栃木県親しみやすいベテラン弁護士が解決までの道筋を示します

須藤博法律事務所

相談料0 着手金0 報酬金回収額から
須藤博法律事務所須藤博法律事務所サムネイル0須藤博法律事務所サムネイル1須藤博法律事務所サムネイル2

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 夜間対応
  • 土日対応

料金体系

相談料・着手金:無料
報酬金:10万+得られた利益の10%
消費税は別途加算されます

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「須藤博法律事務所」ご相談窓口

現在17:18です。お気軽にお電話ください。

お電話での相談窓口【通話無料】 0066-9687-7633
受付時間 平日7:00~19:00

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

宇都宮市に密着した相談しやすい法律事務所

弁護士歴20年以上。平日夜間や土日祝日も対応

須藤博法律事務所は宇都宮市にある親しみやすい法律事務所です。代表弁護士の須藤博は20年以上にわたってこの地域に密着しており、過去の依頼者から紹介を受けることも数多くあります。

現在は2名の弁護士が交通事故に関するさまざまな相談に対応。事故の大小にかかわらず、一つひとつの依頼に全力で取り組みます。平日夜間や土日祝日も対応可能ですので、お気軽にご相談ください(要予約)。

相談者の視点にあわせて、わかりやすく丁寧に説明

sutou02

私たちは相談者が話しやすい雰囲気をつくって、事実関係をしっかり聞くことを心がけています。客観的な事実を正確に把握しなければ、適正な損害賠償を請求できないからです。被害者の感情をほぐす意味でも、丁寧なヒアリングは欠かせません。

くわえて、わかりやすく丁寧に伝えることも大切にしています。代表弁護士は会社員経験があるため、相談者の視点にあわせた説明が得意。相手方の保険会社から示談案を提示された後には、依頼者が得られる経済的利益など客観的な見通しを示します。

もちろん、保険会社から示談案を提示されるまで放っておくことはありません。治療期間中にアドバイスを行いながら、二人三脚で問題の解決をめざします。

治療期間中におさえてほしいポイント

診察を受けた日付とケガの状況をメモに残しておく

治療期間中に大切なポイントは、ささいな自覚症状も医師へ伝えること。そして、事故前と比較して支障が生じた点を詳しく説明してください。適切な治療を受けるためだけではなく、カルテや診断書の記録が後遺障害の認定を受ける際に重視されるからです。

さらに、診察を受けた日付とケガの状況をメモに残しておいたほうがいいでしょう。後遺障害の認定においては「後遺障害診断書」も重要な判断材料となるので、詳細な記載を主治医にお願いすることをおすすめします。

「治療費の支払い打ち切り=治療終了」ではない

事故にあって数ヵ月経つと、往々にして相手方の保険会社から治療の打ち切りを求められます。その要求が不当な可能性もあるので、疑問を感じたら弁護士に相談してください。

たとえば一般的なむちうち症(画像診断で裏づけがとれない症状)の場合、治療期間の目安は3ヵ月。それよりも短期間で治療費の支払いが打ち切られたら、主治医の意見を確認したうえで自費通院を続けましょう。当事務所は支払った治療費分を上乗せした損害賠償額を請求します。

事故の過失割合を変えるためには

加害者の速度超過や一時停止違反などを示す証拠を探す

事故の基本的な過失割合は類型化された事故パターンをもとに決まります。とはいえ、速度超過や一時停止違反などの「修正要素」が考慮されていない可能性も。そこで当事務所は実況見分調書を取り寄せたり、事後現場を調べたりして、修正要素の有無を調べます。

ほとんどの事故では被害者にもなんらかの過失があったと判断されますが、弁護士が客観的証拠をそろえれば、過失ゼロが認められる場合もあります。当事務所はドライブレコーダーの映像を解析して、加害者が速度超過や一時停止違反をしていた点を指摘。戦略的な交渉によって、1割の過失を実質的にゼロへと修正することができました。

提示される損害賠償金は低い?安易な示談に注意を

保険会社の提示額と「裁判基準」にもとづく賠償額は異なる

相手方の保険会社から示談案を提示されたら、安易にサインをしないようにしましょう。保険会社が最初に示す損害賠償額は、過去の判例にもとづいた「裁判基準」の金額よりも低いケースがほとんどだからです。

私たちが依頼を受ければ、裁判基準による正当な賠償額を求めて保険会社と交渉します。大きな争点がない場合、交渉開始から3ヵ月以内に決着(裁判基準に近い賠償額で示談)することが多いでしょう。依頼者が妥協を望まない場合は裁判で戦いますが、解決まで6ヵ月以上はかかります。

須藤博法律事務所からのアドバイス

sutou07

示談に応じる前ならば、いつ弁護士に相談してもいい

ほとんどの被害者の方は事故にあうのは初めてなので、不安なことばかりだと思います。悩みやストレスを感じていたら、弁護士へ相談することをおすすめします。まずは自宅の近くや通勤経路にある法律事務所を探してみましょう。示談に応じる前ならば、どのタイミングで相談してもかまいません。

弁護士費用特約

弁護士費用を負担してくれる特約。家族の保険が使える場合も

加入している損害保険(自動車保険、火災保険、傷害保険など)に「弁護士費用特約」がついていれば、弁護士費用を保険会社に負担してもらえます(一般的に300万円まで)。この特約を使っても保険料は上がらず、依頼する弁護士が指定されることもありません。

また、家族が加入している保険の特約が使える場合もあります。最近は弁護士費用特約がついている自動車保険が多いので、保険会社に特約の有無を確認のうえ、積極的に活用しましょう。

所属弁護士

須藤 博 (すとう ひろし)

須藤博

所属弁護士会 栃木県弁護士会
登録番号 No.22952

アクセス

東武宇都宮線 東武宇都宮駅より徒歩14分

栃木県宇都宮市小幡2-7-8

〒320-0036 栃木県宇都宮市小幡2-7-8

事務所概要

事務所名 須藤博法律事務所
代表者 須藤 博
住所 〒320-0036 栃木県宇都宮市小幡2-7-8
電話番号 0066-9687-7633
受付時間 平日7:00~19:00
定休日 土日祝(事前にご連絡頂ければ土日祝や時間外も対応いたします。)
備考
須藤博法律事務所
須藤博法律事務所
スマホ・携帯からも無料通話
0066-9687-7633
受付時間
平日7:00~19:00

現在17:18です。お気軽にお電話ください。

住所
〒320-0036 栃木県宇都宮市小幡2-7-8
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP