鎌倉総合法律事務所

下記の情報は2021年11月02日時点での情報です

住所 〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町1-5-12
アクセス方法

その他の神奈川県の交通事故に強い弁護士

鎌倉総合法律事務所の強みと特徴

依頼者がリラックスした気持ちで相談できるように

「鶴岡八幡宮」に近い風情豊かな場所に立地

kamakurasogo1

鎌倉法律事務所は鎌倉駅西口から徒歩6分。日本三大八幡宮のひとつとして名高い「鶴岡八幡宮」に向かう途中の「若宮大路」近くの便利な場所にあります。初回30分は相談無料・24時間受付OKで、事前に予約をいただければ土日祝日や平日夜間でも対応が可能です。鎌倉、逗子、葉山、湘南を中心とした地域の皆様の交通事故に関する問題を誠実かつ迅速に解決に導きます。

法律事務所といえば、多くの方はビルの中にある無機質なオフィスをイメージされるかもしれませんが、当事務所は落ち着いた古民家風の個室でゆっくりと依頼者の相談に乗っています。また私自身、弁護士になる前には旅行会社やIT企業で会社員を経験しており、普段からジャケット着用でラフなスタイルでいることから、よく「弁護士ぽくない」と言われます。何よりも依頼者の方にリラックスした気持ちで相談していただけることを重視しています。

面談内容を分かりやすくするために「相談メモ」を手渡し

また当事務所では、依頼者の方と面会して相談を受けた際に、「相談メモ」を作成してお渡ししています。依頼者の方とモニターの画面を一緒に見ながら、話した内容を適宜入力していきます。そして内容を記述したペーパーを、面談後にお渡ししているのです。依頼者の方は、弁護士から何を言われたかを後で思い起こすことができ、解釈の行き違いや誤解の発生を防げることからも好評をいただいています。

依頼者の要望を最優先した方法で問題解決

着手金と報酬金の割合を調整して依頼者の負担を軽減

交通事故は通常の生活の中で、突然事故に巻き込まれて被害者となってしまいます。依頼者の方には一つひとつの事柄を丁寧に、理解がきちんと行き届くように説明することを常に心掛け、依頼者ご本人が何を望まれるかを最優先に考えます。示談交渉において、訴訟に移行する前に早めに解決したいという要望であれば、金額の優先度よりもスピードにこだわった解決方法を重視し、逆に納得のいく損害賠償額を受け取りたいという場合には徹底的に争います。

その際には、依頼者の金額的なコスト負担ができるだけ低くなるように心がけ、トータルでの費用ができるだけ安価になるよう工夫しています。着手金と報酬金の割合を臨機応変に調整するなど、柔軟な対応で費用の支払いについても負担の少ない方法を考えながら、相談いただきやすい環境を作るよう配慮しています。

保険会社から提示される金額は裁判を前提とした金額よりもはるかに低額なケースが多く、被害者が受けた損害が十分に反映されていない賠償額となっていることが多々あります。そうした疑問や実際のトラブルでお困りの方は、どうぞお気軽に相談にいらしてください。

難しい問題に対して特に燃える法律事務所

男性の外貌醜状の後遺障害において逸失利益を認定

男子学生が交通事故の被害者となって顔を負傷してしまい、外貌醜状の後遺障害によって逸失利益の認定を争ったケースがありました。外貌醜状は女性の場合は認められることが多いのですが、男性では難しい場合が多く、特に学生の場合であればなおさらです。しかし最近では男性であっても美意識の高まりは顕著で、たとえば男性化粧品も一般的に販売されるなど環境は様変わりしています。それは将来の職業においても同様であり、外貌の醜状によって内面的にも消極的になってビジネス上の商機を逸することも多いと裁判所に訴えていきました。その結果、逸失利益が認められ相応の賠償額を得ることができました。

またこれは一般的な交通事故の事例とは少し異なりますが、車の窃盗に遭った被害者の訴えに対して、保険会社は被害者による自作自演だと主張して、車両保険を払ってくれないという事案がありました。容疑者たる人物は別件で逮捕収監されていたのですが、私は名古屋の刑務所までその受刑者に会いに行き、自身の車両窃盗を認める文書に署名してもらい、裁判に証拠として提出したのです。複雑な要素の絡んだ事案でしたが、結局保険会社から車両保険の保険金は満額支払われることになりました。

私は難しい事件や、最初に否定的な見解が出されたような事案には非常に燃えるタイプです。理不尽さを感じて、何とか覆してやりたいという意欲が湧いてくるのです。困難な問題を解決した後に依頼者の笑顔を見ることができるのは私にとっても大きな喜びです。

交通事故問題を確実に解決に導くために

到達点に向かって足掛かりを一つひとつ築いていく

交通事故の問題において、客観的に証拠が乏しく、主張のみになるケースでは、数少ない証拠を足掛かりにいかに過去の裁判例や事故例に当てはめていけるかを意識していきます。到達点に向かって一つひとつの手掛かりや足掛かりを頼りに、動かしがたい事実を積み上げていくプロセスは、例えるなら壁や傾斜を登っていくボルダリングのようだと言えるかもしれません。

頂上を目指すときには、たとえ遠回りであっても、その道こそが到達点につながっている場合もあります。確かな客観的な証拠が豊富な時には真っ直ぐに登っていけますが、証拠が乏しい時には横に少し移動して、足場をきちんと作ってから登っていく。そうした道のりを、依頼者の方としっかりとコミュニケーションを取りながら進んでいきます。

鎌倉総合法律事務所からのアドバイス

保険会社の言い分を鵜呑みにせず、私たち専門家に相談を

些細な悩みと感じてしまい、「こんなことを弁護士に相談しても良いのだろうか」と二の足を踏まれる方もきっとおられることと思います。しかし交通事故の問題は、後になってから相談に来られても遅いということになる場合も多いのです。自分で勝手に決めてしまうのではなく、疑問や不安に思うことがあれば、遠慮なく相談してみてください。保険会社の言い分を決して鵜呑みにせずに、私たち専門家にぜひご連絡ください。

弁護士費用特約

コストの心配なく弁護士に問題解決を依頼することが可能

損害保険などにおいて弁護士費用特約に加入している場合には、自動車事故などの被害事故に関する損害賠償請求のために必要な弁護士費用や、弁護士などへの法律相談費用が保険会社から支払われます。原則として300万円までの費用については自身で負担する必要がありませんから、コストの心配なく弁護士に問題解決を依頼することができる利便性の高い特約ということができます。

所属弁護士

久保 豊 (くぼ ゆたか)

久保豊

登録番号 No.37587
所属弁護士会 横浜弁護士会

アクセス

神奈川県鎌倉市小町1-5-12

〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町1-5-12

事務所概要

事務所名 鎌倉総合法律事務所
代表者 久保 豊
住所 〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町1-5-12
受付時間 平日9:00~18:00
定休日 土曜・日曜・祝日
備考