三重県依頼者の納得と満足を目指し 適正な損害賠償の増額に努めます!

八町綜合法律事務所

相談料初回無料 着手金0 報酬金回収額から
八町綜合法律事務所

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 夜間対応
  • 土日対応

料金体系

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「八町綜合法律事務所」ご相談窓口

現在02:31。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

お電話での相談窓口【通話無料】準備中
受付時間 平日 10:00〜18:00

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

津市八町の地域密着型の法律事務所

津新町駅から徒歩5分、お客様用駐車場も完備

「八町綜合法律事務所」は三重県津市八町に開設した、地域密着を重視した事務所です。三重県桑名市出身の弁護士・中須賀友亮が、確かな経験を活かして相談者の皆様に親身に対応。当事務所はアクセスも便利で津新町駅から徒歩5分、またお客様用の駐車場もありますので車でのご来所も安心です。

交通事故を弁護士に相談するメリットは?

ほとんどのケースで最終的な損害賠償額が上がる

これまで交通事故の事案は数多く手がけ、軽微な物損事故から、死亡事故や重い後遺症が残る事故まで、依頼者の納得を得るための幅広い事故対応を重ねてきました。

交通事故を弁護士に相談してもらうメリットは、ひとつは最終的な損害賠償額が上がること、そして保険会社の対応にわずらわしさを感じたときなど、交渉をすべて当職で引き受けることによってストレスを軽減できる点にあります。その意味でも、交通事故後の弁護士への相談は早いほうが良いと言えるでしょう。

通院や治療に関する法的なアドバイスを提供

たとえば事故によるケガで通院した場合には、相手方の保険会社から「通院慰謝料」が支払われますが、中には仕事で忙しいからと痛みを我慢して通院を先延ばしにしてしまう方がおられます。それではケガが治りづらくなるだけでなく、事故との因果関係を否定されることにもなり、そうした補償を十分に得られなくなる恐れがあるのです。

適切な通院頻度や治療を受ける際の注意点など、当事務所は損害賠償の範囲や考え方を説明し、通院に関する法的なアドバイスを提供していますので、どうぞ早めにご相談ください。

治療費の打ち切り通告があったら…

医師の意見を確認のうえ、治療継続を保険会社と交渉

事故から数ヵ月が経過すると、保険会社が治療の打ち切りを求めてくるケースが少なくありません。しかし被害者側にとっては必ずしも適切な時期とはいえず、まだ治療を継続したほうがいい場合が多々あるのです。当事務所では、医師の意見を確認のうえ、依頼者の治療継続を保険会社と交渉。その結果、1~2ヵ月ほど治療期間が延長される可能性もあります。

ただ実際には、保険会社は治療費を打ち切りにしてしまうことも多いため、もし主治医が「治療を継続すべき」と考えているならば、ケガを治すことを優先して、健康保険を使って自費で通院を続けたほうがいいでしょう。治療が終わった後、損害賠償と一緒に治療費を請求することで、最終的に治療費が支払われる可能性は高いといえます。

後遺障害の認定が損害賠償額に直結

医師が作成する「後遺障害診断書」の記載内容がカギ

交通事故の「後遺障害」とは、ケガが治った後でも身体に残っている障害のことをいい、その程度によって1~14級の等級で示されます。後遺障害の認定の有無と等級によって損害賠償額が大きく変わりますので、適正な認定を得ることは非常に重要になります。

そのためには、医師の作成する「後遺障害診断書」において、後遺症の症状を詳細に記載してもらうことが欠かせません。ただ、医師の中には交通事故の後遺障害に対する知識に乏しく、どのような症状が該当するのかを把握していない人も見受けられます。

出された診断書の中身を弁護士がチェックすることも

たとえば、事故によって顔などに傷痕が残ってしまった状態を「外貌醜状」といいますが、これが後遺障害にあたることを認識しておらず、その部分の記載が診断書にまったく為されていなかったケースもありました。出された診断書の中身を弁護士がチェックすることによって、被害者に不利な状況になることを防げますので早めにご相談ください。

後遺障害慰謝料や後遺障害逸失利益のほか、事故によって発生した休業損害も含め、保険会社からの損害賠償の提示が十分でない場合には、当事務所が訴訟も含めて妥協なく取り組みます。示談提示の中身をすぐに鵜呑みにするのではなく、ぜひ一度弁護士に確認してみることをおすすめします。

過失割合に納得がいかなければ要相談!

依頼者の主張に応じた立証活動に力を尽くす

交通事故ではふつう、被害者にもなんらかの不注意や過失があったと判断されることは多く、事故当事者の過失の度合いを「過失割合」という数字で表します。過失割合は損害賠償額に大きく関わり、たとえば被害者に3割の過失があると、賠償額も3割減ることになるわけです。

もしも保険会社から提示された割合に納得できなければ、ぜひ弁護士に相談してください。保険会社が提示する過失割合は必ずしも適正ではなく、個別の事故状況を考慮すべきなのに、類型化された基本パターンだけで判断している場合が少なくないのです。

当事務所では警察から実況見分調書を取り寄せ、必要に応じて積極的に現場に出向き、事故態様を細かく確認。依頼者の主張に応じた立証活動に力を尽くし、正当な過失割合を粘り強く主張します。

八町綜合法律事務所からのアドバイス

ケガの補償は「人身傷害保険」の利用もお忘れなく

交通事故に遭ってケガをしてしまい、自分に大きな過失があるようなケースでも、ご自身が加入する「人身傷害保険」を利用することで大きな補償を得ることができます。当職はこれまで多数の交通事故事件を取り扱ってきた経験から、損害賠償を最大化させるためのさまざまなノウハウを有していますのでお任せいただければ幸いです。

当事務所では、交通事故のご相談は初回相談料30分無料でお受けしています。特に人身事故の場合は、弁護士に相談いただくことによって、ほとんどのケースで賠償額の増額を得ることができますから、事故後はどうぞ早めにご連絡ください。

弁護士費用特約

費用負担の心配なく弁護士に問題解決を依頼できる

弁護士費用特約は、被害者の自動車保険に付帯されている補償で、保険によって弁護士費用がまかなわれる特約のことをいいます。弁護士費用特約が付帯されていれば、弁護士費用の心配をすることなく、弁護士に法律相談や事件の委任をすることができます。

ほとんどの保険会社では、弁護士費用担保特約を利用しても等級に影響しない事故として扱われますので、ご自身の保険料が上がる心配もありません。最近の自動車保険には弁護士費用特約が付帯されていることが多くありますから、事故に遭われた場合には、弁護士費用特約の有無を確認されるようおすすめします。

所属弁護士

中須賀 友亮(なかすか ゆうすけ)

中須賀 友亮
登録番号 No.44988
所属弁護士会 三重弁護士会

アクセス

津新町駅から徒歩5分
駐車場有

三重県津市八町2-7-15

〒514-0041 三重県津市八町2-7-15

事務所概要

事務所名 八町綜合法律事務所
代表者 中須賀 友亮
住所 〒514-0041 三重県津市八町2-7-15
電話番号 準備中
受付時間 平日 10:00〜18:00
定休日 土日祝日
備考
八町綜合法律事務所
八町綜合法律事務所
スマホ・携帯からも無料通話
準備中
受付時間
平日 10:00〜18:00

現在02:31。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒514-0041 三重県津市八町2-7-15
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP