関西依頼者の話に耳を傾け、 解決への最適な“ルート”を示します

ルート法律事務所

相談料0 着手金0 報酬金回収額から
ルート法律事務所ルート法律事務所サムネイル0ルート法律事務所サムネイル1ルート法律事務所サムネイル2

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 夜間対応
  • 土日対応

料金体系

20万円+回収額の10%(税抜)
弁護士費用特約を利用すれば、実質0円です。

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「ルート法律事務所」ご相談窓口

現在16:22です。お気軽にお電話ください。

お電話での相談窓口【通話無料】0066-9687-7963
受付時間 平日9:00~17:30

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

交通事故トラブルに強い大阪市の法律事務所

相談料・着手金は無料!女性弁護士への相談もできる

ルート法律事務所

ルート法律事務所は交通事故トラブルに強い大阪市の法律事務所です。「依頼者の話をしっかり聞いて、紛争を解決するための最適な“ルート”を示したい」。そんな想いから、この名前をつけました。

当事務所には3名の弁護士が在籍しており、女性弁護士が対応することも可能です。交通事故に関する相談料・着手金は無料なので、ささいな悩みでもお気軽にご相談ください。事前に予約していただければ、平日夜間や土日祝日も対応します。

相手方の保険会社の内情をふまえて戦略的に対応

私たちは軽度なケガや後遺障害、死亡事故を含む重大受傷案件など、多数の事案を解決へ導いてきました。重大事故においては、被害者の代理人として刑事手続きに参加した経験もあります。

また損害保険会社の内情にも精通しているため、相手方の社内手続きや考え方などをふまえた戦略的な対応が可能です。

知っておきたい通院期間中の注意点

後遺障害の認定をみすえて、症状に応じた検査を受ける

ルート法律事務所は豊富な経験にもとづいて、通院期間中から依頼者にアドバイスを行っています。たとえば、痛みをガマンして通院を控えてはいけません。症状が治りづらくなるだけでなく、後遺障害の認定や損害賠償の算定において不利にはたらく可能性があります。

また、後遺障害の認定を見すえた検査を早期に受けておきましょう。たとえば、RSD(神経系の障害の一種)や高次脳機能障害の疑いがある場合は、サーモグラフィーやMRIの検査をおすすめします(依頼者の症状を確認するため、弁護士が医師と面談する場合もあります)。

代理人から保険会社に治療の見通しを伝えておく

通院を始めて3~6ヵ月ほど経過すると、相手方の保険会社から治療費の支払い打ち切りを通告される場合があります。しかし、医学的に治療を終えるべきタイミングとは限りません。

当事務所は依頼者の代理人として医師に治療の見通し(症状固定の時期)をヒアリングし、あらかじめ保険会社に伝えておきます。そうれば、治療費の支払いを早々に打ち切られる可能性が非常に低くなるのです。

後遺障害の適正な等級認定を受けるためのポイント

「後遺障害診断書」への十分な記載を医師に依頼する

後遺障害の適切な等級認定を受けるためには「後遺障害診断書」の内容が重要になります。しかし、医師によっては記載が不十分な場合も。そこで当事務所は依頼者に自覚症状をしっかり訴えてもらったり、検査結果の詳細な記述を直接依頼したりしています。

等級認定の申請手続きを保険会社まかせにしない

後遺障害の等級認定を申請する手続きには2つのルートがあります。ひとつは相手方の保険会社による「事前認定」、もうひとつは被害者側による「被害者請求」です。

「事前認定」は保険会社まかせになるので、まれに不利な意見書を添付されることがあります。私たちは(弁護士として当然と考えていますが)煩雑な作業をいとわず、確実性の高い「被害者請求」による手続きを行っています。

異議を申し立てる場合は医師と弁護士の意見書を提出

ルート法律事務所

後遺障害の認定結果に納得できない場合、異議を申し立てることができます。当事務所は医師のネットワークをもっており、主治医以外の医師に意見書を作成してもらうことが可能です。くわえて弁護士の意見書も提出。その結果、認定結果が変更された(等級が上がった)例もあります。

交通事故の損害賠償には二重基準が存在する

保険会社の基準は裁判所の基準よりも大幅に低い

保険会社から損害賠償金を提示されても、すぐに示談に応じてはいけません。なぜなら保険会社が最初に示す賠償額は、裁判基準(過去の判例にもとづいた基準)の金額よりも大幅に低いケースが多いからです。

当事務所は裁判基準による正当な賠償額を計算し、保険会社と交渉します。過失割合や基礎収入などに大きな争点がなければ、示談交渉で裁判基準まで上がるでしょう。重い後遺障害の場合、数百万円の増額になる場合も少なくありません。

事故当時の状況を明確化し、過失割合を是正

ルート法律事務所

過失割合に争いがある場合、事故当時の状況(事故態様)を明確にする必要があります。そこで当事務所は警察から実況見分調査を取り寄せ、依頼者や目撃者から聞き取りを行います。

さらに必要に応じて調査会社に現地調査を依頼し、相手方の保険会社の言い分を多角的に検証。客観的証拠をもとに交渉や裁判で主張を行い、過失割合を変更させた実績があります。

ルート法律事務所からのアドバイス

ルート法律事務所

初動で間違えないために、早期に弁護士へ相談を

事故後の手続きはさまざまな制度が絡みあった複雑なもの。いつ、なにをすればいいのか不安に感じることでしょう。まずは初動で間違えないために、できるだけ早く弁護士へ相談してください。依頼するかどうかは、その後に決めてかまいません。

弁護士費用特約

自己負担なしで弁護士に依頼できる保険オプション

加入している損害保険に「弁護士費用特約」がついていれば、保険会社が弁護士費用を負担してくれます。一般的な補償上限額は300万円。ほとんどの事案はこの範囲におさまるので、自己負担なしで弁護士を活用できるでしょう。

この特約は自動車保険だけではなく、火災保険や傷害保険などについている場合があります。また、家族が加入している保険の弁護士費用特約が活用できるケースも。まずは保険証券の記載を確認してください。

所属弁護士

坂本 勝也 (さかもと かつや)

坂本 勝也 (さかもと かつや)

所属弁護士会 大阪弁護士会
登録番号 No.30589

高山 智行 (たかやま ともゆき)

高山 智行 (たかやま ともゆき))

所属弁護士会 大阪弁護士会
登録番号 No.31514

安達 友基子 (あだち ゆきこ)

安達 友基子 (あだち ゆきこ)

所属弁護士会 大阪弁護士会
登録番号 No.33751

アクセス

地下鉄谷町線・堺筋線南森町駅 2番出口より徒歩5分
地下鉄堺筋線北浜駅 1番出口より徒歩7分
地下鉄御堂筋線淀屋橋駅 1番出口より徒歩10分
JR東西線大阪天満宮駅 3番出口より徒歩6分     
京阪中之島線なにわ橋駅 1番出口より徒歩6分

大阪市北区西天満3丁目14番16号西天満パークビル3号館

〒530-0047 大阪市北区西天満3丁目14番16号西天満パークビル3号館2階

事務所概要

事務所名 ルート法律事務所
代表者 坂本 勝也、高山 智行、安達 友基子
住所 〒530-0047 大阪市北区西天満3丁目14番16号西天満パークビル3号館2階
電話番号 0066-9687-7963
受付時間 平日9:00~17:30
定休日 ※祝日,国民の休日,12月31日~1月3日は除く。他臨時休業日。
備考
ルート法律事務所
ルート法律事務所
スマホ・携帯からも無料通話
0066-9687-7963
受付時間
平日9:00~17:30

現在16:22です。お気軽にお電話ください。

住所
〒530-0047 大阪市北区西天満3丁目14番16号西天満パークビル3号館2階
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP