埼玉県事実を粘り強く突き詰め、 依頼者の最大利益を適正に確保します

弁護士法人YMP大宮オフィス

相談料初回無料 着手金0 報酬金回収額から
弁護士法人YMP大宮オフィス

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 夜間対応
  • 土日対応

料金体系

相談料・着手金0円
報酬金10万円~+回収額の10%~(税・実費別)
弁護士費用特約利用時は別基準で実質無料

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「弁護士法人YMP大宮オフィス」ご相談窓口

現在14:31です。お気軽にお電話ください。

お電話での相談窓口【通話無料】 0066-9759-7736
受付時間 毎日9:00〜22:00

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

大宮駅から徒歩3分の便利な場所に立地

依頼を受けた後は速やかに事件処理に着手

「弁護士法人YMP大宮オフィス」は大宮駅東口から徒歩3分の便利な場所にある法律事務所です。交通事故の問題解決には確かな経験を有しており、事故直後からの幅広い相談にご対応しています。

当事務所では、常に「迅速さ」を重視しており、問い合わせに対して早期にご回答。依頼を受けた後は速やかに事件処理に着手しています。依頼者の方の立場で考え、可能なかぎりスピーディーに納得いただける解決へと導きます。

後述するように、当事務所は保険会社の弁護士特約に対応しており、弁護士特約に加入されている方は、相談料・弁護士費用ともに保険会社が負担しますので、ご本人の負担はありません。また、弁護士特約に加入されていなくとも、初回相談料は時間に関わりなく無料です。さらに、着手金と報酬金は獲得した賠償金からお支払いいただけますので、安心してご依頼ください。

「弁護士基準」による適正な賠償額を得るべき

保険会社から提示される額が必ずしも正しいとは限らない

交通事故の損害賠償において、保険会社が最初に提示する損害賠償金(示談金)は、保険会社独自の算定基準に基いたものであることが多いです。一方、弁護士に依頼されれば、保険会社のものよりも高額な算定基準、すなわち「弁護士基準」に従って賠償金が支払われることが多いです。そのため、弁護士を依頼して、「弁護士基準」による適正な補償を受けることをおすすめします。

また過失割合についても同様です。物損・人身事故を問わず、事故の過失割合は損害賠償額の算定に大きく影響するものですが、保険会社から提示される数字が、必ずしも正しいとは限りません。

当事務所では、過去の判例にもとづいた「弁護士基準」で損害賠償額を請求し、過失割合も事故状況を精査することによって適正なものかを検証します。お客様にとって納得のいかない示談提示しかなければ、訴訟での対応をいといません。可能な限り迅速に成果につながるよう尽力します。

ケガの治療が始まる段階から親身にサポート

正しい補償を得るには、正しい治療を受けることが重要

弁護士に相談いただくタイミングとしては、事故の後できるだけ早くであるのが望ましいでしょう。ぜひ、医療機関でケガの治療が始まる早い時期から当事務所にご連絡ください。

慰謝料を適切に受けるためには、通院の頻度や期間など、適切な治療を受けることが欠かせません。忙しさにかまけて、痛みを我慢して通院に欠落期間ができてしまうと、事故と治療との因果関係を疑われることにもなりかねないのです。

正しい補償を得るためには、ケガの治療時から留意すべき点は多々あり、早期に弁護士に相談いただくことで効果的なアドバイスを提供できるメリットは大きいといえます。入院雑費や交通費、付き添い看護の費用などについても、支出の証拠となるものを残しておくことで、付帯部分の請求も適正に行えることになります。

物損事故においても早期の適切な対応が不可欠

加えて物損事故への対応においても、当初の段階で適切な処置をしておかなければ、後になって、車の損傷部分と事故との因果関係を疑われるようなことにもなりかねません。

当事務所では損害賠償の視点から、交通事故の被害者の方への専門的なアドバイスを提供します。最終的に納得のいく補償を得るため、トラブルが起きる前にぜひご相談ください。

後遺症が残ったら「後遺障害」の認定が必要

後遺障害の有無は損害賠償額に大きな影響を与える

交通事故により被った怪我の治療を続けても、残念ながら改善が見込めない場合があります。この場合には、「後遺障害」が交通事故により残ってしまったことになり、その障害の程度によっては、後遺障害に関する損害賠償請求が出来ます。 そして、後遺障害に関する賠償金額は、比較的高額になることが多く、損害賠償額に大きな影響を与えるため、適正な認定を受けることがとても重要です。

その際に、最も重要な資料になるのが、医師が作成する「後遺障害診断書」であり、どのような検査をしたかによって判断が分かれてしまうこともありますので、適正な検査を医師にしてもらうよう(場合によっては医師と面談して)後遺障害診断書の記載内容を充実させていきます。

このように、後遺障害を適正なものにするには、医師の作成する後遺障害診断書の中身を充実させることが欠かせません。つまり診断書の作成前に医師に対して、記載してもらうべき重要なポイントについて知ってもらうことも大切なのです。

後遺障害の認定に確かなノウハウを有する事務所

当事務所は後遺障害の分野に精通しているため、早期にご依頼いただければ、適正な等級認定を受けられる可能性が高いといえます。まずはご依頼者に残ってしまった障害の状況をヒアリングし、等級認定の仕組みをわかりやすく説明します。その上で、どのような診断書を医師に作成してもらうべきかをアドバイスします。

保険会社が提示する「過失割合」を鵜呑みにしない

提示された「数字」に納得いかないときは当事務所に相談を

交通事故は、当事者のどちらか一方に全面的な非があることは珍しく、たいていは被害者にも少し不注意や落ち度があって、事故が起きてしまうものです。そこで被害者の過失の程度(過失割合)に応じて、損害賠償金が減額されます。

基本的な過失割合は事故パターンごとに類型化されていますが、具体的な事情によって修正すべきケースもあります。保険会社に提示された過失割合に納得いかなければ、弁護士に相談してください。当事務所は必要であれば事故現場を訪れ、当時の状況を確認し、依頼者にとって有利になる証拠を探すことに尽力します。

弁護士法人YMP大宮オフィスからのアドバイス

迅速な示談交渉で裁判基準に近い賠償額をめざします

交通事故の対応で大切なのは、事故状況についての事実を迅速に突き詰め、依頼者にとっての最大利益を適正に確保することでしょう。当事務所の強みは、スピードと金額の両立。迅速な示談交渉によって、裁判基準に近い水準の賠償金を獲得します。

そのためにも早期の相談が重要であり、事故後の迅速な対応が、解決への時間短縮と金額的なメリットにつながります。交通事故によるアクシデントは生活に大きく影響しますから、納得のいく補償を得ていただくためにも、ぜひ早めにご相談いただければ幸いです。

弁護士費用特約

弁護士に依頼した際の費用を保険会社が負担

加入している損害保険に弁護士費用特約(自動車弁護士費用等補償特約、弁護士費用補償特約など)がついていれば、保険会社に弁護士費用を負担してもらえます。ほとんどの場合は補償上限額(一般的に300万円)の範囲に収まるため、実質的な自己負担なしで弁護士に依頼できるでしょう。

所属弁護士

配島 大輔(はいじま だいすけ)

登録番号 No.41824
所属弁護士会 埼玉弁護士会

アクセス

大宮駅東口から徒歩3分

埼玉県さいたま市大宮区宮町1-15松屋ビル6階

〒330-0802 埼玉県さいたま市大宮区宮町1-15松屋ビル6階

事務所概要

事務所名 弁護士法人YMP大宮オフィス
代表者 配島 大輔
住所 〒330-0802 埼玉県さいたま市大宮区宮町1-15松屋ビル6階
電話番号 0066-9759-7736
受付時間 毎日9:00〜22:00
定休日 なし
備考
弁護士法人YMP大宮オフィス
弁護士法人YMP大宮オフィス
スマホ・携帯からも無料通話
0066-9759-7736
受付時間
毎日9:00〜22:00

現在14:31です。お気軽にお電話ください。

住所
〒330-0802 埼玉県さいたま市大宮区宮町1-15松屋ビル6階
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP