠償額や慰謝料をできるだけ少なくしたいというのが本音ですから、様々な手で早期の示談を促したり、一方的に損害補償の打ち切りを通告してくることもあります。

適正な補償額が分からない被害者の方が、保険会社に言われるままに示談のサインをしてしまう例が少なくないのです。

交通事故問題は、専門家である弁護士が被害者を最もサポートできる事案でもありますから、交通事故に遭った時には早めに弁護士に相談いただくことが重要です。

事故から怪我の症状が固定するまでには時間がかかることから、示談交渉までに準備ができ、事故後の生活においても適切なアドバイスをすることができます。兵庫県内のお客様であれば出張相談も可能であり、怪我で動けない方には自宅や病院訪問も実施していますので遠慮なくご相談下さい。

適正な損害賠償額を得るために必要なのは

過去の裁判例にどれだけ精通しているかがポイント

交通事故で相談に来られる依頼者には、加害者側から出された慰謝料や賠償額に納得がいかないという方が多くおられます。

保険会社が提示する損害賠償額は「自賠責基準」や「任意保険基準」で算出した金額であり、私たちが適正と考える「裁判基準」の金額の6割程度の場合が多く、とても納得できないケースがほとんどなのです。

弁護士のほうでは過去の判例にもとづいた「裁判基準」で損害賠償額を請求するので、保険会社が提示してきた当初の金額よりもおのずと上がります。

訴訟になれば賠償額を抑えるわけにいかないことは保険会社も承知していますから、示談の提示金額を上げざるを得ないのです。

その際、損害賠償額は過去に起きた同様の交通事故の判例に沿って考慮されるのが普通ですから、弁護士は裁判例にどれだけ精通しているかが重要になってきます。

法律を熟知していることはもちろんですが、それ以上に判例と実務に長けていることが、交通事故問題を上手に解決できる弁護士の条件といえるでしょう。

通院治療は定期的に行わなければ慰謝料に影響

事故に遭った場合にはできるだけ早く弁護士に相談を

交通事故の被害者となってしまったものの、仕事などが多忙で病院に通えず、数回で治療を止めてしまうという方も少なくありません。この場合、結果的に慰謝料の金額も下がってしまうことになり、十分な賠償額を得られません。

本人は「仕事が忙しくて病院に行けず、痛いけれども我慢していた」という状況であっても、客観的には「症状が軽いから通院しなかった」と捉えられてしまうのです。

治療開始時点から弁護士に相談することで、定期的な治療の必要性についてもアドバイスでき、結果的に慰謝料にも反映されていくことになります。事故に遭った場合にはできるだけ早く弁護士に相談されることをお勧めします。

適正な過失割合を導くためのポイント

事故における少ない証拠をどう評価していけるかが重要

事故の当事者同士で過失割合の争いになった場合にも、弁護士が少ない証拠をどう評価していけるかが重要なポイントになります。

当事務所でも、当初は5:5の過失割合だったケースから、警察から実況見分調書を取り寄せ事故状況を確認し直し、双方の事故車両のキズの箇所を精査した結果、相手方の過失割合が2割増えて7:3に修正できた例もあります。
必要に応じて事故現場を実際に見に行くことも含め、適正な過失割合を導き出すための努力を欠かしません。

戎みなとまち法律事務所からのアドバイス

1人で悩むことなく何でも遠慮なく相談を

戎みなとまち法律事務所

交通事故に遭ってしまったら、まず行ってほしいことは事故直後の証拠の保全です。今はほとんどの方が携帯やスマホを持っていますので、事故の後には自分と相手の自動車の状況、現場の道路の状況などを写真に収めておいてください。

事故直後は加害者が「すべて賠償します」と殊勝な態度でいたとしても、あとで翻意してトラブルになるケースも多いのです。

交通事故は証拠が多くあるケースは少ないので、わずかな証拠でも大事なものになる場合が多くあります。たとえ無駄だと思ってもできるだけ多くの写真を撮っておき、早めに弁護士に相談されることをお勧めします。

事故に遭ったご本人は被害者ですから、自身の治療と並行して保険会社とのやり取りまで進めていくのは大変な苦労やストレスがあるはずです。必要な書類を集めて交渉に当たる部分など煩雑な点はプロである弁護士に任せ、ご自身は治療に専念して早く事故前の状態に戻ることを優先してほしいと思います。

弁護士費用特約

保険会社に弁護士費用を負担してもらえる便利な特約

弁護士費用特約はいま加入者が増えている損害保険の特約です。加入することで、事故に遭っても弁護士相談に対する費用負担が300万円まで必要なくなり、法律事務所の立場からも「事故に遭ったらお気軽にご相談を」と依頼しやすくなります。

仮に10万円しか賠償額が増えないような軽い物損事故でも、特約があれば費用倒れにはならないという便利な仕組みです。

所属弁護士

堀戎 卓一 (えびす たくいち)

戎 卓一 (えびす たくいち)
所属弁護士会 兵庫県弁護士会
登録番号 No.41732

アクセス

JR「西明石駅」より徒歩1分

〒673-0005 兵庫県明石市 小久保2丁目1-1 YSビル5階501号室

〒673-0005 兵庫県明石市 小久保2丁目1-1 YSビル5階501号室

事務所概要

事務所名 戎みなとまち法律事務所
代表者 戎 卓一
住所 〒673-0005 兵庫県明石市 小久保2丁目1-1 YSビル5階501号室
電話番号 0066-9687-7616
受付時間 毎日9:30~18:30
定休日 祝日
備考
戎みなとまち法律事務所
戎みなとまち法律事務所
スマホ・携帯からも無料通話
0066-9687-7616
受付時間
毎日9:30~18:30

現在03:30。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒673-0005 兵庫県明石市 小久保2丁目1-1 YSビル5階501号室
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP