長野県交通事故対応の豊富な経験を基に 納得のいく成果にこだわります

清水小池法律事務所

相談料初回無料 着手金0 報酬金回収額から
清水小池法律事務所清水小池法律事務所サムネイル0清水小池法律事務所サムネイル1

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 夜間対応
  • 土日対応

料金体系

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「清水小池法律事務所」ご相談窓口

現在19:30。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

お電話での相談窓口【通話無料】 準備中
受付時間 平日 9:00〜17:30

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

地元に根差した活動を重視する事務所

交通事故の経験豊富な弁護士が親身に対応

長野県上田市の「清水小池法律事務所」は、地元に根差した活動を重視する親しみやすい弁護士事務所です。当事務所の弁護士・清水智弥は前職で、複数の保険会社と提携する法律事務所に勤務弁護士として在籍し、交通事故の案件を数多く経験してきました。

当事務所では依頼者の方に弁護士を身近に感じていただけるよう、法律用語をできるだけ使わず、丁寧で分かりやすいご説明を心がけています。地元密着型の弁護士として、多くの交通事故案件に携わってきましたので、安心して相談いただけると思います。

交通事故を弁護士に相談するメリットとは?

保険会社の提示額よりも上がるケースがほとんど

交通事故に遭った際、弁護士に保険会社との交渉を依頼いただくメリットは多々あります。ひとつは、最終的に適正な損害賠償を得られることです。保険会社は多くの場合、自社の支払い額を抑えるために、本来の賠償額よりも低い基準で示談額を提示してきます。

弁護士は過去の裁判例をもとにした、被害者が得られる本来の「裁判基準」で賠償額を請求しますから、結果的に保険会社の提示よりも上がるケースがほとんどなのです。

保険会社へのわずらわしい対応はすべてお任せ

また事故後に相手方の保険会社から連絡が入り、補償の手続きや交渉がスタートするわけですが、保険会社の担当者の誠意のない対応によって、被害者の方が大きなストレスを感じることが少なくありません。

その点、弁護士に依頼されると、保険会社とのわずらわしい対応や交渉はすべてお任せいただけますので、ご負担が一気に軽減されます。交通事故の専門的な知識についても依頼者の方にご提供しながら、納得のいく示談交渉を行っていくことができます。

交通事故に遭われたら、できるだけ早く相談を

適正な賠償につながる有意義なアドバイスをご提供

むち打ちなどの症状で、後遺症が残るような心配がある場合にはとくに、当初の治療段階から「どのような通院治療を行っていたか」が重要になります。痛みがあるのに通院しなかったり、適切な検査を受けないでいたりすると、正しい「後遺障害」の補償が受けられないことや、通常の通院慰謝料も十分に得られない事態につながってしまうのです。

また、通院している医療機関の医師が、交通事故のケガに対する知識や理解、また親身な対応をしてくれないような場合には、早めに別の医療機関にチェンジすることを考えたほうがいいケースもあり得ます。事故後の早期に相談をいただければ、こうしたデメリットが生じないよう、当事務所の弁護士から適切なアドバイスをご提供できます。

そして物損・人身事故にかかわらず、過失割合に争いが生じるようなときには、ご自身に有利な証拠を集める必要が生じます。防犯カメラや監視カメラに事故の様子が映っているようなケースが期待できる一方で、事故直後でなければ映像が残っていない場合もあるのです。事故に遭ってしまったら、まずは一度早めに弁護士にご相談ください。

治療費の打ち切りを伝えられたら…

治療が必要かどうかを決めるのは医師であるはず

治療が一定期間進むと、保険会社が治療費の打ち切りを伝えてくる場合があります。まだ痛みがあり、ご本人は治療の継続を望んでいるにもかかわらず、一方的に通告してくるケースも少なくありません。

しかし、治療が必要かどうかを決めるのは保険会社でなく、主治医の判断に因るものであるはずです。当事務所では医師に治療継続の必要性を確認し、保険会社に治療費の延長を依頼します。それによって1~2カ月の延長を得られるケースも多々あるのです。

「後遺障害」の適正な認定を得るために

被害者請求にこだわり、納得のいく成果をめざす

治療したものの、ケガの後遺症が残ってしまった場合には、「後遺障害」の認定を受けるための手続きが必要です。その方法には、相手方の保険会社に任せる「事前認定」と、被害者側で行う「被害者請求」という2つの方法がありますが、当事務所では基本的に被害者請求による手続きを行っています。

後遺障害で適正な等級認定(1~14級)を得るためには、医師による後遺障害診断書の記載内容のほかに、等級に該当することを示すための資料をどれだけそろえられるかが重要です。被害者請求の場合には、弁護士がサポートするなかで、そうした添付資料の充実をはかることができるため、依頼者の方にとって納得度の高い結果を得られやすいのです。

たとえば事故に関する刑事記録を添付したり、依頼者ご自身の陳述書を付けて、後遺症で日常生活にどのような不便が生じているかを主張することもあります。もちろん、後遺障害診断書の記載内容についての留意点を、依頼者を通じて医師に進言するなど、医学的な見地での申請内容の充実もはかります。

非該当からの「異議申し立て」にも確かな実績

当事務所では、保険会社による事前認定で非該当になってしまった事案について相談をいただき、「異議申し立て」によって認定を得た例も有しています。後遺障害の適正な等級を得ることは、損害賠償に大きな影響を与えるものですので、実績豊富な事務所に依頼されることをおすすめします。当事務所では、過去に14級・12級のむち打ち事案はもちろん、異議申し立てによる7級認定の案件を手掛けた例もありますのでご相談ください。

清水小池法律事務所からのメッセージ

休業損害や過失割合にも細かなサポートをご提供

後遺障害認定のほかにも、休業損害の金額や過失割合について納得のいかないケースがあると思います。自営業者や主婦の方の休損の算定、また現場に足を運んで細かな証拠を集めて適切な過失割合を導くなど、細かな対応で適正な補償を得られるようサポートします。

そして当事務所の弁護士は、過去に保険会社の事故事案を多数手がけた経験があることから、どのような交渉をすれば、適正な賠償額の獲得につながるかをよく知っていることが強みです。これまでの確かな経験を活かした交渉ノウハウで、依頼者の方のストレスを無くし、納得いただける解決をめざして力を尽くしますのでいつでも気軽にご相談ください。

弁護士費用特約

補償上限額の範囲で保険会社が弁護士費用を負担

加入している損害保険に弁護士費用特約がついていれば、保険会社に弁護士費用を負担してもらえます。ほとんどの場合は補償上限額(一般的に300万円)の範囲に収まるため、実質的な自己負担なしで弁護士に依頼できるといえるでしょう。

所属弁護士

清水 智弥(しみず ともや)

清水 智弥
登録番号 No.46427
所属弁護士会 長野県弁護士会

アクセス

上田駅から徒歩20分(駐車場あります)

長野県上田市中央6-11-19 2階

〒386-0012 長野県上田市中央6-11-19 2階

事務所概要

事務所名 清水小池法律事務所
代表者 清水 智弥
住所 〒386-0012 長野県上田市中央6-11-19 2階
電話番号 準備中
受付時間 平日 9:00〜17:30
定休日 土日祝
備考
清水小池法律事務所
清水小池法律事務所
スマホ・携帯からも無料通話
準備中
受付時間
平日 9:00〜17:30

現在19:30。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒386-0012 長野県上田市中央6-11-19 2階
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP