茨城県「顧問医」のいる法律事務所が 被害者の安心&補償を最大化します

つくば第一法律事務所

相談料無料 着手金0 報酬金回収額から
つくば第一法律事務所つくば第一法律事務所サムネイル

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 夜間対応
  • 土日対応

料金体系

相談料何度でも無料、着手金0円
報酬:15万円(税別)+原則回収額の15%(税別)
※ 死亡事故等、高額の賠償事件については、弁護士報酬を取り過ぎないように最大10%まで減額しています。

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「つくば第一法律事務所」ご相談窓口

現在09:02です。お気軽にお電話ください。

お電話での相談窓口【通話無料】 0066-9687-7698
受付時間 平日・土曜 9:00〜20:00

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

顧問医のいる法律事務所

できる限り早く、時間的、精神的な負担を解消します

当事務所にとってのリーガル・サービスとは、個々の依頼者と向きあい、出来る限り早く、その不安、疑問を解消するというものです

多くの事務所が賠償額の増額を広告しています。
もちろん、賠償額の増額は弁護士としてとても重要な仕事ですが、今の自動車事故実務においては、弁護士に依頼した場合に慰謝料が増額することはほとんどの事故で当然のことといえます。

一方、賠償額が増えても、交通事故に遭った事実を無くすことはできません。
怪我や後遺症が治るわけでも無いし、亡くなった方が帰ってくるわけでもありません。

多くの依頼者にとって、交通事故は初めて、突然遭うものです。
また、交通事故は、通院が伴うため、事件の終了まで半年~1年以上時間がかかるため、弁護士との付き合いも長いものになります。
事件を依頼した段階や、事件の途中に新たな疑問が生じた段階で、不安を解消できないと、弁護士に頼んだにもかかわらず、結局は事件終了まで不安な時間を過ごしてしまうことになります。

「こんなこと聞いていいのかな」、「ネットにこう書いてあったなんて言ったら嫌がられるかもしれない」等と思う必要はありません。

当事務所は、
個々の依頼者の不安を聞き、迅速に初動対応することで、出来る限り早く、その時間的、精神的な負担を解消すること
定期的にコミュニケーションを取ることで、新しく出てきた不安や疑問を解消すること
を大切にしています。

相手方との交渉をする負担は一切なくなります

当事務所に依頼をくださる中で最も多い理由は、
・事件がどうなるのか漠然とした不安がある
・事故についての複雑な話がわからず保険会社との対応に困っている
・保険会社の担当者から連絡が来ない、相手から謝罪が無いなど、相手の対応が悪い

というものです。

とくに、必要な手続きや専門的な交渉が多い保険会社との対応は、個人で行うにはとても困難です。
この点、弁護士に依頼していただくことで、保険会社との交渉は弁護士がすべて対応致します。

精神的にも時間的にも楽になった、任せてよかったとの声を多数お寄せいただいております。

圧倒的な解任率の低さ

弁護士に事件を依頼した場合、依頼者はいつでもその弁護士を解任することが可能です。

実際、「他の事務所に依頼していたけれど、つくば第一法律事務所に依頼を変えたい。」という方が多くいらっしゃいます。
一方で、当事務所が解任される事件は、1年に1件以内です。

弁護士の仕事は法律に則った仕事なので、できないことは多くあります。その場合はできないと明確に説明させていただきます。
また、気休めではなく、かなり厳しい見通しを伝えることも多くあります。

それでも当事務所は、ご相談にいらっしゃるほとんどの相談者からご依頼を頂き、また、多くの方からご満足いただいているのは、依頼者の気持ちに応えるという、当たり前のことを大切にしているからだと考えています。

事故の被害者に最適なアドバイスが可能になる

当事務所は茨城県でも数少ない、顧問医のいる法律事務所です。

交通事故は怪我を伴う事件ですが、弁護士は医療の専門家ではありません。例えばカルテは弁護士が日常的に目にする書類ですが、医学的な知見が無ければ、カルテに記載されている内容も理解できません。その結果、依頼者の主張する症状が法律的にどのような意味を持つのかが理解できず、請求すべき損害賠償をすることができなくなってしまうこともあります。

また、間違ったアドバイスをすることで、依頼者の怪我に悪影響を与えてしまう恐れもあります。
そのため、緊密な連携の取れる医師がいることで、依頼者に最も的確なアドバイスが可能となると考えています。

このようなことでお困りではないですか

当事務所は、交通事故の案件は常時80件以上を取り扱っており、多数の解決実績があります。

保険会社にどう対応していいのかわからない

保険会社と事故の当事者では知識や経験に大きな差があるだけでなく、相手の態度が威圧的、誠意がないと感じることも多くあります。
当事務所の弁護士も学生の頃、トラックと衝突するという大きな事故に遭ったことがあります。その頃の経験から、相手との交渉がいかに心身の負担となるか実感しています。弁護士に依頼した場合、相手との交渉は全て弁護士が行うため、精神的、時間的な負担が大きく減ります。

保険会社から提示されている示談金額が適正か知りたい

金額が妥当か、他にも請求できる費用もあるのではないか、このまま示談をして良いのか不安に思ったことはありませんか。
ほとんどの事故の場合、相手方から提示される示談額は非常に低額に抑えられており、そのまま示談すると適切な賠償を受けられない可能性が高いといえます。示談前に一度ご相談ください。

このまま通院を続けられるのか不安がある

保険会社から症状固定だからそろそろ通院を終了して欲しいといわれることがあります。しかし、症状固定と通院の終了は全く異なる概念であり、安易に通院を辞めてしまうと、体に重大な問題が残る場合があります。適切に症状固定や通院の時期を検討することが大切です。

過失割合で自分に過失があることに十分な説明がされない

過失は非常に難しい概念です。それゆえ、保険会社から納得の行く説明がされることはまれです。事故の類型(交差点内での事故等)から、一律に過失割合が決まるものではありません。弁護士からきちんと過失の根拠の説明を受け、過失を争うかの判断をする必要があります。

現在依頼している事務所に不安や不満を抱えている

東京等の他の事務所から当事務所に依頼替えをしてくださる方も珍しくありません。依頼替えをしないまでも、弁護士の在り方が見直されている今、医者でいうセカンドオピニオンのように、複数の事務所に相談することは当然と言えます。お気軽にご相談ください。

弁護士に支払う費用について

弁護士特約が付いていない方の相談にも特に力を入れています

当事務所は、広く交通事故の被害者を救済するという観点から、特に弁護士特約が付いていない依頼者からの事件に力を入れています。

相談料については、何度でも無料で対応することが可能です。

弁護士報酬ついて、着手金を支払ったり、直接料金を支払っていただくことはありません。
事件終了時に得た賠償金額の一部を弁護士に支払っていただき、差額をお返しします。

弁護士
報酬 最終的に得た賠償額より、
弁護士費用として(いずれも着手金は無料)、

・原則
15万円(税別)+原則として回収額の15%(税別)

死亡事故、重度の後遺症が残る事件等、賠償額が高額になる事案の場合、弁護士費用を取りすぎないように最大10%まで減額しています。

※ 裁判の場合は別途、裁判着手金として20万円(税別)。

慰謝料の額を比較すると(当事務所の算定による)、弁護士に依頼した場合、依頼する前に比べて、平均して2倍以上になっています。
よって、ほとんどの事件では賠償額の大幅な増額が見込めるため、当事務所の費用体系であれば、弁護士費用を払ったうえで、なお十分に賠償額の増額を見込むことができます。

また、仮に、弁護士費用を支払った結果、元々受け取ることのできる賠償額より下回ることの無いように額を計算するため、弁護士に依頼した結果金銭的に損をしてしまったということはありません。

弁護士特約が付いている方

相談料、弁護士報酬ともに、保険会社の支払い基準やLAC基準での支払いに対応可能です。
そのため、依頼者が、直接料金を支払うことが無く、金銭的な負担無くご相談、ご依頼いただくことが可能です。

解決実績

自動車損害賠償保障法施行令別表(後遺障害等級表)併合2級の獲得(高次脳機能障害として5級の認定)

当事務所は顧問医がおり、複雑な後遺障害の事件にも対応しています。
その一例として、高次脳機能障害で5級の認定の獲得実績があります。
高次脳機能障害は外形的に判別が難しく、ご本人やご家族でも気づかないことがあります。 一方、生活への影響は極めて大きなものとなります。
怒りっぽくなった、物忘れが激しくなった、性格が変わってしまったという生の事実を漫然と主張するだけでなく、どのような事実に着目すべきか、それがどのような法的な意味を持つのかを踏まえ、調査書類への記載の仕方から一緒に考えていきます。

0円⇒350万円に。

保険会社の根拠のない払い渋りに対して、訴訟を提起し、スピード和解によって350万円の損害賠償を獲得しました。
裁判は弁護士にとって負担が大きいため、出来る限り裁判を避けようとする事務所もあります。
しかしながら、場合によっては裁判も辞さないという強い態度で交渉をすることで、適切な賠償を受けることができるようになります。

所属弁護士

篠木 光洋(しのぎ みつひろ)

篠木 光洋
登録番号 No.54100
所属弁護士会 茨城県弁護士会

アクセス

つくばエクスプレス つくば駅 徒歩30分,車6分

茨城県つくば市千現1-12- 2 ヴィラージュ千現 2階

〒305-0047 茨城県つくば市千現1-12- 2 ヴィラージュ千現 2階

事務所概要

事務所名 つくば第一法律事務所
代表者 篠木 光洋
住所 〒305-0047 茨城県つくば市千現1-12- 2 ヴィラージュ千現 2階
電話番号 0066-9687-7698
受付時間 平日・土曜 9:00〜20:00
定休日 日曜・祝日
備考 事前にご予約いただければ、平日夜間や日曜日にもご相談が可能です。お問い合わせください。
つくば第一法律事務所
つくば第一法律事務所
スマホ・携帯からも無料通話
0066-9687-7698
受付時間
平日・土曜 9:00〜20:00

現在09:02です。お気軽にお電話ください。

住所
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-12- 2 ヴィラージュ千現 2階
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP