神奈川県確かな経験をもとに、 丁寧な聞き取りで納得の解決を導きます

青木・米積法律事務所(米積直樹弁護士)

相談料初回無料 着手金0 報酬金回収額から
青木・米積法律事務所(米積直樹弁護士)青木・米積法律事務所(米積直樹弁護士)サムネイル

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 夜間対応
  • 土日対応

料金体系

弁護士費用については、面談時に総額について説明させていただきます。
お支払い方法についてのご相談にも応じております。

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「青木・米積法律事務所(米積直樹弁護士)」ご相談窓口

現在23:23。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

お電話での相談窓口【通話無料】 0066-9687-7079
受付時間 平日 9:00〜17:00

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

地域に根差した親しみやすい弁護士

つねに丁寧でわかりやすいご説明を心がける

JR東海道線「平塚駅」北口より徒歩5分の場所にある「青木・米積法律事務所」の弁護士、米積直樹です。交通事故の案件は弁護士登録以来一定の件数を経験しており、注力して取り組んできた分野のひとつです。

法律の話は、普段の生活の中でもあまり馴染みがなく、難しく感じられる方は多いと思います。ご相談をいただいた際には、まずは話をじっくりとお聞きし、つねに丁寧でわかりやすいご説明を心がけています。平日夜間や土日祝日も予約をいただければもちろん面談OK。初回相談料は無料としていますので、いつでも気軽にご相談ください。

交通事故を弁護士に相談したほうがいいワケ

保険会社対応は弁護士に任せて治療に専念できる

たとえば事故に遭ったあと、保険会社の担当者の心無い対応に立腹され、相談に来られる方が多くおられます。ケガの治療の一方で、保険会社の交渉にストレスを感じるのは得策ではありません。弁護士に依頼をいただければ、保険会社への対応や交渉はすべて代行。ぜひ早い段階に弁護士に対応を任せてもらい、治療に専念いただきたいと思います。

そして最大のメリットは、言うまでもなく適正な損害賠償額が得られることにあります。交通事故の損害賠償金には複数の算定基準があり、金額が低いものから順に「自賠責保険基準」「任意保険基準」「裁判基準」の3つが挙げられます。

相手方の保険会社は金額を抑えるために「自賠責保険基準」や「任意保険基準」で算出した賠償額(示談金額)を提示してくるので注意が必要です。その点弁護士は、本来の「裁判基準」で損害賠償額を請求しますから、当初の提示額よりも上がる場合がほとんどなのです。当職でもこれまで、保険会社との示談交渉を通じて、最終的に裁判基準に近い賠償額を獲得してきていますのでお任せください。

治療の中身が後の損害賠償に影響する

早い段階から弁護士の専門的なアドバイスを受けるべき

ケガの治療が終わることを「症状固定」といいますが、それまでは治療に専念いただき、症状固定後に保険会社と弁護士が示談交渉を始めることになります。ただ、早期に弁護士に相談してもらえれば、保険会社対応を一任いただけることに加え、治療段階での有効なアドバイスを提供することもできます。

たとえば基本的に整骨院や整体院での施術は治療行為にあたらず、通院慰謝料の対象とならない危険性があります。まずは病院の整形外科を優先して受診したうえで、整骨院などに行ったほうがいいでしょう。

また仕事で忙しいからといって、痛みを我慢して通院を先延ばしにするのも禁物です。治療に欠落期間が生じてしまうと、後になって事故との因果関係を否定されかねません。事故後の治療を適切に受けておくことが、後の示談交渉における適正な賠償につながってきますので、早い段階から弁護士の専門的なアドバイスを受けておくことは有効といえるでしょう。

「後遺障害」の適正な認定を得るためには?

後遺障害には重い順から1~14級までの等級がある

症状固定になったあと、ケガの後遺症が残ってしまうことは交通事故において少なくありません。被害者の方にとっては、とても辛い状況だと思いますし、それだけに適正な補償を得ることが大事になります。

交通事故の損害賠償には「後遺障害」という考え方があり、後遺症が残った際に、その状態や症状が認定機関の定める条件を満たす場合に認定されます。後遺障害には重い順から1~14級までの等級があり、規定される慰謝料の額はそれぞれ異なるため、適切な認定を受けることが非常に重要なのです。

「後遺障害診断書」を詳細に記載してもらうことが重要

後遺障害の適正な等級認定を得るには、症状固定に至るまでの治療を適切に受けておくことが大切です。しかるべき検査を実施し、事故との因果関係を明確にしておくことも欠かせません。そして認定の申請において提出する、「後遺障害診断書」を医師に詳細に記載してもらうことが重要なのです。

医師によっては、交通事故や後遺障害の考え方に詳しくない人もいて、後遺障害診断書の記載内容が不十分なケースがあり得ます。当職では、認定に必要な記載内容について、弁護士から手紙を書いて医師のもとに持参してもらったり、場合によっては医師面談も行うなど、細かなサポートで認定の確度を高めていきます。

そのほか、医師の診断書を補完するために、認定基準に合致する旨の説明を加えた弁護士からの意見書を添付することもあります。保険会社の事前認定で非該当になった方が、当職のこうした異議申し立ての手続きによって、等級を得られた例も有しています。通院段階からのアドバイスを含め専門的なサポートを提供していますので早めにご相談ください。

過失割合に納得できないときは要相談

現場を調べ、正しい過失割合を導く材料をそろえる

事故のあと、保険会社から提示された過失割合に納得できない…という訴えもよくいただくご相談の一つです。事故の過失割合も損害賠償額を大きく左右する重要な要素ですから、もしも提示された割合に納得できなければ弁護士へ相談してください。

当職は警察から実況見分調書を取り寄せ、現場写真と組み合わせて事故態様を確認します。必要に応じて現場にも足を運び、依頼者にとって有利になる証拠を探し、正しい過失割合を導くための立証材料をつくります。

そのほか、休業損害や逸失利益の算定など、交通事故に関する賠償要素は多々あり、いずれも丁寧かつ細かな調査と立証が欠かせません。当職はこれまでの確かな経験を土台に、依頼者の納得のいく解決を目指して最後まで親身にサポートいたします。

米積直樹弁護士からのメッセージ

お話にじっくりと耳を傾け、聞き取りを丁寧に行います

当職は、まずは相談者の方のお話にじっくりと耳を傾け、聞き取りを丁寧に行うことにこだわりをもっています。その上で、依頼者の方に納得いただけるような、充実した被害の回復がはかれるよう力を尽くしますので、いつでも気軽にご相談ください。

弁護士費用特約

弁護にかかった費用を保険会社が補償する特約

自動車保険に付帯されている弁護士費用特約を利用される場合は、原則として弁護士費用をご負担いただく必要はありません。ほとんどの場合は補償上限額(一般的に300万円)の範囲に収まり、自己負担なしで弁護士に依頼できる便利な特約です。

所属弁護士

米積 直樹(よねづみ なおき)

米積 直樹
登録番号 No.40475
所属弁護士会 神奈川県弁護士会

アクセス

JR東海道線「平塚駅」北口より徒歩5分

神奈川県平塚市宝町12-1麻生ビル201

〒254-0034 神奈川県平塚市宝町12-1麻生ビル201

事務所概要

事務所名 青木・米積法律事務所(米積直樹弁護士)
代表者 米積 直樹
住所 〒254-0034 神奈川県平塚市宝町12-1麻生ビル201
電話番号 0066-9687-7079
受付時間 平日 9:00〜17:00
定休日 土日祝日
備考
青木・米積法律事務所(米積直樹弁護士)
青木・米積法律事務所(米積直樹弁護士)
スマホ・携帯からも無料通話
0066-9687-7079
受付時間
平日 9:00〜17:00

現在23:23。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒254-0034 神奈川県平塚市宝町12-1麻生ビル201
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP