茨城経験豊富な弁護士が、ご要望に沿った 適正な賠償をめざします

弁護士法人ニューポート法律事務所 つくばオフィス

相談料初回30分無料 着手金0 報酬金回収額から
弁護士法人ニューポート法律事務所 つくばオフィス弁護士法人ニューポート法律事務所 つくばオフィスサムネイル0弁護士法人ニューポート法律事務所 つくばオフィスサムネイル1弁護士法人ニューポート法律事務所 つくばオフィスサムネイル2

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 夜間対応
  • 土日対応

料金体系

初回相談料(30分)無料・着手金0円
報酬金 受取額の10%+20万円(消費税別)
※弁護士費用特約の場合は別基準

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

解決実績を見る

「弁護士法人ニューポート法律事務所 つくばオフィス」ご相談窓口

現在18:23です。お気軽にお電話ください。

お電話での受付窓口 050-5267-6818
受付時間 平日 9:00〜20:00、土日祝10:00~17:00

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

解決実績

• 主婦休損増額

女性(20代・兼業主婦)

傷病名:頸椎捻挫、腰椎捻挫
後遺障害:なし(完治)

損害項目事前提示示談金額増加額
治療費 80万円 80万円 -
休業損害 15万円 45万円 30万円
傷害慰謝料 58万円 86万円 28万円
最終支払額 73万円 131万円 58万円
ポイント

被害者は、パートで働かれている兼業主婦の方でした。そこで、本件事故により家事労働に支障が生じたことを具体的に主張し、主婦の休業損害を請求しました。

また、6か月の通院を余儀なくされましたので、傷害慰謝料も裁判基準からの減額は認めないという強気の態度で交渉を行い、裁判基準と同等の金額を示談で獲得することができました。

• 自営業者休業損害増額

男性(50代・測量士(自営業))

傷病名:頸椎捻挫、右肩関節捻挫
後遺障害:なし(非該当)

損害項目事前提示示談金額増加額
治療費 75万円 75万円 -
休業損害 55万円 190万円 135万円
傷害慰謝料 65万円 86万円 21万円
最終支払額 120万円 276万円 156万円
ポイント

被害者は、測量士として自営業を営んでいました。一般的に保険会社は、自営業者の方の休業損害認定について厳しい傾向にあります。そこで、事故前の確定申告書、事故前後の売上比較表、事故後に現場を中止したことがわかる取引先の資料等の客観的資料を揃え、請求しました。その結果、事前提示の金額から3倍以上増額することができました。

• 後遺障害非該当から14級認定

女性(50代・会社印)

傷病名:頸椎捻挫、腰椎捻挫
後遺障害:14級9号

損害項目事前提示示談金額増加額
治療費 85万円 85万円 -
休業損害 40万円 52万円 12万円
傷害慰謝料 60万円 86万円 26万円
後遺障害逸失利益 80万円 80万円
後遺障害慰謝料 100万円 100万円
最終支払額 100万円 276万円 156万円
ポイント

被害者は、事故から6か月が経過した時点で、保険会社からの治療費の打ち切りにあい、その後、本件会社から一方的に事前提示(後遺障害なし前提)が送られてきたことから相談に来られました。

事故の状況、治療状況、画像所見、相談時の症状等から後遺障害認定の可能性があると判断し、後遺障害認定手続きからサポートさせていただきました。

その結果、首の痛みやしびれ等の症状について自賠責保険から14級9号の認定を受け、事前提示から後遺障害逸失利益及び後遺障害慰謝料を追加して請求しました。

事前提示から大幅な増額をすることができました。

その他の解決実績を見る

つくば駅近くの法律事務所が親身に対応

初回相談料(30分)無料の完全成功報酬制

弁護士法人ニューポート法律事務所 つくばオフィス4

「弁護士法人ニューポート法律事務所・つくばオフィス」は「つくば」駅からすぐの便利な場所にある法律事務所です。これまで交通事故の依頼案件を数多く手掛けてきた弁護士が、事故の被害者の方への親身なサポートをご提供しています。

当弁護士法人には約10名の経験豊富な弁護士が在籍しており、多くの事案を通じて確かなノウハウとして蓄積しています。多彩な実績を武器にしながら、依頼者の方に納得いただける解決をめざしています。

当事務所では交通事故の相談は、相談料初回30分無料および着手金無料の完全成功報酬制(弁護士費用特約利用の際は別です)でお受けしており、土日祝や平日夜間でも予約をいただければもちろんご相談可能です。弁護士費用特約のある方はもちろん、そうでない方でも、解決前に費用が発生することはありませんので安心してご相談ください。

後遺障害の認定サポートに強み!

後遺障害の認定の有無が賠償額の大きな差となる

交通事故の損害賠償で大きな違いが出やすいのが、「後遺障害」の補償に関する部分です。後遺障害とは、ケガの治療が終わって「症状固定」となったあと、後遺症が残った際に必要となる慰謝料や損害賠償のことをいいます。

残った後遺症の内容が一定の基準を満たしている場合、交通事故の損害賠償では「後遺障害」(1~14級)として認定され、症状固定後の被害者の生活を補償するための、後遺障害の損害賠償金が支払われることになります。

後遺障害の適正な等級認定を受けるには、認定の申請の際に審査機関に提出する「後遺障害診断書」の記載内容を充実させることが欠かせません。加えて、後遺症の状態を示すために必要な資料をそろえることも重要。後遺障害の認定の有無や、どの等級を得るかは賠償額の大きな差となって表れますから、申請の際に丁寧な手続きを行うことが欠かせないのです。

保険会社任せにしない、「被害者請求」で申請

その点、当事務所では、後遺障害申請を保険会社任せにせず、被害者自ら行う「被害者請求」で行うことを重視しています。医師に意見書の作成を依頼して、必要資料として申請書類に添付することもあるなど、専門的な対応で適正な等級認定を手助けいたします。

当事務所の弁護士はこれまでの経験の蓄積によって、後遺障害認定において必要となる医学的な知識を有しています。法人内の弁護士複数で後遺障害診断書の内容をチェックするなど、後遺障害認定の専門ノウハウをもつ当事務所に安心してお任せください。

事故後は早めの相談が肝心!

面倒な保険会社対応も弁護士に任せれば安心

交通事故の被害者になると、ふつうは相手側の保険会社から補償についての連絡が入ります。今後の対応などの説明があるわけですが、保険会社によってはストレスを感じるような内容であることも少なくありません。弁護士に依頼をいただくことで、保険会社への対応の煩わしさを感じることもなくなります。

たとえば、物損のみの事故では、事故車の損傷部分の写真を撮っておくなど、証拠の保全が重要になります。そして不幸にも人身事故になってしまった場合には、事故とケガとの因果関係を立証しておくために、治療の早い段階でレントゲンやMRIなどの必要な検査を受けておくことを求められます。

事故後に必要な対応を当事務所がアドバイス

仕事が忙しいからと、痛みがあるのに通院しなかったりすると、ケガが治ったと判断されてしまい、適正な賠償を得られません。また医療機関でなく、接骨院や整骨院ばかりに行ってしまうと、保険会社が治療と認めずに治療費を払ってくれなかったり、治療費の打ち切りが早くなるケースも考えられます。

こうした事故後に必要な対応について、当事務所で専門的なアドバイスをご提供しますので、どうぞ早めにご相談ください。

弁護士への依頼で賠償額がアップ!

本来の「裁判基準」による賠償額に引き上げる

そして、交通事故を弁護士に相談する一番のメリットは、言うまでもなく最終的な損害賠償額を適正な額で得られる点でしょう。

示談の際に相手方の保険会社は、自社の支払い基準である「任意保険基準」で賠償額を提示してくるのが普通です。そこで保険会社との交渉を弁護士が行うことによって、被害者の方が本来得られる「弁護士基準」や「裁判基準」に賠償額を引き上げることが可能になるのです。

保険会社と示談さえしていなければ、弁護士への相談・依頼は「もう遅い」「間に合わない」ということは決してありません。どのタイミングでもあきらめることなく、できるだけ早めにご連絡いただきたいと思います。

「過失割合」に納得のいかない時は?

事故態様を精査し、正当な過失割合を主張

そのほか、交通事故の損害賠償において欠かせない要素に「過失割合」があります。過失割合は損害賠償額に大きな影響を与える重要なものである一方で、保険会社が提示する過失割合は、必ずしも適正ではありませんから注意が必要です。

これまでの判例を類型化した資料にもとづいて判断されただけのものが多く、速度超過や現場の見通しなど、個別の事情(修正要素)が考慮されていない可能性が高いのです。

当事務所では実況見分調書を取り寄せ、必要に応じて現場に足を運ぶなど、事故態様や現場の状況を可能な限り精査し、正当な過失割合を主張していきます。

ニューポート法律事務所つくばオフィスからのアドバイス

交通事故案件に豊富な経験を持つ当事務所にお任せください

交通事故は弁護士が介入することで、有利な交渉にもっていけるケースがほとんどです。依頼いただいたあとは、打ち合わせの期日を早めにお入れし、早期の着手を心がけるのが当事務所のこだわりです。

当法人の弁護士はいずれも若く、フットワークの軽さには自信があります。交通事故案件に豊富な経験を有していますので、いつでも遠慮なくご相談ください。

弁護士費用特約

300万円を限度に保険会社が弁護士費用を負担

加入している損害保険に弁護士費用特約がついていれば、保険会社に弁護士費用を負担してもらえます。ほとんどの場合は補償上限額(一般的に300万円)の範囲に収まるため、実質的な自己負担なしで弁護士に依頼できるでしょう。

この特約を利用しても保険の等級は下がらないため、保険料は高くなりません。また、家族が加入している保険の特約が使えるケースもあります。まずは損害保険会社に契約内容を確認してください。

所属弁護士

榎本 幸司(えのもと こうじ)

榎本 幸司
登録番号 No.55378
所属弁護士会 茨城県弁護士会

アクセス

つくばエクスプレス つくば駅から徒歩1分

茨城県つくば市吾妻1-5-7 ダイワロイネットホテルつくばビル 2階

〒305-0031 茨城県つくば市吾妻1-5-7 ダイワロイネットホテルつくばビル 2階

事務所概要

事務所名 弁護士法人ニューポート法律事務所 つくばオフィス
代表者 戸田裕典 伊藤弘好
住所 〒305-0031 茨城県つくば市吾妻1-5-7 ダイワロイネットホテルつくばビル 2階
電話番号 050-5267-6818
受付時間 平日 9:00〜20:00、土日祝10:00~17:00
定休日
備考 土日祝や平日夜間でも予約をいただければ面談可能です。
弁護士法人ニューポート法律事務所 つくばオフィス
弁護士法人ニューポート法律事務所 つくばオフィス
スマホ・携帯からも通話可能
050-5267-6818
受付時間
平日 9:00〜20:00、土日祝10:00~17:00

現在18:23です。お気軽にお電話ください。

住所
〒305-0031 茨城県つくば市吾妻1-5-7 ダイワロイネットホテルつくばビル 2階
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2019 Agoora.inc.

TOP