大分県増額実績多数(解決実績をご参照ください)

深田法律事務所

相談料0 着手金0 報酬金回収額から
深田法律事務所深田法律事務所サムネイル0深田法律事務所サムネイル1深田法律事務所サムネイル2

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 夜間対応
  • 土日対応

料金体系

相談料・着手金:完全無料
報酬金:「賠償金の10%+20万円」または「提示額から増えた額の20%」(選択可)
弁護士費用特約がある場合は実質無料

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

解決実績を見る

「深田法律事務所」ご相談窓口

現在09:35です。お気軽にお電話ください。

お電話での相談窓口【通話無料】0066-9687-7857
受付時間 毎日8:00~20:00(祝日除く)

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

解決実績

後遺障害等級が10級から9級に上がり、賠償金が3倍(1258万円→3940万円)になったケース

解決実績ケース1
事故状況 バイクで交差点を直進中に右折車と衝突
受傷部位 左股関節脱臼骨折(人工股関節置換術)
後遺障害等級 10級(ご依頼前)→9級(ご依頼後)
ご依頼前 保険会社の提示が約1258万円
ご依頼後 約3940万円に増額しました
深田法律事務所の対応

ご相談者様は、人工股関節挿入によって「股関節の動きが悪くなった」として後遺障害等級10級が認定されましたが、脚が短くなったことについては、人工股関節置換に伴うものであるとして、別途後遺障害は認められず、保険会社の賠償金の提示額は1258万7898円でした。

ご依頼を受けた後、深田法律事務所は、脚が短くなった(13級)という後遺障害も認められるべきであり、10級と13級を併合して9級が認定されるべきとの裁判をし、以下の主張をしました。

① 身体の部位だけではなく、「機能」を重視すべきである。例えば、両眼の視力が0.6以下となり(9級)、かつ、片方の眼のピントが合わなくなった(12級)ときは、これら9級と12級を併合して8級が認定されている。

② 本件では、左の股関節について、人工股関節挿入による脱臼リスク等だけでなく、下肢短縮による厚底靴等の必要という2つの「機能」の障害が生じている。

③ 後遺障害等級は、2つの障害が「通常」派生する関係にある場合、1つの後遺障害等級しか認めないとされている。しかし、そもそも人工股関節には左右の脚の長さの違いを整える機能・目的があるのだから、人工股関節を挿入することによって下肢短縮が「通常」派生することはない。

当事務所が医師の意見書や医学文献等を証拠提出して、上記の主張を行った結果、裁判所は9級を認定する判決をし、その賠償金は3940万475円になりました。

人身傷害補償保険金が541万円から2倍の1102万円に増額されたケース

解決実績ケース2
事故状況 交差点を直進中に右折車と衝突
受傷部位 左膝関節後十字靱帯損傷
後遺障害等級 12級7号
ご依頼前 保険会社の提示が約541万円
ご依頼後 約1102万円に増額しました
深田法律事務所の対応

この事案は、依頼者様の日常生活についての詳細な聴き取りや根拠資料を揃えた上で保険会社と交渉できたことがポイントでした。
依頼者様は、左膝の靱帯を損傷し、動揺関節の後遺症のために後遺障害等級12級が認定されていました。
しかし、保険会社は、後遺障害の労働能力喪失期間を10年ととても短くして計算し、保険金を541万4266円と低く見積もって依頼者様に提示していました。
そこで、当事務所では、依頼者様の日常生活状況を詳細に報告書の形でまとめて保険会社に提出するなどして、労働能力喪失期間は67歳までの35年間で計算するべきであると主張して、保険会社と繰り返し交渉しました。
その結果、依頼者様への提示額であった541万円から2倍の1102万5468円に増額して解決することができました。どうかお大事になさってください。

その他の解決実績を見る

交通事故後の生活の補償を第一に

深田法律事務所は弁護士2名、事務員3名(内、行政書士有資格者2名)の計5名で運営しております。相談者様のご不安を少しでも取り除けるよう、弁護士も事務員も温かい雰囲気での応対を心がけています。

相談者様に常に笑顔で帰っていただきたい

当事務所はJR大分駅北口から車で約6分、大分県大分市の中心部、府内城(城址公園)のすぐ北側にある弁護士事務所です。当事務所では、初めて交通事故に遭われた方が、少しでも不安を取り除けるよう、無料で相談を行わせていただいております(無料相談:平日・土曜・日曜8:00~20:00。電話相談もお受けしています)。

  • 「交通事故に遭ってしまったが、今後どう手続きが進むのか不安・・・」
  • 「保険会社の賠償金額に納得がいかない、担当者の説明もよく分からない・・・」
  • 「きちんとした補償を受けるにはどう交渉すればいいか分からない・・・」

交通事故では、このようなご不安を感じている方がたくさんおられます。私たちは相談者様の不安な思いを受け止め、訴えやお話を丁寧に聞くことで、被害者のご要望を実現できるよう努めております。

交通事故被害の本当の賠償額をご説明します

法律は、交通事故で被害に遭われた方の生活を守るため、適切な補償がなされるようにしています。しかし、保険会社が被害者の方に示談を求めてくる賠償金額は、自賠責基準や任意保険基準で算定されることが多く、とても低く抑えられています。法律による適切な補償がなされていないケースも数多く見受けられるのです。

交通事故後の生活は、しっかりとした金額の賠償金を勝ち取れるかどうかが左右します。満足の行く補償を受けるためには、保険会社の提示する示談書には安易にサインをしてはいけません。

難しい法律用語もわかりやすく噛み砕いてご説明いたします

当事務所では、初めて交通事故に遭われた方にも、保険のこと(ご自身の入られている保険も)、後遺障害等級のこと、適正な賠償額(慰謝料額その他)、保険会社や警察との対応のことなど、ご不安に思われることは何でも分かりやすくご説明いたします。

法律用語や裁判の常識は、時に一般の方にはわかりにくいこともあります。しかし、私たちは難しい法律の話もできる限りわかりやすく噛み砕き、相談者様が納得してご依頼できるよう、ご説明させていただいております。お気軽に無料相談をご利用ください(平日・土曜・日曜8:00~20:00。電話相談もお受けしています)。

相談は全て無料、平日・土曜・日曜相談、電話相談、夜間相談、出張相談

被害者様にできる限りご負担をかけないようにいたします。

日曜や夜間相談も無料で実施

被害者様は、初めて交通事故に遭い、事故や怪我による身体的・精神的な負担だけではなく、保険会社の説明もよく分からないというご不安も抱えておられると思います。

その上、今まで行ったこともない法律事務所に有料で相談に行くとなると、被害者様のご負担はあまりに大きいものと思います。そこで、まず、当事務所では、交通事故被害のご相談は全て無料とさせていただいております。

また、お仕事の関係で平日の日中のご来所が困難な方のために、無料で土曜、日曜や夜間の相談を実施しています。そして、弁護士も事務員も、少しでも被害者様のご負担が和らぐよう、丁寧に対応させていただきます。

怪我でご来所が困難な方のために、無料での電話相談や出張相談も行っています。お怪我のために移動が難しい場合は、ご遠慮なく、お問い合わせください。

着手金0円・報酬は完全後払い制・弁護士費用特約利用も可能

着手金は無料、報酬は賠償金受領時に「20万円+賠償金の10%」または「提示額から増えた額の20%」(選択可)、弁護士費用特約をご利用の場合はこの報酬も無料になります(弁護士費用は全くかかりません)

深田弁護士事務所代表の深田茂人弁護士

当然ですが、無料相談をご利用いただいても、当事務所の弁護士に頼むか頼まないかはご相談者様の自由です。御相談をいただいた上で判断していただきますので、まずは、お気軽に無料相談をご利用ください。

また当事務所へのご依頼となっても、その時も費用は一切いただきません(初期費用0円)。報酬は賠償金受領後に頂くことになっております。ご依頼前に保険会社から提示額があった場合の報酬は「提示額から増えた額の20%」、ご依頼前に保険会社からの提示額がなかった場合の報酬は「20万円+賠償金の10%」です(いずれかは選択いただけます)。この報酬も弁護士費用特約をご利用の場合は無料になります(保険会社のみに請求)。

ご依頼となったときは、このとおりに、料金を明確に記載した委任契約書を作成し、お渡しいたします。なお、当事務所は、弁護士に頼んで損することのない料金設定としています。つまり、費用倒れの心配は一切ありません。

弁護士費用特約をご活用ください

特に弁護士費用特約が使える場合は、全く弁護士費用がかかりませんから、自動車保険証券や損害保険証券に弁護士費用特約が付いている方は、ぜひ、ご利用ください。弁護士費用特約が利用できるか分からない場合は、お気軽にお問い合わせください。

適正な賠償額を受け取るために

保険会社基準ではなく、裁判所基準で計算した賠償額での示談

適正な後遺障害等級認定のためのサポート充実

保険会社の提示額が低い理由には、①認定する後遺障害等級が低い、②損害額算定の基準が低い、③被害者側の過失割合を大きく捉えている、④必要な損害項目が抜けている、などがあります。

当事務所では、保険会社の提示に対し、安易に合意することなく、これらの点を徹底的に指摘し、後遺障害等級の異議申立や交渉、裁判等をしております。

このようにして、裁判で認められる基準の賠償金額の取得を徹底して目指しています(なお、裁判をするかどうかについては、依頼者様と十分に協議をいたします)。そうして、ほとんどのケースで受け取れる賠償金額は大幅に増額しています。

当事務所は、「交通事故被害専門の法律事務所」であり、交通事故加害者や保険会社の依頼はお受けしていません。

適正な後遺障害等級の認定を受ける

適正な賠償額を受け取るためには適正な後遺障害等級の認定を受けることが重要

後遺障害が残るケースでは、適正な後遺障害等級の認定を受けることが最も重要です。しかし、医師が後遺障害診断書に必要な記載をしない場合、保険会社は後遺障害がないと判断してしまいます。

もちろん、医師は怪我を治すことには専念するのですが、保険会社に後遺障害を認めてもらうために必要な後遺障害診断書の記載には詳しくないことが多いです。

そのため、当事務所では、事故直後から、医師と連絡を取るなどして、医師との間の協力関係を築いて、必要な検査や医証の作成を依頼し、後遺障害診断書に必要事項を漏れなく記載していただくことにより、適正な後遺障害等級の認定を受けられるようにしています。

また、すでに後遺障害等級の認定がなされたケースでも、不十分な等級認定の場合は、医師に追加の検査や意見書の作成を依頼し、異議申立て等を行うことにより、適正な後遺障害等級の認定を受けられるようにしています。

深田法律事務所からのメッセージ

法律事務所の敷居を低くしたい

相談は全て無料、相談時間は平日・土曜・日曜8:00~20:00、電話相談も可能です。

  • 「大した事故じゃ無いのに弁護士さんに相談するのは気が引ける・・・」
  • 「法律事務所に頼むなんて敷居が高い感じがする・・・」
  • 「弁護士費用が不安。依頼するか決まってないから相談しにくい・・・」

相談者様からこのようなお言葉を頂くことがあります。

多くの方々がこのようなお気持ちであるならば、弁護士側が反省し、もっと弁護士による法的なサービスを利用しやすく、身近なものにしていかなければならないと考えています。特に交通事故の被害者様の場合、治療や生活の変化による負担があり、これ以上の負担は無理なことがほとんどだと思われます。

そこで、当事務所では、交通事故のご相談を全て無料とし、必要な情報をお気軽に得ていただくようにしています。そして、弁護士含め当事務所全員が、お話をよくお聞きすること、柔らかい態度で接すること、分かりやすくご説明することを心がけております。

また、重度の後遺障害のため当事務所にご来所いただくことが困難な方には、電話による無料相談や出張相談も実施しています。

初めて交通事故に遭われた方に、本当に必要な情報を持っていただき、その上で本当に納得のできる解決をしていただきたい。そのために当事務所がお役に立てればこんなに幸いなことはないと考えております。

所属弁護士

深田 茂人 (ふかだ しげと)

石川 梓 (いしかわ あずさ)

所属弁護士会 大分県弁護士会
登録番号 NO.33161

石川 梓 (いしかわ あずさ)

石川 梓 (いしかわ あずさ)

所属弁護士会 大分県弁護士会
登録番号 NO.48315

アクセス

日豊本線「大分駅」から車6分/駐車場3台

大分市城崎町2-2-19 城崎法務ビル

〒870-0045 大分市城崎町2-2-19 城崎法務ビル202

事務所概要

事務所名 深田法律事務所
代表者 深田 茂人
住所 〒870-0045 大分市城崎町2-2-19 城崎法務ビル202
電話番号 0066-9687-7857
受付時間 毎日8:00~20:00(祝日除く)
定休日 祝日、お盆(8/13~15)、年末年始(12/29~1/3)
備考
深田法律事務所
深田法律事務所
スマホ・携帯からも無料通話
0066-9687-7857
受付時間
毎日8:00~20:00(祝日除く)

現在09:35です。お気軽にお電話ください。

住所
〒870-0045 大分市城崎町2-2-19 城崎法務ビル202
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP