石川県治療費打ち切り・後遺障害・ 過失割合の難しい案件もお任せ!

尾張町法律事務所(笹原裕司弁護士)

相談料初回無料 着手金0 報酬金回収額から
尾張町法律事務所(笹原裕司弁護士)

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 24H電話
  • 土日対応

料金体系

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「尾張町法律事務所(笹原裕司弁護士)」ご相談窓口

現在19:26。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

お電話での相談窓口【通話無料】準備中
受付時間 平日 9:00~19:00

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

交通事故の経験豊富な弁護士が親身に対応

法律のプロとして依頼者に丁寧にアドバイス

金沢市の「尾張町法律事務所」に所属する弁護士の笹原裕司です。事務所は完全個室でゆったりと相談いただける環境。平日夜間や土日祝日も事前に予約をいただければ面談をお受けしています。お客様用の駐車場も備えていますので、お気軽に相談にお越しください。

交通事故の保険の仕組みを理解するには専門的な知識が必要で、一般の方はあまり馴染みがないために事故後の対応方法が分からないことが多くあります。私たち弁護士は法律のプロとして、自賠責保険や任意保険の仕組みをはじめ、法的なサポートの方法について依頼者の方に丁寧にアドバイス。面談時に事故後の不安を出来る限り取り除いていきます。

交通事故の賠償金には3つの基準がある

保険会社から出された提示額を鵜呑みにしない

交通事故の被害者となった際に、弁護士に依頼いただくメリットの最も大きなものは、多くの場合で保険会社が提示する損害賠償額からの増額が得られるという点でしょう。

交通事故の損害賠償金には、金額が低いものから順に「自賠責保険基準」「任意保険基準」「弁護士基準」の3つの基準があります。示談交渉のほとんどのケースで、相手方の保険会社は金額を抑えるために「自賠責保険基準」や「任意保険基準」で算出した賠償額を提示してきます。

その際に、私たち弁護士は過去の判例にもとづいた「弁護士基準」で損害賠償額を請求しますから、当初の提示額よりも上がる場合が多いのです。こうした事実を知らない被害者の方は、保険会社から出された提示額をそのまま鵜呑みにしがち。知らず知らずのうちに損をしないためにも、すぐに示談書へサインすることはせず、弁護士に相談してください。

病院などの医療機関での治療を基本にする

正しい通院治療の仕方についても的確にアドバイス

事故後に弁護士に相談してもらうタイミングはまちまちですが、弁護士費用特約(弁護士費用を保険会社が負担してくれる損害保険の特約)に加入されている方や、損害保険の仕組みに詳しい方は、治療中の早い段階から相談に来られることが多い印象があります。

事故によるケガで通院した場合には、相手方の保険会社から「通院慰謝料」が支払われます。ただし基本的に整骨院や整体院での施術は治療行為にあたらず、通院慰謝料の対象とならない危険性がありますから注意が必要。診療所や病院などの医療機関での受診を基本に治療にあたってください。

また「仕事で忙しいから」「病院に行く時間がないから」などと、痛みがあるのに通院をしないのは避けるべき。通院治療の欠落期間ができてしまうと、後になってその後の治療が事故とケガとの因果関係を疑われることになってしまいます。当事務所は、適切な損害賠償を受けるために必要な、正しい通院治療の仕方についても親身にアドバイスします。

治療費の打ち切りを言われたら

医師の意見を確認のうえ、保険会社に継続を交渉

治療を続け、もうこれ以上症状の改善が見込めないという状況になることを「症状固定」といいます。事故から数ヵ月経つと、保険会社が「症状固定」として治療の打ち切りを求めてくる場合がありますが、必ずしも適切な時期とは限りません。

症状固定か否かはあくまでも医師が判断することであり、当事務所は医師の意見を確認のうえ、「治療継続が妥当」との判断であれば治療費の継続を保険会社と交渉します。

それでも治療費の継続が保険会社に認めてもらえない場合には、健康保険を使って通院を続ける選択をすべきでしょう。示談の際には相手方の保険会社から治療費が支払われる可能性が高いといえます。

ふさわしい後遺障害の等級を獲得するには

「後遺障害診断書」の詳細な記載が欠かせない

症状固定となった後に、むち打ちなどの神経症状をはじめとした後遺症が残ってしまうケースは少なくありません。交通事故の損害賠償には「後遺障害」という概念があり、ケガが治った後でも身体に残っている障害のなかで、認定機関が定める条件を満たすものが該当します。基準にあてはまる後遺症の場合には、「後遺障害」として認定してもらうための申請手続きを行うことになります。

後遺障害は重いものから1級~14級までの等級で示され、後遺障害の認定の有無や等級は損害賠償額に大きな影響を与えるために適切な手続きを行うことが重要です。そして後遺障害の適正な等級認定を受けるためには「後遺障害診断書」を詳細に記載してもらうことが欠かせません。

医師による後遺障害診断書のチェックや、認定の結果に不服がある場合の「異議申し立て」による再審査の請求など、当事務所では後遺障害の適切な認定を得るための専門的サポートを行っていますのでご相談ください。

適正な過失割合に修正するには

事故現場に積極的に足を運び、事故の真実に迫る

交通事故ではふつう、加害者であっても100%の責任が認められるケースは少なく、被害者にも何らかの不注意や過失があったと判断されます。そしてお互いの責任の軽重の度合いを「過失割合」として数値化して表しています。

物損事故でも人身事故でも、事故の過失割合は損害賠償額に大きく関わるため、「保険会社から提示された過失割合に納得できない」という相談は多数あります。

当職は事故現場に積極的に足を運び、自分の目で状況を確認して事故の真実に迫ることをモットーとしています。保険会社から入ってくる情報には、実際の現場状況と異なることが少なくないからです。事実、過去には「信号がない交差点」いう保険会社の事故状況の記述が、現場に出向いてみると「信号があった」という例もありました。

実際に自分の目で事故現場を確認することでこそ、正しい結論を導けます。現場状況を細かく検証し、実況見分調書などを確認。お互いの運転手の供述について矛盾点を探していくことで、適正な過失割合を導き出すことができます。

笹原裕司弁護士からのアドバイス

無保険車が相手の事故例など困難事案も経験

交通事故の中には、「相手が無保険の車だった…」という例もあります。こうした場合の交渉は特に難しく、被害者の方ひとりの主張によって十分な補償を得るには厳しい面もあります。当職はそうした困難事案の解決にも多数携わっていますので、交通事故におけるあらゆるトラブルについてご相談ください。

弁護士費用特約

費用を心配せずに弁護士に問題解決を依頼できる

加入している自動車保険などに「弁護士費用特約」がついていれば、保険会社に弁護士費用を負担してもらえます。ほとんどの事案は補償上限額の範囲に収まるので、自己負担なしで弁護士に依頼できる便利な特約です。

所属弁護士

笹原 裕司(ささはら ゆうじ)

笹原裕司
登録番号 No.35442
所属弁護士会 金沢弁護士会

アクセス

駐車場あり

〒920-0902 石川県金沢市尾張町1-9-11尾張町レジデンス2階204

〒920-0902 石川県金沢市尾張町1-9-11尾張町レジデンス2階204

事務所概要

事務所名 尾張町法律事務所(笹原裕司弁護士)
代表者 粟田 真人
住所 〒920-0902 石川県金沢市尾張町1-9-11尾張町レジデンス2階204
電話番号 準備中
受付時間 平日 9:00~19:00
定休日 土日祝日
備考
尾張町法律事務所(笹原裕司弁護士)
尾張町法律事務所(笹原裕司弁護士)
スマホ・携帯からも無料通話
準備中
受付時間
平日 9:00~19:00

現在19:26。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒920-0902 石川県金沢市尾張町1-9-11尾張町レジデンス2階204
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP