慰謝料・後遺障害・過失割合… 納得のいく賠償の獲得を目指します

古川駅前法律事務所

相談料
初回30分無料
着手金
11万円~
成功報酬
11万円~
夜間相談
-
土日対応
-
  • 古川駅前法律事務所
  • 古川駅前法律事務所サムネイル
住所 〒989-6115 宮城県大崎市古川駅東2-1-5 柳川駅前ビル203
アクセス方法 東北新幹線、陸羽東線 古川駅より徒歩3分
  • 無料相談可能
  • 弁護士費用特約
取り扱い可能な事案
  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 後払い可
メール受付はこちら

古川駅前法律事務所の強みと特徴

大崎市古川の地域に根差した法律事務所

事故やケガの状況などをじっくりヒアリング

大崎市古川にある「古川駅前法律事務所」の代表弁護士・中尾健一です。これまで地域に根差した弁護士としての活動を重視し、皆さまのお困り事や法律相談を多数お受けしてきました。様々なトラブルやお悩みがありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

当事務所では、事前に予約をいただければ、平日夜間、土日祝日のご相談も可能で、初回のご相談は30分無料で承っております。いつでも遠慮なくご連絡をいただければ幸いです。

これまで交通事故のご相談は数多くお受けしており、特に事故被害者の方からのご依頼案件を多数経験しています。相談の際には、まずは事故の内容やケガの治療の状況などをじっくりとお聴きしつつ、気持ちに寄り添うところから始めます。

交通事故を弁護士に相談するメリットは?

保険会社への対応は任せて治療に専念できる

事故に遭うと相手側(加害者側)の保険会社から連絡が入り、補償についての話が始まることになります。事故でケガを負って治療中にもかかわらず、保険会社の担当者の中には労りの言葉の一つもかけない人がいるなど、対応にストレスを感じさせられるケースも少なくありません。

その点、弁護士にご依頼をいただければ、保険会社への対応はすべて弁護士が代行しますので、ご自身はわずらわしさやストレスから解放されて安心して治療に専念できます。

賠償額は当初の提示よりも上がる場合がほとんど

また、交通事故の損害賠償金には、複数の算定基準があることを皆さんはご存知でしょうか。金額が低いものから順に「自賠責保険基準」「任意保険基準」「裁判基準」の3つが挙げられ、相手方の保険会社は金額を抑えるために、自賠責保険基準や任意保険基準で算出した低い賠償額(示談額)を提示してくるのが普通です。

被害者から依頼を受けた弁護士は、本来の基準である裁判基準で損害賠償額を請求しますから、結果的に当初の提示額よりも上がる場合がほとんどです。知らず知らずのうちに損をしないためにも、すぐに示談書へサインせず、弁護士へ相談されることをおすすめします。

治療費の打ち切りを通告されたら…

主治医に治療状況を確認の上、延長を交渉

弁護士へのご依頼は、保険会社と示談さえしていなければ、どのタイミングでもメリットが得られます。なかでも、事故に遭ったあとはできるだけ早い時期に相談・ご依頼をいただくことが望ましいでしょう。

たとえばケガの治療が始まって数カ月が経つと、保険会社が治療の打ち切りを求めてくる場合があります。一方でまだ痛みを感じるなど、治療の継続が必要なケースがあります。そうしたときは、当事務所では主治医の意見を確認のうえ、治療継続を保険会社と交渉いたします。その結果、実際に治療期間が延長されたケースがあります。

ほかにも、事故後にどのような治療や検査を受けているかが、得られる賠償額に影響が生じることは多くあります。治療の欠落期間が生じていたりすると、あとになって事故と後遺症との因果関係を否定されてしまうこともあるのです。治療中の段階から一度相談をいただき、弁護士のアドバイスやサポートをお受けになることをおすすめいたします。

「後遺障害」の認定サポートもご提供

適正な認定には診断書への十分な記載が不可欠

もし、ケガの後遺症が残ったときには、交通事故の損害賠償における「後遺障害」の認定手続きを行う必要があります。これは後遺症の症状や状態について、認定機関が定める条件を満たすときに、1~14級の等級別に認定されるもの。後遺障害の有無や等級は損害賠償額に大きな影響を与えることから、適正な認定を受けることが非常に重要です。

そして、後遺障害で正しい等級認定を受けるためには、医師が作成する「後遺障害診断書」を詳細に記載してもらうことが欠かせません。当事務所では、診断書の記載内容が不十分なものにならないよう、依頼者を通じて医師にその旨を依頼します。そのほか、後遺症の症状に見合った適切な後遺障害等級が得られるよう丁寧にサポートしてまいります。

「過失割合」も提示を鵜呑みにしてはダメ

事故現場を精査し、適正な過失割合を主張

そのほか、損害賠償額を大きく左右するものに、事故の「過失割合」があります。交通事故では加害者に100%の責任が認められるケースは少なく、被害者にもなんらかの不注意や過失があったと判断されます。お互いの過失の度合いを示すのが過失割合で、たとえば被害者に3割の過失があると、賠償額も3割減ることになるわけです。

保険会社が提示する過失割合は、必ずしも適正でないことがあるため、注意が必要です。個別の事故状況を見ることなく、類型化された基本パターンだけで判断している場合があり、そのまま鵜呑みにすべきでないことが少なくないのです。

もしも提示された割合に納得できなければ、弁護士へ相談してください。当事務所はできるだけ事故現場を訪れ、警察から実況見分調書を取り寄せるなどで当時の状況を確認。こちらが有利になる証拠を探しつつ、立証の材料をつくってまいります。

古川駅前法律事務所からのアドバイス

納得のいく賠償内容に変えていけるよう尽力します

事故の被害者となってしまうと、比較的軽微なケガであっても、仕事や家事への支障が生じるなど、それまでの生活が変わってしまうことが多くあります。だからこそ適切な補償を受けることが大切なのですが、相手方の保険会社はそれを十分に行ってくれないことがあるのです。

被害者の方に納得してもらえるよう、事故後の賠償額を正当なものに変えていくのが私たち弁護士の役割です。最終的な示談額について、弁護士に依頼をいただくことで適正な金額を得ることができますので、まずはできるだけ早くご相談いただくことをおすすめします。

弁護士費用特約

保険会社が弁護士費用を負担してくれる特約

加入している損害保険に弁護士費用特約がついていれば、保険会社に弁護士費用を負担してもらえます。ほとんどの場合は補償上限額(一般的に300万円)の範囲に収まるため、実質的な自己負担なしで弁護士に依頼できるでしょう。

所属弁護士

中尾 健一(なかお けんいち)

登録番号 No.42517
所属弁護士会 仙台弁護士会

弁護士費用

相談料

初回30分無料
その後30分あたり5,500円

着手金

11万円~

報酬金

11万円~

※上記は税込み価格です。

アクセス

宮城県大崎市古川駅東2-1-5 柳川駅前ビル203

〒989-6115 宮城県大崎市古川駅東2-1-5 柳川駅前ビル203

事務所概要

事務所名 古川駅前法律事務所
代表者 中尾 健一
住所 〒989-6115 宮城県大崎市古川駅東2-1-5 柳川駅前ビル203
電話番号 050-5385-1825
受付時間 平日 9:00〜17:30
定休日 土日祝
備考 夜間・土日は事前予約の方のみの対応となります。
メール受付はこちら

その他の宮城県の交通事故に強い弁護士