関西直面する課題を一つひとつ解決 交通事故は地元の弁護士に相談を

弁護士法人たいが法律事務所・岸和田オフィス

相談料5,000円/30分 着手金20万円 報酬金回収額から
弁護士法人たいが法律事務所・岸和田オフィス弁護士法人たいが法律事務所・岸和田オフィスサムネイル0弁護士法人たいが法律事務所・岸和田オフィスサムネイル1弁護士法人たいが法律事務所・岸和田オフィスサムネイル2

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 夜間対応
  • 土日対応

料金体系

相談料:5000円/30分(税別)
着手金:20万円(税別)
報酬金:回収額の10%(税別)

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「弁護士法人たいが法律事務所・岸和田オフィス」ご相談窓口

現在11:53です。お気軽にお電話ください。

お電話での受付窓口 050-5267-5215
受付時間 毎日10:00〜20:00

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

岸和田のほか、枚方と三重の桑名にも拠点

平日夜間や土日も事前の予約があれば柔軟にご対応

「弁護士法人たいが法律事務所・岸和田オフィス」の弁護士・関大河です。当法人は岸和田のほか、大阪の枚方と三重の桑名を含めて3拠点で活動する弁護士事務所です。いつでも相談いただけるよう、平日夜間や土日も事前の予約があれば柔軟にご対応。もしも交通事故に遭遇したら、どうぞ早めにご相談ください。

交通事故は地元の弁護士に相談するほうが良い

もしも交通事故に遭ってしまったら、地域をよく知る地元の弁護士に相談・依頼することをおすすめします。なにより、管轄する裁判所に事務所が近いという利便性は大きいと思います。遠方の事務所であれば、依頼者負担となる交通費もかさんでしまいますし、スピード感のある対応が難しくなる点もあるでしょう。ケガを負った方の負荷を考えても、地元の法律事務所を利用されるほうが良いと思います。

その意味でも、地元岸和田はもちろん、その近隣のエリアにお住まいの方・お勤めの方について、当事務所の弁護士がぜひ力になりたいと考えています。

保険会社への対応は弁護士にお任せを

交渉のストレスから解放され、治療に専念してほしい

事故に遭ったあと、とくに被害者の方がストレスに感じるのが、相手方の保険会社への対応でしょう。当然ながら保険会社の営業時間は昼間ですから、たとえばお仕事をされているときにも遠慮なく電話などで連絡が入ってきます。話の中身も、担当者の言い分が高圧的であるなど、ストレスを感じることが多々あります。

弁護士に依頼をいただければ、そうしたわずらわしい保険会社対応をすべてお任せいただけます。それによって治療やお仕事に専念できる点は、弁護士に依頼をいただくメリットの一つといえるでしょう。

適切な通院治療が適正な賠償につながる

治療段階から弁護士が必要なアドバイスを提供

事故後はできるだけ早く弁護士に相談いただくことが望ましく、早期に相談したほうが、その後の解決が有利に働く場合が多々あります。

たとえば事故後、ケガの治療を適切に行っておかなければ、正しい損害賠償額の請求につながりにくくなります。忙しさにかまけて通院間隔が空いてしまったり、整骨院や接骨院ばかりに通っていると、十分な賠償が得られないことがあるわけです。

治療においても、痛みや主訴をきちんと医師に伝えていなかったり、必要な検査を受けていないことで、後になって事故とケガとの因果関係を疑われるようなこともあり得ます。早期に弁護士に相談いただくことによって、治療段階で必要な事柄をアドバイスできます。

治療費の打ち切りを通告されても慌てず相談を

また、事故から数カ月が経つと、保険会社が治療費の打ち切りを求めてくる場合があります。けれども、治療が必要かどうかは保険会社が決めるものではありません。医師が「治療継続が必要」と判断するときには、弁護士が医師のカルテや診断書をもとに保険会社と交渉。その結果、1~2カ月ほど治療期間が延長されるケースもあります。

後遺症が残ったときに重要な「後遺障害」認定

後遺障害の有無は損害賠償額に大きな影響を与える

交通事故のケガは、後遺症が残ることが非常に多くあります。もしも後遺症が残ってしまった場合には「後遺障害」の申請が必要となります。

後遺障害は、ケガが治った後でも身体に残る障害のなかで、認定機関が定める条件を満たすものが、1~14級の等級で認定されます。後遺障害の有無や等級は損害賠償額に大きな影響を与えるため、適切な認定を受けることが非常に重要です。

身体に何らかの後遺症が残っていても、それが必ずしも「後遺障害」として認定されるわけではありません。後遺症の状況を丁寧にお聞きし、非該当になるリスクについてもきちんとご説明。その上で、適正な後遺障害等級の獲得のために力を尽くします。

後遺障害診断書の中身も弁護士の目線でチェック

後遺障害の適切な等級認定を受けるには、「後遺障害診断書」を詳細に記載してもらうことが重要です。なかには交通事故に関する対応経験に乏しい医師もいて、後遺障害診断書の内容が不十分なケースがあります。その場合には、必要に応じて医師面談を行い、診断書の内容の充実をはかるよう依頼。事実に基づいた適正な内容で、診断書の内容の充実がはかれるよう当事務所でサポートします。

また、ケースとして多い「むち打ち」などの14級認定には、治療に要した期間や、どのような治療を受けてきたかという中身が影響してくることになります。

その意味でも、治療中から依頼をいただき、後の賠償請求を見通した適切な治療に関するアドバイスを受けていただきたいのです。最初から最後まで、当事務所の弁護士が丁寧に対応してまいりますので安心してお任せください。

「過失割合」に納得がいかなければ要相談

できるかぎり事故現場を訪れ、事故状況を精査

交通事故において、過失割合に関する相談も多くお受けする事柄のひとつです。どのような事故でも加害者に100%の責任が認められるケースは少なく、被害者にもなんらかの不注意や過失があったと判断されます。その過失の度合いを示すものが「過失割合」です。

注意すべきは、保険会社が提示する過失割合は必ずしも適正ではないということ。個別の事故状況を考慮すべきなのに、類型化された基本パターンだけで判断している場合があるからです。

ただし、過度な期待をもつことが禁物であることもご説明します。新たな要素が出てこなければ、割合を変えることは難しい面があるもの。当事務所はできるかぎり事故現場を訪れ、当時の状況を確認。依頼者にとって有利になる証拠を探し、適正な立証につながるよう力を尽くします。

弁護士法人たいが法律事務所岸和田オフィスからのアドバイス

納得のいく解決が得られるようベストを尽くします

事故にあって辛い思いをされている状況は多々あると思いますが、相談・依頼をいただければ一つひとつの課題に向き合いながら丁寧に対応してまいります。納得のいく解決が得られるようベストを尽くしますので、いつでも遠慮なくご相談ください。

弁護士費用特約

弁護士費用を保険会社が負担する特約

加入している損害保険に弁護士費用特約が付帯されていれば、保険会社に弁護士費用を負担してもらえます。補償上限額は一般的に300万円ですが、ほとんどの事故案件はこの補償範囲に収まりますから、実質的な自己負担なしで弁護士に依頼できることになります。

所属弁護士

関 大河(せき たいが)

関 大河
登録番号 No.54990
所属弁護士会 大阪弁護士会

アクセス

岸和田駅

大阪府岸和田市野田町1-6-19 栄光ビル3A号室

〒596-0076 大阪府岸和田市野田町1-6-19 栄光ビル3A号室

事務所概要

事務所名 弁護士法人たいが法律事務所・岸和田オフィス
代表者 関 大河
住所 〒596-0076 大阪府岸和田市野田町1-6-19 栄光ビル3A号室
電話番号 050-5267-5215
受付時間 毎日10:00〜20:00
定休日 なし
備考
弁護士法人たいが法律事務所・岸和田オフィス
弁護士法人たいが法律事務所・岸和田オフィス
スマホ・携帯からも通話可能
050-5267-5215
受付時間
毎日10:00〜20:00

現在11:53です。お気軽にお電話ください。

住所
〒596-0076 大阪府岸和田市野田町1-6-19 栄光ビル3A号室
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2020 Agoora.inc.

TOP