いつでも相談しやすい弁護士が 事故後のサポートに尽力します

三田あじさい法律事務所(植草貢弁護士)

相談料
初回無料
着手金
事案ごと
成功報酬
回収額から
夜間相談
可能
土日対応
可能
  • 三田あじさい法律事務所(植草貢弁護士)
事務所名 三田あじさい法律事務所(植草貢弁護士)
電話番号 050-5385-1747
受付時間 毎日24時間
定休日 なし
住所 〒669-1529 兵庫県三田市中央町4-5 三田ビル6階
アクセス方法 JR・神鉄「三田駅」5分
  • 無料相談可能
  • 弁護士費用特約
  • 土日電話受付
取り扱い可能な事案
  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 後払い可

三田あじさい法律事務所(植草貢弁護士)の強みと特徴

24時間電話がつながる法律事務所

すべての案件を2人の弁護士で共同受任

兵庫県三田市の「三田あじさい法律事務所」の弁護士、植草貢です。当事務所は、弁護士歴44年の経験豊富な敏腕弁護士と、社会保険労務士実務経験者の若手弁護士が2人体制で問題解決にあたります。全ての案件を2人の弁護士で共同受任いたしますので、安心の度合いがいっそう高まるというメリットがあります。

また、当事務所は全国的にも極めて少数しかない24時間営業の法律事務所です。24時間メールを受け付ける事務所はありますが、当事務所は「24時間電話が繋がる」という点が大きな特長。その上で弁護士が即座に対応する体制を整えていますので、スピーディーなご対応が可能です。

急なご用件の際など、弁護士に連絡が繋がらなくてもどかしい思いをされることがないように、緊急時にも対応できるよう注力しています。いつでも連絡がつき、平日夜間や土日祝での面談にも柔軟にご対応。初回相談は、30分程度は無料でお受けしています。「相談しやすさ」を重視した事務所の体制を心がけていますので遠慮なくご相談ください。

事故の被害者になったら弁護士に相談を

今後の賠償の見通しを分かりやすくご説明

現在でも、日本における交通事故はおよそ1分に1件の割合で発生しているといわれています。交通事故は、今もなお身近に潜んでいる危険なのです。

事故の被害者となってしまった際には、まずは弁護士にご相談ください。ご相談の際には、事故の状況を丁寧にお聴きし、今後の補償や手続きの流れはもちろん、賠償の見通しなどもできるだけ分かりやすくご説明します。

また治療中のご相談であれば、受けるべき治療や検査の中身なども丁寧にご案内。被害者の方が事故後に気を付けるべき点なども細かくアドバイスいたします。

弁護士が保険会社との交渉を代行

適切な証拠をもとに論理的に交渉を進める

弁護士は、法律と交渉の専門家です。法律が深くかかわる交通事故の問題について、被害者の方をさまざまな面でサポートすることができます。

交通事故の損害賠償問題は、そのほとんどが示談によって解決しています。加害者との示談交渉、特に加害者の保険会社との交渉を一般の方が行うことは容易ではありませんが、弁護士が代理人として示談交渉にあたることで、適切な証拠をもとに論理的に交渉をすすめていくことができます。

弁護士への依頼で賠償額の増額が期待できる

また、弁護士に依頼をいただくことで、損害賠償額の増額にも寄与できます。たとえば人身事故や死亡事故において請求できる慰謝料については複数の算定基準があり、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の3つが存在します。

保険会社は自社の支払い額をできるだけ抑えるために、自賠責基準や任意保険基準に沿った低い示談額を提示するのが普通です。その点、弁護士に依頼することで、最も手厚い弁護士基準により算定を行うことができるのです。

保険会社は交通事故の交渉のプロ…

弁護士であれば適正な内容に修正することが可能

このように、交通事故における示談交渉では、相手が加害者の保険会社というケースが非常に多くなっています。これは、示談代行サービスが付帯する任意保険の加入者が増加していることが背景にあります。保険会社は交通事故案件を多く扱っており、一般の方と比べて経験・知識が豊富です。相手はいわば交渉のプロですから、一般の方が保険会社を相手に示談交渉を進めることは難しいといえるのです。

だからこそ、保険会社との示談交渉は、弁護士に相談いただくことに大きなメリットがあります。弁護士は法律と交渉の専門家ですから、相手が正しくない根拠をもとに示談交渉をすすめてきた場合にも、適正な内容に修正することが可能です。

事故の「過失割合」に納得いかなければ要相談

たとえば、損害賠償額を大きく左右するものに、事故の「過失割合」があります。交通事故では加害者に100%の責任が認められるケースは少なく、被害者にもなんらかの不注意や過失があったと判断されます。たとえば被害者に3割の過失があると、賠償額も3割減るわけです。

事故の過失割合については、保険会社が提示してくるケースが多いですが、過去に発生した類似の交通事故や裁判例などから算定するため、弁護士による修正が必要な場合があります。当事務所は必要に応じてできるかぎり事故現場を訪れ、事故の状況を詳細に確認。こちらが有利になる証拠を探し、報告書として立証の材料をつくります。

後遺症が残ったら「後遺障害」認定手続きへ

「後遺障害診断書」のチェックなど親身にサポート

交通事故でケガを負った際に、後遺症が残るケースがあります。その場合、交通事故には「後遺障害」という概念があり、後遺症の症状や内容が、審査機関の定める条件を満たすものが認定されます。後遺障害は認定されると重い順から1~14級の等級で示され、それぞれ得られる賠償額も変わってきますので、適正な認定を得ることがとても重要です。

当事務所は通院段階から専門的アドバイスを提供し、主治医が作成する「後遺障害診断書」の詳細な記載についてもチェックを行うなど親身なサポートをご提供しています。もしも事故の後遺症が残り、保険会社からの提示や対応に不満や納得のいかない点などありましたら、お早めに当事務所にご相談いただければ幸いです。

植草貢弁護士(三田あじさい法律事務所)からのアドバイス

保険会社の提示額を鵜呑みにしてはダメ

もしも交通事故の被害者になってしまったら、相手方の保険会社任せにされるのはおすすめできません。保険会社の担当者の言い分をすべて鵜呑みにしたのでは、正当な補償内容や賠償額は得られず、結果的に損をしてしまいます。示談をする前に、まずは一度弁護士に相談だけでもしてみてください。いつでもお待ちしています。

弁護士費用特約

保険会社が弁護士費用を負担。家族の特約が使えるケースも

加入している自動車保険などに「弁護士費用特約」がついていれば、保険会社に弁護士費用を負担してもらえます。ほとんどの事案は補償上限額の範囲に収まるので、自己負担なしで弁護士に依頼できるでしょう。

また、ご自身の保険だけではなく、ご家族が加入している保険の特約が使えるケースもあります。この特約を使っても保険料は上がらないので、積極的に活用しましょう。

所属弁護士

前 哲夫(まえ てつお)

登録番号 No.13749
所属弁護士会 兵庫県弁護士会

植草 貢(うえくさ みつぐ)

登録番号 No.58826
所属弁護士会 兵庫県弁護士会

弁護士費用

着手金

11万円

報酬金

経済的利益の17.6%

上記は税込価格です。

アクセス

兵庫県三田市中央町4-5 三田ビル6階

〒669-1529 兵庫県三田市中央町4-5 三田ビル6階

事務所概要

事務所名 三田あじさい法律事務所(植草貢弁護士)
代表者 前 哲夫
住所 〒669-1529 兵庫県三田市中央町4-5 三田ビル6階
電話番号 050-5385-1747
受付時間 毎日24時間
定休日 なし
備考

その他の兵庫県の交通事故に強い弁護士