大阪府依頼者の被害回復に向けて、 納得できる補償の獲得を目指します

箕面船場法律事務所

相談料0 着手金0 報酬金回収額から
箕面船場法律事務所箕面船場法律事務所サムネイル0箕面船場法律事務所サムネイル1

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 夜間対応
  • 土日対応

料金体系

相談料・着手金:無料
報酬金:20万円+賠償金の10%(税別)
(弁護士費用特約をご利用されない場合)

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「箕面船場法律事務所」ご相談窓口

現在05:23。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

お電話での相談窓口【通話無料】 0066-9687-7503
受付時間 毎日 9:00〜18:00

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

箕面船場で地域に根差して活動する弁護士

フットワークの軽さと親しみやすさが特長

大阪・箕面市にある「箕野船場法律事務所」の弁護士・脇田圭吾です。箕面船場地域で開業している弁護士は少なく、地域でも貴重な存在です。交通事故の問題は、事故現場の道路状況の把握など、土地勘のある地元の弁護士に依頼をいただくほうがメリットも大きいといえますので、ぜひ頼りにしてください。

当事務所は幹線道路である「新御堂筋」沿いに位置し、車でお越しになる場合は分かりやすい場所にあります。周辺にコインパーキングがあり、依頼をいただいた方には駐車代金を事務所で負担するサービスもご用意。また「千里中央」駅から当事務所近くのバス停までは、10分に1本のバスの便がありますからお越しいただきやすいと思います。

当事務所では、まずは相談者様のお話をしっかりと聞くことを心がけ、相談料は時間にかかわらず無料にしています。フットワークの軽さと親しみやすさが当事務所の特長であり、相談者様の立場に立って親身に対応いたしますので気軽にご相談ください。

治療中から気をつけるべき点は多い

早期に弁護士に相談して適切なアドバイスを

交通事故の問題を弁護士に相談するメリットには、得られる損害賠償額の総額が、多くの場合で保険会社からの提示額よりも大きく増えることが挙げられます。そして、適正な賠償額を得るためには、事故とケガとの因果関係を明らかにしておくために、しかるべき検査をしかるべき時期に受けることが欠かせません。

痛みやしびれがあるにも関わらず、面倒だからと通院を怠ってしまえば、後になって「後遺障害認定」や「通院慰謝料」を受ける際に不利に作用してしまう可能性があります。ぜひ事故後の早い段階から弁護士にご相談いただき、適切な治療や必要な対処法などのアドバイスを受けられることをおすすめします。

保険会社が提示する過失割合は正しい?

事故状況を精査した上で適正な過失割合に修正

事故後には、「過失割合」の争いが生じるなど、事故態様についての評価の食い違いが生じるケースは多々あります。よく「物損」の部分を先に解決したいために、過失割合について拙速に合意してしまうケースがありますが、それはおすすめできません。後の人身事故の部分で同じ過失割合が適用されてしまい、適正な賠償が得られないことがあります。

過失割合は当初、保険会社から提示されますが、その値が必ずしも正しいとは限りません。保険会社は自社の加入者側(加害者)からしか事故状況を聴かず、それを「判例タイムズ」の判例に照らし合わせて過失割合を算出することが多くあります。

つまり、被害者側の主張がきちんと反映されていないことが多く、安易に鵜呑みにすべきでないといえるのです。当職は積極的に事故現場に出向き、相手の主張に不自然さがないかどうかを確認。警察の実況見分調書などの資料に目を通し、状況を精査した上で過失割合の交渉にあたっていきます。

当初の「5対5」が「1対9」に修正された事例

相手方の保険会社から提出された調査報告書によって、5対5の過失割合が示された一般道での事故事案がありました。しかし依頼者側から話を聞くと、「自分は動いておらず、相手がぶつかってきた」という主張で、「5対5というのは納得できない」という言い分でした。

当職は事故現場に出向き、その場で運転をし、状況を確認。道路の幅や見通しなどを写真に撮り、新たな立証要素を保険会社に提示して交渉した結果、相手の過失が9:1に修正になったのです。

このように、訴訟によらずとも、丁寧に現場を確認して正しい事実を示すことで、適正な過失割合で示談がまとまることもあります。保険会社は事故の個別的要素をあまり見ず、一方の当事者だけの話で過失割合を提示することがありますから注意してほしいと思います。

適正な後遺障害の等級認定を得るために

必要に応じて医師への面談を積極的に実施

事故によるケガの治療が終わったあと、後遺症が残れば「後遺障害」の手続きが必要です。後遺障害の等級認定を申請する手続きには、相手方の保険会社が行う「事前認定」と、被害者側(弁護士側)が資料をそろえて提出する「被害者請求」があります。

当事務所では、主張すべき等級を証明するための資料や材料をそろえ、自ら審査機関に申請する「被害者請求」を重視。適正な等級を得るための手間を決して惜しみません。

なかでも重要な判断材料となる「後遺障害診断書」の作成にあたっては、医師との面談を必要に応じて積極的に実施。必要な画像資料や記載内容の不備がないよう依頼するケースもあります。

医師はケガを治すことが仕事で、後遺障害等級認定の知識には必ずしも長けていません。後遺障害認定は、ちょっとした関節可動域の制限の記載が欠けただけで適正な等級に至らないこともありますから、弁護士から的確な進言を行うことが必要な場合もあるのです。事実に即した等級が得られるよう、当事務所で細かなサポートを行っていきます。

箕面船場法律事務所からのメッセージ

依頼者様の被害回復のために出来る限りのサポートを提供

時間を優先して早期の解決を目指すか、それとも納得いくまで時間をかけて金額にこだわるか、依頼者の方の意向はさまざまです。当職はその思いを最大限に尊重しながら、必要な場合は訴訟も視野に入れ、最後まで粘り強く対応します。

運悪く交通事故に遭ってしまった被害者の方の被害回復のために、出来る限りのサポートをするのが弁護士の役割です。治依頼者様には治療に専念していただき、適正な賠償額が得られるよう、損害賠償を適正に得るために力を尽くしますので、ぜひ当事務所にご相談ください。

弁護士費用特約

自己負担なしで弁護士に問題解決を依頼できる

加入されている自動車保険に弁護士費用特約を付けておられれば、保険会社に弁護士費用を負担してもらえます。ほとんどの場合は補償上限額(一般的に300万円)の範囲に収まるため、自己負担なしで弁護士に依頼できます。

この特約を利用しても保険の等級が下がることはなく、保険料は高くなりません。また家族が加入している保険の特約が使えるケースもありますので、損害保険の内容を一度ご確認ください。

所属弁護士

脇田 圭吾(わきた けいご)

登録番号 No.49238
所属弁護士会 大阪弁護士会

アクセス

幹線道路「新御堂筋」沿い
北大阪急行電鉄『千里中央』

大阪府箕面市船場東2-1-20 ABCビル6階

〒562-0035 大阪府箕面市船場東2-1-20 ABCビル6階

事務所概要

事務所名 箕面船場法律事務所
代表者 脇田 圭吾
住所 〒562-0035 大阪府箕面市船場東2-1-20 ABCビル6階
電話番号 0066-9687-7503
受付時間 毎日 9:00〜18:00
定休日 なし
備考
箕面船場法律事務所
箕面船場法律事務所
スマホ・携帯からも無料通話
0066-9687-7503
受付時間
毎日 9:00〜18:00

現在05:23。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒562-0035 大阪府箕面市船場東2-1-20 ABCビル6階
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP