新潟県アットホームな事務所が 依頼者の要望に沿った解決をめざします

佐藤尚志法律事務所

相談料初回無料 着手金0 報酬金回収額から
佐藤尚志法律事務所佐藤尚志法律事務所サムネイル0佐藤尚志法律事務所サムネイル1

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 夜間対応
  • 土日対応

料金体系

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「佐藤尚志法律事務所」ご相談窓口

現在10:02です。お気軽にお電話ください。

お電話での相談窓口【通話無料】 準備中
受付時間 平日 10:00〜18:00

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

地元長岡出身の親しみやすい弁護士

依頼者の満足&納得をめざして丁寧に対応

「佐藤尚志法律事務所」は長岡市に平成26年に開設した弁護士事務所で、これまで多くの交通事故事件を扱ってきました。確かな経験をもとに、保険会社との示談交渉はもちろん、後遺障害等級認定や損害賠償請求など、交通事故のあらゆる問題について納得の解決が得られるよう努めています。

事務所はJR長岡駅から徒歩5分の便利な場所にあり、お車の場合には無料駐車場がご利用いただけます。親しみやすくアットホームな雰囲気で、依頼者の方に満足してもらえるよう丁寧に対応いたしますのでぜひご相談ください。

話をしっかり聞くことからスタート

被害者の不安を取り除くために親身にサポート

相談の際には、まずは相談者の話をしっかりとお聞きすることから始めます。事故に遭ってケガをされ、気持ちとしても沈んでおられる方が少なくありませんから、思いに寄り添い、心情を理解できるよう話をうかがっていきます。

交通事故に遭うことはそう起こることではありませんので、事故の被害に遭った多くの方は、初めての経験であるのがほとんどです。それだけに、今後どのような手続きや対応が必要になのかが分からず、不安な思いを抱く被害者の方は少なくないのです。

弁護士として、今後について不安を覚えておられる方に適切なアドバイスをご提供します。弁護士に依頼をいただくことで損害賠償の増額になる仕組みや、そのために留意すべき点などを早めに教えてあげられる点はきっとメリットだと思います。

保険会社の示談額はなぜ低い?

支払額を抑えるために自社の基準で賠償額を算出

保険会社は賠償額を提示する際に、自社の支払額をできるだけ抑えるために、本来の「裁判基準」よりもかなり低い、「任意保険基準」で金額を提示してきます。その点、弁護士に依頼をいただくと、裁判基準による適正な額で請求しますから、結果的に損害賠償額は大きく増額させることができるのです。

そうした本来の賠償額を手にしていただくためにも、事故のあとは早い段階で当事務所に相談をいただくことをおすすめします。今後の手続きの流れや事故後の対応に関する疑問の解決や、適切な治療に関する助言など、依頼をいただく・いただかないに関わらず、ご本人にとって有益なアドバイスをご提供いたします。

事故のあとは弁護士に早めに相談すべき

治療段階からのアドバイスが適正な賠償につながる

交通事故の損害賠償は、とくに後遺症が残ってしまったような時には、事故の後どのような治療を受けていたかが問題になるケースがあり得ます。治療の欠落期間があったり、痛みをきちんと医師に申告していなかったり、レントゲンやMRIなど適切な検査を受けていないと、後になってケガと事故との因果関係を疑われてしまうことになりかねないのです。

ケガの状況に見合った正しい損害賠償額を得ていただくためにも、早期に弁護士に相談をいただき、専門的なアドバイスを受けられることをおすすめします。

治療費の打ち切りにも的確に対応

事故から数ヵ月が経つと、保険会社が治療の打ち切りを求めてくる場合がありますが、必ずしも適切な時期とは限りません。当事務所は医師の意見を確認のうえ、依頼者の治療継続を保険会社と交渉します。

もし主治医が「治療を継続すべき」と考えているならば、健康保険を使って通院を続けておくことも考えます。治療が終わった後に費用を請求すると、相手方の保険会社から治療費が支払われる可能性が高いからです。早期に相談・依頼をいただくと、こうした局面でも効果的な対応ができますので、ぜひ早めにご相談ください。

「後遺障害」の認定が賠償額を左右する

非該当後の「異議申し立て」にも積極的に対応

交通事故の損害賠償には「後遺障害」という概念があり、ケガが治った後でも身体に残っている障害(後遺症)のなかで、認定機関が定める条件を満たすものについて認められます。

この後遺障害の有無や等級は損害賠償額に大きな影響を与えるため、適切な認定を受けることが非常に重要です。当事務所では、適切な認定を得るために通院段階から専門的アドバイスをご提供。また保険会社に任せていたものの「非該当」となり、納得がいかずに相談に来られる例も多数お受けしてきました。

その場合には、「異議申し立て」という手続きによって、適正な認定をめざして当事務所で申請の手続きを行います。後遺障害診断書の記載内容の充実をはかることや、認定の確度を高めるための資料の添付を行うなど、後遺症の内容にふさわしい認定が得られるよう親身にサポートいたします。

「過失割合」に納得がいかなければ…?

過失割合の精査に豊富な経験をもつ弁護士

事故の「過失割合」も損害賠償額に大きく関わります。たとえば被害者に3割の過失があると賠償額も3割減るなど、過失の数字は金額にダイレクトに跳ね返りますから、適正な過失割合であることはとても重要なのです。

もしも保険会社から提示された割合に納得できなければ、弁護士に相談してください。当事務所の弁護士は、弁護士会の示談あっせん員も担っており、過失割合の精査には豊富な経験を有しています。

保険会社が提示する過失割合には、現場の見通しや速度の超過、交通量の多さなど、個別の事情や修正要素が考慮されていない可能性があります。当職は必要に応じて積極的に事故現場を調査し、車の損傷箇所の位置や度合いなどを精査して、正当な過失割合の算出に努めます。

佐藤尚志法律事務所からのメッセージ

依頼者の方の要望に沿った解決をめざします

当事務所では、何よりも依頼者の方の要望に沿った解決をめざすことを重要視しています。時間をかけずに解決に導くのか、賠償額にとことんこだわった解決を望まれるのか。それによって交渉のスタンスは変わってきますし、訴訟に打って出るかどうかも検討しながら対応していきます。

依頼者の方の気持ちに寄り添い、弁護士に相談をいただくことによって、辛いお気持ちが少しでも軽くなるようなサポートをしたいと考えています。交通事故の相談は、弁護士に相談されることでほとんどの場合で状況は良いものになります。事故後のいつでも結構です。相談したいと思われたときに気軽にお越しいただければ幸いです。

弁護士費用特約

保険会社に弁護士費用を負担してもらえる特約制度

加入している自動車保険などに「弁護士費用特約」がついていれば、保険会社に弁護士費用を負担してもらえます。ほとんどの事案は補償上限額の範囲に収まるので、自己負担なしで弁護士に依頼できる便利な特約制度です。

所属弁護士

佐藤 尚志(さとう たかし)

佐藤 尚志
登録番号 No.42535
所属弁護士会 新潟県弁護士会

アクセス

JR長岡駅から徒歩5分

新潟県長岡市弓町2丁目4番29号 駅東ビル2階

〒940-0047 新潟県長岡市弓町2丁目4番29号 駅東ビル2階

事務所概要

事務所名 佐藤尚志法律事務所
代表者 佐藤 尚志
住所 〒940-0047 新潟県長岡市弓町2丁目4番29号 駅東ビル2階
電話番号 準備中
受付時間 平日 10:00〜18:00
定休日 土日祝日
備考
佐藤尚志法律事務所
佐藤尚志法律事務所
スマホ・携帯からも無料通話
準備中
受付時間
平日 10:00〜18:00

現在10:02です。お気軽にお電話ください。

住所
〒940-0047 新潟県長岡市弓町2丁目4番29号 駅東ビル2階
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP