神奈川東京本店との連携も! じっくり話を聞いて、親身に対応します

虎ノ門法律経済事務所 相模原支店

相談料初回無料 着手金0 報酬金回収額から
虎ノ門法律経済事務所 相模原支店

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 24H電話
  • 土日対応

料金体系

相談料初回完全無料・着手金0円
20万円+回収金額の10%
弁護士特約利用の場合は別基準

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「虎ノ門法律経済事務所 相模原支店」ご相談窓口

現在07:01。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

お電話での相談窓口【通話無料】0066-9687-7181
受付時間 平日9:00〜19:00 土曜10:00〜16:00

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

国内最大級の総合法律事務所が「相模原支店」を開設

豊富な解決事例をもとに、多様なトラブルを的確に処理

虎ノ門法律経済事務所は日本全国に21事務所(本店・支店)を展開する国内最大級の総合法律事務所です。創設から44年間にわたって幅広い分野の事件を取り扱い、豊富な解決事例とノウハウを蓄積してきました。そのため、交通事故の多種多様なトラブルに対して的確な処理が可能です。

私たち相模原支店が大切にしているのは、相談者のお話にじっくり耳を傾けることです。その心情を理解して、親身な対応に努めています。そして複雑で難易度の高い事案に対しても、経験豊富な東京本店の弁護士と連携して解決へ導きます。

JR相模原駅より徒歩3分。平日夜間や土曜日も相談できる

相模原支店(以下、当事務所)はJR横浜線・相模原駅より徒歩3分の駅前に位置しています。国道16号にも近く、交通アクセスが良好。相模原市はもちろん、大和市、海老名市、厚木市、愛川町などの周辺地域に在住・勤務されている方からの相談にも対応しています。

また、当事務所は、原則として、交通事故の初回相談料・着手金を無料にしています(なお、後記の「自己負担なしで弁護士を活用できる「弁護士費用特約」」をご参照ください。)。わかりやすく丁寧な説明を心がけていますので、お気軽にご相談ください。仕事などで忙しい方のために、平日夜間や土曜日の相談にも対応しています(要予約)。

治療期間中におさえておきたいポイント

医師の指導にしたがって定期的に病院へ通う

当事務所は依頼者が治療中の段階から、さまざまなアドバイスを提供しています。たとえば、定期的に病院へ通うことは極めて重要。仕事が忙しいからといって必要な通院をおこたると、ケガが治りづらくなるだけでなく、慰謝料の算定などで損をしてしまいます。

また、夜間でも営業していることなどから、整骨院(接骨院)に通う方も多く見受けられます。整骨院での施術により症状が改善したという方も多数いらっしゃいます。ただ、整骨院にだけ通うことは望ましくありません。整骨院の施術者は、医師ではなく、診断書を作成することができず、また、MRIなどの必要な医学検査をおこなうこともできません。そのため、治療費の支払に関する交渉や、後遺障害の認定において不利になることがあります。整骨院に通う場合は、整形外科に通いながら医師の指導に従うことが望ましいです。

弁護士の交渉によって、治療費の支払い期間が延びるケースも

事故によるケガの治療費は相手方の保険会社が支払うため、数ヵ月経つと治療の打ち切りを求められることがあります。でも治療を終える時期を判断するのは、保険会社ではなく医師のはずです。

そこで当事務所は、事案に応じて、依頼者の主治医と面談し、治療継続の必要性を確認することも行います。その面談の結果を、報告書に記載するなどし、治療費の支払いを継続するよう保険会社に求めます。弁護士が交渉した場合、1~2ヵ月ほど治療費の支払い期間が延びるケースがあります。

保険会社が示す過失割合は正しい?

過失割合に影響する要素の有無を確認

多くの交通事故では被害者にもなんらかの過失があり、損害賠償金が減額されます。たとえば被害者に3割の過失があると、賠償額も3割減るわけです。これを「過失相殺」といいます。

ただし、保険会社が示す過失割合が正しいとは限りません。夜間や幹線道路の事故、わき見運転や速度違反など、過失割合に影響する要素が見過ごされている可能性があります。当事務所は依頼者の事実認識や刑事記録などを確認し、適正な過失割合を算定。場合によっては裁判で争います。

適正な損害賠償金を得るためには

弁護士会基準にそった損害賠償を求める

交通事故の損害賠償金を算定する基準は3種類もあります。金額の低いものから順に「自賠責保険基準」「任意保険基準」「弁護士会(裁判所)基準」。このなかで低い基準を相手方の保険会社は使ってきます。

保険会社が「これ以上の金額は出せない」と伝えてきても、それは「弁護士会(裁判所)基準」ではなく、「任意保険基準の上限額」と意味します。弁護士は、弁護士会基準を基礎とした賠償金を得られるよう交渉や裁判を行います。

事実関係に争いがなければ、裁判よりも交渉を優先

特に慰謝料の基準に大きな差があるので、人身事故の場合は大幅な増額が期待できる場合が多くあります(物損事故では慰謝料を請求できません)。当事務所は依頼を受ける前に、損害賠償金の増額見込みを丁寧に伝えます。

なお、過失割合などの事実関係に争いがなければ、裁判よりも示談交渉のほうがおすすめです。裁判は最短でも6ヵ月以上かかりますが、示談交渉は約1~2ヵ月で決着することが多く、裁判になると相手方も弁護士を立てるので(交渉段階から弁護士を立てるケースもあります。)、新たな争点が生まれる可能性もあります。

虎ノ門法律経済事務所・相模原支店からのアドバイス

ネット上の情報は一般論。具体的な事情を含めて弁護士に相談

インターネット上には交通事故に関する情報があふれています。一般論としては正しい内容もありますが、あなたのケースにあてはまるとは限りません。具体的な事情によって適切な対応は異なるので、法律の専門家からアドバイスを受けたほうがいいでしょう。

そして、相手方の保険会社の対応にストレスを感じている場合は、早期に弁護士に依頼することをおすすめします。弁護士が依頼者の代理人として保険会社に対応するため、精神的負担が軽くなると思います。相模原市および周辺地域の方は、まず当事務所の無料法律相談を活用してください。

自己負担なしで弁護士を活用できる「弁護士費用特約」

保険証券や約款を持参すれば、弁護士が保険の契約内容を確認

加入している自動車保険に「弁護士費用特約」がついていれば、保険会社に弁護士費用を負担してもらえます。ほとんどの事故は補償限度額(一般的に300万円)の範囲に収まるため、実質的な自己負担なしで弁護士を活用できるでしょう。なお、家族が加入している保険の特約が使えるケースもあります。

また「自動車保険」とひとくちに言っても、その組み合わせはさまざまです。後遺障害の有無や相手方の保険加入状況などによって有効な保険(搭乗者傷害保険、人身傷害保険、無保険車傷害保険など)は異なるので、必ず契約内容を確認してください。保険証券や約款を当事務所にご持参いただければ、保険の使い方をアドバイスすることも可能です。

所属弁護士

原田 裕也(はらだ ゆうや)

原田 裕也
登録番号 No.49448
所属弁護士会 神奈川県弁護士会

アクセス

JR横浜線 相模原駅 徒歩3分

〒252-0231 神奈川県相模原市中央区相模原四丁目3番17号 相模原TOBビル6階

〒252-0231 神奈川県相模原市中央区相模原四丁目3番17号 相模原TOBビル6階

事務所概要

事務所名 虎ノ門法律経済事務所 相模原支店
代表者 原田 裕也
住所 〒252-0231 神奈川県相模原市中央区相模原四丁目3番17号 相模原TOBビル6階
電話番号 0066-9687-7181
受付時間 平日9:00〜19:00 土曜10:00〜16:00
定休日 日祝
備考 予約をいただければ、平日夜間や土曜日の相談にも対応しています。
虎ノ門法律経済事務所 相模原支店
虎ノ門法律経済事務所 相模原支店
スマホ・携帯からも無料通話
0066-9687-7181
受付時間
平日9:00〜19:00 土曜10:00〜16:00

現在07:01。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒252-0231 神奈川県相模原市中央区相模原四丁目3番17号 相模原TOBビル6階
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP