大阪後遺障害にも優れたノウハウ! 1件1件を手厚くサポートします

安藤誠一郎法律事務所

相談料初回無料 着手金0 報酬金回収額から
安藤誠一郎法律事務所

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 24H電話
  • 土日対応

料金体系

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「安藤誠一郎法律事務所」ご相談窓口

現在01:04。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

お電話での相談窓口【通話無料】準備中
受付時間 平日 9:00〜17:30

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

交通事故の問題解決に力を入れる法律事務所

依頼1件ごとに丁寧に取り組むことがモットー

「安藤誠一郎法律事務所」は堺市にある交通事故の問題解決に特に力を入れている事務所です。依頼者の方の思いに寄り添い、1件ごとに手厚くサポートすることを終始一貫して大事にしています。堺東駅から徒歩3分の便利な立地にあり、相談料・着手金は無料。平日夜間のご相談もご予約があれば柔軟に対応しています。

保険会社との交渉を任せて治療に専念できる

損害賠償額が大幅に増額になるケースがほとんど

交通事故でケガをした場合、加害者側の保険会社との様々な交渉を経て、賠償を受けることができます。弁護士に依頼すれば、治療中の保険会社とのやり取り、治療終了後の保険会社との損害賠償の交渉は全て弁護士が行います。それによって、保険会社とのわずらわしい交渉から解放され、治療に専念することができます。

交渉において、保険会社が提示する賠償額(示談額)は、裁判所の賠償基準よりもかなり低いことが多く、一般の方はそれを分からないままに示談書にサインして終わってしまうことが多々あります。その点、弁護士に依頼いただくと、本来請求すべき基準で交渉しますから、保険会社からの当初の提示額よりも大幅に増額されるケースがほとんどなのです。

安藤誠一郎法律事務所が注力する4つのポイント!

全力サポートによって依頼者の方の不安を解消!

交通事故にあうと、被害者の方は先の見えない不安でいっぱいになります。安心して治療に専念していただき、適正な賠償を受けられるよう、当事務所では次の4点に力を入れて全力でサポートしています。

1. 事故直後から細かなサポート

治療中も月に1回程度の頻度で面談し、怪我の状態・治療の状況を細やかに確認。将来の後遺障害の認定、示談・訴訟による解決を見据え、そのときどきに適したアドバイスをしながら進めていきます。

事故後は適正な通院頻度や期間が必要であり、必要な検査をしておかなければ、後に事故との因果関係が示しにくくなります。当事務所では、交通事故に関して経験豊富な病院の情報を地域ごとに把握していますので、医療機関選びでも適切なアドバイスを提供できます。

2. 後遺障害の等級認定に高い実績

自賠責保険において適正な後遺障害の認定を受けるためには、立証のための準備が必要となります。当事務所では、後遺障害の認定を受けるために、必要な検査をアドバイスするなど症状固定の前からサポートしています。必要に応じて、放射線専門医による画像鑑定の活用や、医師の意見書を取りつけるなど、後遺障害の的確な立証に力を入れています。

3. 裁判所基準での賠償交渉

治療が終了すると、保険会社との間で損害賠償について示談交渉に入ります。保険会社は、裁判所の基準(法律の基準)よりも低い基準(保険会社基準)で損害賠償額を計算して提示します。それが、弁護士が介入することによって、裁判所が定める基準で計算することができるようになり、損害賠償額が増額するのが通常です。

4. 相談料・着手金無料

当事務所では相談料・着手金を無料とし、実際に支払を受けた損害賠償金を基準とした成果報酬制としています。報酬は支払を受けた賠償金で最後に精算しますので、初期費用はかかりません。

後遺障害の認定に高い実績!

認定の有無や等級は補償額に大きな影響を与える

必要な治療を行ったにもかかわらず後遺症の症状が残ってしまった場合には、「後遺障害」として評価を受けることとなります。主治医に後遺障害診断書の作成を依頼し、自賠責保険会社に提出して後遺障害の認定を審査機関に申請し、該当する場合には、後遺障害の等級が通知されます。

後遺障害は、障害の部位や内容・程度に応じて、第1級~14級までの等級が定められており、損害賠償額に大きな影響を与えることとなります。

後遺障害の等級を得るための当事務所のノウハウ

1)適正な治療を受ける

病院にきちんと通院し、必要な期間、治療を受けることが前提条件です。診察の際には、ご自分の症状を遠慮することなく医師に訴え、カルテに記載してもらうことが重要。不十分な通院期間で治療を打ち切ると、後遺障害が「非該当」と認定されてしまいかねません。治療3カ月程度の期間で、保険会社から「そろそろ症状固定を」と言われることがありますが、安易に承諾せずに当事務所にご相談ください。

2)医学的な裏付けをとる

後遺障害診断書には、症状をもれなく記載し、医学的根拠を丁寧に記載してもらうことが不可欠。必要な検査がなされていない場合には、こちらから医師に検査を依頼する必要があります。また後遺障害診断書や画像所見、検査所見などの手持ちの資料では不足する場合には、民間の機関に依頼して画像鑑定書を用意。弁護士による意見書や陳述書などを作成して補強することもあります。

3)「被害者請求」による手続きをサポート

後遺障害の等級認定を申請する手続きには2つの方法があります。ひとつは相手方の保険会社による「事前認定」、もうひとつは被害者側による「被害者請求」ですが、当事務所では原則として、100%被害者請求で手続きを行います。相手方の保険会社に任せるのではなく、依頼者サイドで行う被害者請求で行うことによって、添付資料の充実をはかることができます。

4)妥協せず「異議申し立て」を行う

後遺障害認定の審査内容に納得がいかず、「異議申し立て」を行う場合は、ほぼすべて医師面談を実施し、診断書をはじめとした資料の強化をはかります。資料を構成し直して再提出することで、等級が取れるケースが多数あります。

安藤誠一郎法律事務所からのアドバイス

交通事故の問題解決の経験豊富な事務所に相談を

交通事故における損害賠償額を適正に得るには、休業損害や逸失利益など、補償を構成する項目ごとに正しい金額算出を行うことが欠かせません。特に自営業者の方の休業損害や逸失利益の算定は、細かな資料や証拠書類をコツコツと積み上げて立証をはかることが必要です。

また過失割合の修正についてのご相談でも、当職は積極的に事故現場に出向き、細かな要素を見極めながら、依頼者の正当性の主張につながる証拠を集めていきます。こうした交通事故の事後対応は、地道で細かな作業の積み上げが大切で、経験に基づくノウハウが欠かせませんから、ぜひ実績豊富な事務所に相談されることをおすすめします。

弁護士費用特約

相手方との交渉や裁判等の弁護士費用が保険で支払われる

自動車保険の契約者やご家族が、自動車の事故にあった場合、相手方に損害賠償請求をするときの弁護士費用が保険でまかなわれるものです。ご自身の自動車保険に弁護士費用特約がついていれば、相手方との交渉、裁判等の弁護士費用が保険で支払われます。当事務所は、弁護士費用特約に対応していますのでご相談ください。

所属弁護士

安藤 誠一郎(あんどう せいいちろう)

安藤 誠一郎
登録番号 No.30209
所属弁護士会 大阪弁護士会

アクセス

堺東駅から徒歩3分

〒590-0076 大阪府堺市堺区北瓦町一丁3番17号 堺東センタービル204

〒590-0076 大阪府堺市堺区北瓦町一丁3番17号 堺東センタービル204

事務所概要

事務所名 安藤誠一郎法律事務所
代表者 安藤 誠一郎
住所 〒590-0076 大阪府堺市堺区北瓦町一丁3番17号 堺東センタービル204
電話番号 準備中
受付時間 平日 9:00〜17:30
定休日 土日祝日
備考
安藤誠一郎法律事務所
安藤誠一郎法律事務所
スマホ・携帯からも無料通話
準備中
受付時間
平日 9:00〜17:30

現在01:04。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒590-0076 大阪府堺市堺区北瓦町一丁3番17号 堺東センタービル204
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP