道路事情に精通する地元出身の弁護士が 治療中から親身にご対応

いろは綜合法律事務所

相談料
初回無料
着手金
0
成功報酬
回収額から
夜間相談
-
土日対応
-
  • いろは綜合法律事務所
  • いろは綜合法律事務所サムネイル0
  • いろは綜合法律事務所サムネイル1
  • いろは綜合法律事務所サムネイル2
事務所名 いろは綜合法律事務所
電話番号 050-5268-7360
受付時間 平日 10:00~18:00
定休日 土日祝
住所 〒582-0004 大阪府柏原市河原町1-67
アクセス方法 JR大和路線 柏原駅から徒歩9分
近鉄道明寺線 柏原駅から徒歩9分
近鉄大阪線   堅下駅から徒歩6分
近鉄大阪線   法善寺駅から徒歩5分
  • 着手金無料
  • 無料相談可能
  • 弁護士費用特約
取り扱い可能な事案
  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 後払い可

いろは綜合法律事務所の強みと特徴

柏原市のなかで唯一の法律事務所

被害者保護に取り組む敷居の低い弁護士

「いろは綜合法律事務所」(代表弁護士・大西康嗣)は市立柏原病院の正面に事務所を構え、柏原市唯一の弁護士として、13年間で4,100件以上の様々な法律相談をいただいてきました。柏原市民の方はもとより、近隣の八尾市、藤井寺市、羽曳野市、松原市、富田林市の住民の方からも多数ご依頼をいただいています。

柏原市には2007年まで、事務所を構える弁護士は一人もいませんでした。そうした現状をなんとか打破したいと思い、2008年に地元である柏原市に初の弁護士事務所を開設。以来、地域のたくさんの方から、「弁護士事務所が近くにあって助かった」「すぐに相談できてよかった」という感想をいただいています。

そのなかで、交通事故に関する相談も数多くお受けし、とくに被害者保護に力を入れてきました。突然、交通事故に遭われて困っておられる被害者の方を助けるべく、親身に相談にお応えしています。

柏原出身だから地元の交通事情にも精通

当事務所の代表弁護士は地元柏原の出身で、地元に土地勘があり、道路事情にも精通しています。柏原・八尾・藤井寺・羽曳野・松原にお住まいで、交通事故問題でお悩みの方は、あなたの街の法律事務所、柏原の弁護士にご相談ください。

保険会社の担当者は事故後交渉のプロ

自分だけで対応せず、弁護士にお任せを

事故に遭うと、相手方の保険会社の担当者が、加害者の代わりとして示談の交渉にあたることになります。担当者が交通事故の損害賠償交渉に精通している一方で、被害者の方の多くは事故の経験は初めてのことであり、損害賠償の仕組みについて詳しいわけでもありません。

つまり事故後の交渉は、被害者側と、加害者である保険会社とは専門知識の量や情報量に圧倒的な差があります。だからこそ、早期の交渉段階から弁護士を代理人にしてもらうことで、相手方保険会社に負けない優位な交渉が可能になるわけです。

ケガの治療をしながら、また仕事をされながら、ご自身で保険会社と交渉をしていくのはとても大変です。わずらわしい保険会社との交渉はすべて弁護士に任せてもらい、ストレスをなくした上で、治療に専念いただければ幸いです。

治療中から適切なアドバイスをご提供

治療費の打ち切り通告があれば保険会社に交渉

当事務所では、適正な損害賠償を得るための治療中からのアドバイスも細かくご提供しています。保険会社から治療費の打ち切り通告を受けた際のご対応も可能で、主治医に今後の治療の必要性を確認した上で、治療費の延長を保険会社に交渉します。万一認められなくても、健康保険を使って支払っておいて、あとで損害賠償の請求時に治療費も合わせて請求することが可能ですので、できるだけ早くご相談ください。

示談を目指していく交渉の中では、「保険会社の人が言うのだから、そうなのだろう」「早く終わらせたい」などと安易な判断で承諾してしまうのは禁物です。お気持ちはよく分かりますが、示談書や免責証書に署名・捺印してしまうと、後で示談をやり直すということは基本的には無理になります。

保険会社は、本来の額よりもかなり低い「任意保険基準」に準じた賠償額を示してきますから、それに安易にサインすることは禁物。弁護士の交渉によって、得られるはず「裁判基準」で請求をし直しますのでどうぞご相談ください。

後遺症が残れば「後遺障害」認定が重要

「異議申し立て」を含め、等級認定の実績多数

ケガの後遺症が残った際には、「後遺障害」の適正な等級認定を得ることは極めて重要です。傷害部分とは別に、逸失利益や後遺障害慰謝料、その他付添看護費、家屋等改造費、義肢等の装具費用などといった、後遺障害部分の損害賠償の請求ができるからです。

この後遺障害には、今後の労働能力の喪失がどの程度なのかという観点から、1級から14級まで等級が分けられています。後遺障害として認定されるかどうかで、後遺障害慰謝料や逸失利益といった賠償を請求できるかどうかが決まり、認定されない場合とされる場合では損害賠償額が数百万円以上違ってくる場合もあります。

当事務所では下記のように、後遺障害に関する解決実績として、弁護士が入ることで賠償額が大幅に増額になったケースを多数有しています。

◎被害者Aさん(70歳)後遺障害2級=1,500万円の増額

自転車に乗って自動車にひかれ、高次機能障害で寝たきりに。保険会社の提示額は合計3,500万円程度で、後遺障害慰謝料と逸失利益が低く押さえられた上に、装具代が全く加味されていなかった。交渉に臨んだ結果、5,000万円の賠償額に増額され示談に至った。

◎被害者Dさん(20代)後遺障害13級=賠償額が3倍に

自動車を運転中、曲り角で自動車と衝突し、足の骨を折るなどのケガ。症状固定後、足に痛みが残るにも関わらず後遺症認定は非該当に。保険会社の当初の提示額は合計300万円程度で納得がいかず、当事務所に依頼。当事務所で異議申し立てを行った結果、後遺障害13級が認定。900万円の賠償額に依頼者は納得して示談が成立した。   (その他実績多数)

主婦や自営業者の休業損害も細かく対応

保険会社の提示に納得いかない場合は要ご相談

そのほか当事務所では、専業主婦や自営業の方の休業損害にも親身に取り組んでいます。専業主婦の場合にも、女性の平均年収を基準にして計算された休業損害や逸失利益が認められるのです。

あらゆる賠償要素について、納得のいく解決に向けて粘り強く交渉してまいりますので、慰謝料のほか、休業損害や逸失利益の算定等に納得がいかない場合には、お気軽に当事務所にご相談ください。

いろは綜合法律事務所からのアドバイス

事故後の不安を解消し、最善の解決を目指します

もしも交通事故に遭われることがあれば、できるだけ早い段階で、いちど相談にお越しください。なにも相談したからといって、必ず依頼しないといけないといったことはありません。事故後の不安を解消し、被害者の方にとっての最善の解決を目指していきますので、いつでも遠慮なく相談をいただければ幸いです。

弁護士費用特約

弁護士費用や訴訟費用を保険で賄える特約

加入されている任意保険に、弁護士費用特約というものがついているでしょうか。弁護士費用特約とは、弁護士に事件解決を依頼した際の弁護士費用や、法律相談費用などを任意保険の保険金から支払ってもらえる特約のひとつです。ご自身の損害保険の契約内容を一度確認してみてください。

所属弁護士

大西 康嗣(おおにし こうじ)

登録番号 No.36822
所属弁護士会 大阪弁護士会

弁護士費用

相談料

初回無料(自己負担なし)

着手金

無料 

報酬金

22万円+賠償額の11%

※料金はすべて税込み価格です。

アクセス

大阪府柏原市河原町1-67

〒582-0004 大阪府柏原市河原町1-67

事務所概要

事務所名 いろは綜合法律事務所
代表者 大西 康嗣
住所 〒582-0004 大阪府柏原市河原町1-67
電話番号 050-5268-7360
受付時間 平日 10:00~18:00
定休日 土日祝
備考

その他の大阪府の交通事故に強い弁護士