滋賀弁護士は結果が全てです。弊所は後遺障害の認定にこだわる事務所です。

三宅正樹法律事務所

相談料初回無料 着手金0円~ 報酬金回収額から
三宅正樹法律事務所三宅正樹法律事務所サムネイル0三宅正樹法律事務所サムネイル1

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 夜間対応
  • 土日対応

料金体系

相談料:初回無料
着手金:0円~(弁護士保険特約が利用できる場合はご負担なし)
報酬:回収額から(弁護士保険特約が利用できる場合はご負担なし)

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「三宅正樹法律事務所」ご相談窓口

現在13:01です。お気軽にお電話ください。

お電話での受付窓口 050-5267-5237
受付時間 平日・土日9:00〜21:00

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

事故に遭われた方に正当な賠償金を受け取って頂きたい。
この理念に設立以来こだわって仕事をして参りました。

正当な賠償額を知らずに示談をしている人がたくさんいらっしゃいます

三宅正樹法律事務所は、交通事故事件をもっとも得意としています。滋賀県で交通事故に関して相談したいことがあれば、ぜひ三宅正樹法律事務所にご相談下さい。

弁護士登録以来、交通事故事件を中心に数多くの案件を扱ってきました。これから示談する人にはチェックして頂きたい3つの項目があります。
1つ、慰謝料の金額は本当に正当でしょうか?
2つ、過失割合は本当に正当でしょうか?
3つ、後遺障害の等級は本当に正当でしょうか?

被害者には知識と経験がないため、保険会社から、自賠責基準から任意基準に引き上げた金額を提示され、これくらいかと思って示談されるケースが非常に多いのです。
三宅正樹法律事務所は正当な権利の実現のためには、日頃お付き合いのある保険会社が相手であっても戦うことを厭わない事務所です。事案を精査して正当な賠償金の獲得に全力を尽くすとともに、ご依頼者様のご意向とこれまでの経験と実績を踏まえ落としどころを探すことも致します。是非三宅正樹法律事務所にご相談下さい。

弊所が選ばれる3つの「正当な」理由

1つ、正当な後遺障害の獲得にこだわります

後遺障害の審査は原則として書類審査です。しかるべき時期にしかるべき資料をそろえておかなければ、正当な後遺障害の獲得は不可能です。
三宅正樹法律事務所は、設立以来一貫して後遺障害の獲得にこだわっています。事務所経営における費用対効果を考えるよりも、後遺障害の認定を勝ち取ることにこの仕事のやりがい、おもしろさを感じています。苦労して異議申し立てをして後遺障害を獲得したときは、ご依頼者様よりも喜んでいます。昨今はむち打ちで後遺障害はつかないと言われておりますが(最近は特にそのような傾向がございます)、被害者が泣き寝入りすることがないようむち打ちでの後遺障害認定にも力を注いでいますので、ぜひご相談下さい。

2つ、正当な損害賠償額を獲得します

裁判基準をご存じでしょうか?交通事故で負傷するとこれによって被った精神的苦痛に対する損害賠償として慰謝料が認められています。
慰謝料の計算方法には、自賠責基準、任意保険会社基準、裁判基準があり、被害者本人が交渉している場合、保険会社は自賠責基準・任意保険基準に基づく賠償額を提示してくるのが一般的です。また、後遺障害がついた事案では、後遺障害慰謝料、逸失利益という賠償費目も出てきます。しかし、弁護士が入る前はごく少額しか認定されていないことがほとんどです。裁判基準の方が被害者にとって大幅に有利であることは誰の目にも明らかです。当事務所はこれまで豊富な経験と実績を積んで参りましたのでご安心してご相談下さい。

3つ、正当な過失割合

 交通事故においては、追突事故などを除き、被害者側にも過失があることがほとんどですが、保険会社の言っていることをそのまま受け取っていませんか?多くの場合、保険会社が言っていることは事故の相手方の言い分ですから、示談前には少なくとも基本過失割合を確認してみて下さい。少しでもご不安がございましたらお電話下さい。相手方が歪曲した事実に基づいた事を言っていれば保険会社の過失についての主張も歪みます。

事件処理は最初から最後まで私が対応します

まず、ここまで読んで頂きありがとうございます。この中で保険会社の担当者と話すことが好きな人はほとんどいないと思います。

経験則や知識がないため、担当者の質問にどう答えるか思案したり、保険会社の電話は日中の忙しい時間帯にかかってきますので、交通事故の被害者は少なからずストレスを抱えているものと推察いたします。そのようなストレスから解放されるために弁護士を入れる方もたくさんおられます。そして、弊所は、相談の聞き取り、保険会社との対応、示談交渉まですべてを私が行います。この点、大きな事務所では法律事務員又は新米の勤務弁護士の力を活用して多くの案件を処理しています。大きな看板の事務所の先生に依頼をしてみたものの、実際に保険会社との交渉の窓口書面の作成はその弁護士ではなく別の弁護士や事務員が事件処理を担当していることもあります。

弊所では事件数を絞り事件処理の全てを弁護士自身が行いますが、これが他所との比較の上で一番の強みであると自負しています。たしかにたくさんの人員を用いて大量の事件を処理する方が利益がでます。しかし、依頼を頂いた案件を人任せにすることはどうしても出来ません。私は自分で最初から最後まですべてを把握してご依頼頂いた案件に全力を注ぎたいのです。事務所経営の視点で見たとき、弊所のやり方は経済合理性を欠いていると思います。しかし、私はこの仕事が好きだからむしろ結構なことと考えています。たくさんの利益を出すよりも仕事を通して誰かを助け社会に関わらせて頂けることが大事であると思い日々勉強に励んでおります。少しでも共感頂けましたらご連絡くだされば幸甚です。

画像鑑定医と連携し認定確率を大きくアップさせます。又は、より適正な認定を得るため尽力します

「非該当」からの「異議申し立て」で得た認定も多数あります

認定を左右する要素として、申請する書類や資料に、専門家による医学的な所見が添えられているかどうかも重要な要素です。

当事務所では、画像鑑定医と密接に連携しています。特に「むち打ち」をはじめとした神経症状の事案については、即座に画像鑑定を依頼します。こうした後遺症の立証については、放射線科医との協働が不可欠です。

たとえば保険会社が一括対応する事前認定によって後遺障害認定が「非該当」になった事例や、適正な等級が得られなかった際では、当事務所で「異議申し立て」を行うことが可能です。その場合に、画像鑑定医による所見が意味を成すことが多いのです。

申請に際しては十分な資料を準備します

このように自賠責の認定機関は、後遺障害について、すべて書面審査によって等級認定の可否を判断します。そのため、申請に際してどのような資料を付けるかが非常に重要なのです。弁護士からの意見書によって事故状況を詳細に説明することも含め、当事務所では後遺障害の適正な等級を得るための手厚いサポートを行いますのでお任せください。

毎週土日に交通事故の無料相談会を開催

事故後の不安や疑問を相談会で解消してほしい。なんなりとお話ください。

当事務所では、平日はなかなか時間がとれない方のために、交通事故の被害者の方を対象にした無料相談会を毎週土日に開催しています。不安な点や分からない点などがありましたら、ご予約のうえ遠慮なくお運びください。

10倍の増額や、非該当から高次脳機能障害7級を得た事例も

先日も、保険会社からの当初の提示が30万だったのを、ご自身で頑張って「35万まで上げました」という方がいらっしゃいました。そこから私が介入し、125万まで増額することができ、ご本人はとても喜んでおられました。

また保険会社の当初提示が、後遺障害非該当で60万程度だったのが、当事務所で後遺障害の申請をして12級の認定を得て、賠償額が600万円に上がったという10倍増額の事例もありました。検査画像を当事務所で見たところ、見落としが疑われる点があり、画像鑑定医の目を通したことによって確かな所見が得られ、12級認定に至ったわけです。

さらに、脳神経外科の治療で因果関係を否定されてしまい、高次脳機能障害について事前認定で非該当とされた事例で、当職で申請をし直した結果、高次脳機能障害で後遺障害等級7級を得られた事例も有しています。当事務所の専門的ノウハウによって、高い成果を導けることが多々ありますのでご相談ください。

三宅正樹法律事務所からのメッセージ

確かな経験をもつ当事務所が満足いただける成果を導きます

交通事故には「過失割合」や「休業補償」「逸失利益」など、賠償額に密接に影響する重要な要素が多々あります。当事務所はいずれの項目についても細やかな対応で依頼者の方のメリットを導くために力を尽くします。

ご相談をいただければ、今後どのような手続きを経て、どのような解決が得られるかを具体的にお示しできます。そして何よりも、適正な金額で示談をするためには、交通事故についての正確な知識が不可欠です。交通事故事案に確かな実績をもつ当事務所であれば、きっと満足のいく解決を導けますので、いつでも遠慮なくご相談ください。

弁護士費用特約

自己負担0円で弁護士を使える保険特約があります

加入している損害保険(自動車保険、火災保険、傷害保険など)に弁護士費用特約がついていれば、保険会社に弁護士費用を負担してもらえます。ほとんどの場合は補償上限額(一般的に300万円)の範囲に収まるため、自己負担なしで弁護士に依頼できる便利な特約です。

所属弁護士

三宅 正樹(みやけ まさき)

160801 三宅正樹法律事務所 広場個人写真
登録番号 No.50048
所属弁護士会 滋賀弁護士会

アクセス

JR琵琶湖線 野洲駅

滋賀県野洲市小篠原2215−7

〒520-2331 滋賀県野洲市小篠原2215−7

事務所概要

事務所名 三宅正樹法律事務所
代表者 三宅 正樹
住所 〒520-2331 滋賀県野洲市小篠原2215−7
電話番号 050-5267-5237
受付時間 平日・土日9:00〜21:00
定休日 祝日
備考
三宅正樹法律事務所
三宅正樹法律事務所
スマホ・携帯からも通話可能
050-5267-5237
受付時間
平日・土日9:00〜21:00

現在13:01です。お気軽にお電話ください。

住所
〒520-2331 滋賀県野洲市小篠原2215−7
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営会社】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
JR中央線・高円寺駅(南口)徒歩4分 TEL:03-5929-7575 営業時間 9:00~18:00(平日)
© 2021 Agoora.inc.

TOP