【厳選掲載】交通事故問題に強い弁護士

栃木県・宇都宮で交通事故に強い弁護士に相談

  • おおるり総合法律事務所(弁護士法人)矢板支店
    最寄駅 所在地栃木県矢板市末広町45-7
    電話番号0287-40-0305 営業時間10:00~17:00
  • さくら法律事務所
    最寄駅宇都宮駅 所在地栃木県宇都宮市西大寛2丁目1-5
    電話番号028-610-9987 営業時間
  • さの総合法律事務所
    最寄駅 所在地栃木県佐野市赤坂960-12
    電話番号0283-20-5351 営業時間9:00~18:00
  • とちぎ総合法律事務所
    最寄駅宇都宮駅 所在地栃木県宇都宮市滝谷町20-20-101
    電話番号028-612-6130 営業時間8:00~19:00、土日営業
  • とちのき法律事務所
    最寄駅 所在地栃木県宇都宮市元今泉3丁目20-16-A
    電話番号028-612-6847 営業時間10:00~18:00
  • はるか栃木支部栃木宇都宮法律事務所(弁護士法人)
    最寄駅宇都宮駅 所在地栃木県宇都宮市大通り2丁目3-1
    電話番号028-666-8588 営業時間9:00~21:00、土日営業
  • ひととのや法律事務所(弁護士法人)
    最寄駅 所在地栃木県小山市神鳥谷5丁目17-7
    電話番号0285-38-6031 営業時間9:00~12:00、13:00~18:00
  • ほたか総合法律事務所(弁護士法人)
    最寄駅宇都宮駅 所在地栃木県宇都宮市操町4-5
    電話番号028-636-6701 営業時間9:30~18:30
  • 阿部法律事務所
    最寄駅宇都宮駅 所在地栃木県宇都宮市小幡1丁目1-27
    電話番号028-680-7220 営業時間

弁護士に相談する前に!
栃木県・宇都宮の交通事故問題について知る

栃木県・宇都宮の交通事故 特徴

栃木県では交通事故発生件数、死亡者数、負傷者数ともにここ5年間では年々減少しているのが特徴です。平成24年のデータでは、発生件数は全国で28位、死亡者数は20位、負傷者数は27位になっています。ただ平成26年の状況では、人口10万人あたりの死者数は全国ワースト8位と高い水準になっています。また、高齢者の死亡者数が多いこと、飲酒運転が多いことなどが、栃木県の交通事故の特徴です。

県下で事故の発生が多いのは宇都宮市で、平成24年には2,576件も発生しています。次いで足利市、栃木市、佐野市、那須塩原市などが多くなっています。発生場所としては国道、県道以外にも、市町村道での事故が多いという特徴があります。他府県同様に高齢者が犠牲になる事故が発生しています。高齢者は事故後の損害賠償の交渉などが自分でできずに、保険会社にいわれるままに進める傾向があります。家族は本人任せにせずに、間に入るとか、交通事故専門の弁護士事務所に相談することをおすすめします。


栃木県・宇都宮の交通事故傾向

発生件数

発生件数は5年間で4,200件も減少しています

栃木県では交通事故の発生件数は、平成20年は11,637件でしたが、翌平成21年には10,732件、平成22年には10,053件と年々減少していき、平成23年には8,413件と大幅に減少しました。平成25年には7,437件にまで減り、平成20年からでは4,200件も減少しています。これは36%も減少した計算になります。減少の背景には、栃木県警が高齢者や事故に関与する可能性が高い若年層を対象にした交通安全教育の取り組みに力を入れたことがあると考えられます。

死傷者数

死亡者数は大幅減少とはならず

発生件数は大幅に減少している栃木県ですが、残念ながら死亡者数は微減といった状況です。平成20年の死亡者は129人でした。その後、平成22年には146人にまで増加してしまいます。平成24年には100人を切り94人になりますが、平成25年は101人に増加しました。人口10万人当たりの死亡者数は5.07人で、全国平均の3.43人より多くなっています。
一方、負傷者数は平成20年は15,115人と多かったものの、翌平成21年には13,876人にまで減少。その後も年々減少していき、平成25年には9,389人と1万人を切るようになりました。人口10万人当たりの負傷者数は515人(平成24年のデータ)で、全国の中では34位と低い数値になっています。

高齢者

高齢者の死亡が全体の53.3%

栃木県では交通事故の全死亡者数のうち、高齢者が53.3%を占めています。15歳以下は0人、16歳から24歳が11人、25歳から64歳までの死亡者が36人なのに対して、65歳以上は54人も亡くなっています。高齢者が死亡する事故では歩行者の犠牲が多く、当事者としては車の運転をする場合に多く発生しています。その背景には、高齢のドライバーの割合が増加していることが考えられます。栃木県では平成13年を100とすると、高齢のドライバーの数は年々増加し、平成22年には160にまで増えています。ただ、高齢者の事故や高齢ドライバーが1次当事者となるケースは減少傾向にあります。今後も対策を強化することで、死亡事故の減少が期待されます。

訴訟例

栃木県内でも交通事故の発生件数が多い宇都宮市の宇都宮地方裁判所によると、宇都宮市は「自転車の町」と呼ばれるほど自転車が多く、自転車に関する事故が多発しているそうです。また、近年は任意保険に弁護士費用特約を付加する人が増えたため、訴訟する事例が増えているということです。中でも多いのが過失割合を巡る裁判です。証拠となるドライブレコーダーなどがあればいいのですが、装着していないケースが多く、もめる原因になっています。

過失割合を事故の当事者同士が話し合っても、自分の過失を低く訴えるばかりで水掛け論になりがちです。そのため、話し合いが進まないという結果になります。保険会社が間に入っても、納得のいく賠償額が得られないケースが多いようです。弁護士特約をつけていない場合や、被害者になった場合でも弁護士事務所を利用すると、スムーズな解決が得られます。

栃木県の交通事故問題 弁護士対応市町村

宇都宮市・足利市・栃木市・佐野市・鹿沼市・日光市・小山市・真岡市・大田原市・矢板市・那須塩原市・さくら市・那須烏山市・下野市・上三川町・益子町・茂木町・市貝町・芳賀町・壬生町・野木町・岩舟町・塩谷町・高根沢町・那須町・那珂川町

弁護士をお探しの栃木県・宇都宮在住の方へ

栃木県・宇都宮にお住まいで、万が一交通事故問題に巻き込まれてしまったら、栃木県・宇都宮に事務所を構える弁護士事務所か、交通事故問題に強い出張可能な弁護士に相談することで示談交渉がスムーズに進み、賠償金(慰謝料)の増額につながることは間違いありません。

まずはお気軽に無料相談してみてください。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2019 Agoora.inc.

TOP