栃木事故後はできるだけ早く相談を! 身近で親しみやすい事務所です

栃木フォレスト法律事務所

相談料初回無料 着手金0 報酬金回収額から
栃木フォレスト法律事務所栃木フォレスト法律事務所サムネイル0栃木フォレスト法律事務所サムネイル1栃木フォレスト法律事務所サムネイル2

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 夜間対応
  • 土日対応

料金体系

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「栃木フォレスト法律事務所」ご相談窓口

現在03:38。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

お電話での相談窓口【通話無料】準備中
受付時間 平日 9:00〜18:00

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

栃木県出身の女性弁護士が親身に対応

「親しみやすさ」「話しやすさ」には定評

「栃木フォレスト法律事務所」は栃木県出身の女性弁護士・古山弘子が「地元への恩返しがしたい」という思いで故郷に戻り、開設した弁護士事務所です。女性ならではの柔らかなスタンスでご相談にご対応。どんな問題でも、お客様のお話をじっくりうかがい、「親しみやすさ」「話しやすさ」には定評があります。

女性のもつ柔軟な視点や丁寧な物腰を生かし、依頼者の心情に寄り添うことができるのは女性弁護士ならではの感性。また当事務所の女性事務スタッフの接遇も、依頼者の方から好評をいただいていますので安心してご相談ください。

交通事故の損害賠償には3つの基準がある

保険会社からの提示額は本来の基準よりもかなり低い

交通事故に遭った被害者は、相手方の保険会社と慰謝料をはじめとした損害賠償額について示談交渉を行うことになります。その金額の算出には、「自賠責基準」「任意保険基準」「裁判基準」という3種類の基準があり、下記のような内容となっています。

○自賠責基準

自賠責保険は法律に基づいて加入が義務付けられる強制保険です。国が決めた必要最低限の補償内容であるため、3つの基準のうちでもっとも低い金額になります。

○任意保険基準

各保険会社が独自に決めている社内的な基準をいいます。内容は保険会社ごとに異なりますが、自賠責基準よりも少し高い程度で、裁判基準と比較すると非常に低い金額であるのが普通です。

○裁判基準

過去の判例で認められた額にもとづき、弁護士が保険会社と交渉するときに使用する基準です。最も金額が高く、法的に正当な基準ということができます。裁判になれば、裁判所はこの基準によって金額を算定することになります。

数百万円から数千万円もの差が生じることも

裁判基準による正当な損害賠償額の獲得を目指す

加害者側の保険会社が最初に被害者に提示する損害賠償額は、多くの場合「自賠責基準」や「任意保険基準」にもとづいたものとなります。これは、本来認められるべき「裁判基準」での賠償額よりも、半額から3分の1程度に抑えられているケースも珍しくなく、そのまま示談に応じてしまえば大きな損失を被ってしまうことになります。

特に死亡事故や重い後遺障害(後遺症)が残った場合には、数百万円から数千万円もの差が生じることも。当事務所は示談交渉や訴訟を通じて、裁判基準による正当な損害賠償額の獲得を目指していきます。

保険会社との交渉を弁護士がすべて代行

また、交通事故に遭った際に弁護士に依頼いただくと、こうした保険会社との交渉を、弁護士がすべて代行することができます。示談交渉では、誠意の感じられない対応をしてくる保険会社の担当者も少なくありませんから、そうしたストレスから解放されるのは依頼者にとって有益といえるでしょう。

保険会社から治療費の打ち切りを通告されると…

医師の意見を確認し、治療の継続を保険会社と交渉

事故後、ケガの治療が数ヵ月経つと、保険会社が治療の打ち切りを求めてくることがあります。その場合、当職は医師の意見を確認のうえ、依頼者の治療継続を保険会社と交渉します。結果として1~2ヵ月ほど治療期間が延長されたケースが多数あります。

こうした交渉は、依頼者ご自身よりも弁護士が行うほうが聞き入れてもらいやすい面もあります。医師に治療の状況を確認し、治療継続の必要があれば報告書を添付するなどして、保険会社の承諾を取り付けていきます。

後遺障害での適正な等級認定の獲得には

医師が作成する「後遺障害診断書」の内容が重要

事故後の治療でケガが完治せず、後遺症が残ってしまう例は少なくありません。その際に、交通事故の損害賠償には「後遺障害」という概念があります。後遺症の内容が審査機関の定める条件を満たすものであれば、重い順から1~14級の等級によって認定されます。

後遺障害の有無や、どの等級になるかは損害賠償額に大きな影響を与えるため、適切な認定を受けることが非常に重要です。当事務所は、治療の通院段階から専門的アドバイスを提供し、適正な等級を得るためのサポートを積極的に実施。医師が作成する「後遺障害診断書」の記載内容の充実など、依頼者のご要望に応じて臨機応変に対応しますので、後遺症に関する相談も遠慮なくお寄せください。

保険会社は賠償の支払い額を抑えたいと考えがち

依頼者の利益の最大化を求めて保険会社との交渉に臨む

私自身、親が損害保険会社の代理店業務を行うなど、これまで身近なところに損保会社の存在がありました。保険会社は交通事故の被害者に対して、それほどひどい対応をするわけではないとの思いはありますが、その一方で、示談提示についてはできるだけ補償の支払いを抑えたいという企業論理がはたらくのも事実だと感じます。

弁護士は、そうした企業の都合など関係なく、依頼者つまり被害者のメリットの最大化を求めて保険会社との示談交渉に臨みます。保険会社のスタンスをよく知る当職ならではの交渉も可能であり、依頼者の方の最大利益を求めて常に行動しますので、安心してお任せいただければと思います。

栃木フォレスト法律事務所からのアドバイス

早めに弁護士に相談することで得られるメリットは多くある

交通事故の被害者の方は、保険会社の対応がある程度進んだ後、治療費の打ち切り通告のタイミングなどで相談に来られる方が多いのですが、さらに早い段階で一度話しに来られることをおすすめします。

事故内容の証拠や資料が十分な早い段階のうちに、弁護士が入って過失割合などの精査を済ませ、ご自身にとって有利な内容にしておくことで、後の損害賠償の交渉でもメリットを得る確率が高まります。弁護士に早期に相談いただくことで得られる利点は大きいですから、ぜひ早めにご依頼いただき、適正な賠償を手にしてほしいと思います。

弁護士費用特約

弁護士費用や訴訟にかかる金額を保険会社が負担

損害保険会社の「弁護士費用特約」を活用すれば、弁護士に依頼する費用を心配することなく問題解決にあたることが可能になります。一般的に300万円を上限に、弁護士費用や訴訟にかかる金額を保険会社が負担してくれますから安心して相談できるでしょう。

所属弁護士

古山 弘子(ふるやま ひろこ)

古山 弘子
登録番号 No.37729
所属弁護士会 栃木県弁護士会

アクセス

新栃木駅から徒歩2分
お客様用駐車場完備

栃木県栃木市平柳町1-11-11悠悠プラザ2階

〒328-0012 栃木県栃木市平柳町1-11-11悠悠プラザ2階

事務所概要

事務所名 栃木フォレスト法律事務所
代表者 古山 弘子
住所 〒328-0012 栃木県栃木市平柳町1-11-11悠悠プラザ2階
電話番号 準備中
受付時間 平日 9:00〜18:00
定休日 土日祝日
備考
栃木フォレスト法律事務所
栃木フォレスト法律事務所
スマホ・携帯からも無料通話
準備中
受付時間
平日 9:00〜18:00

現在03:38。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒328-0012 栃木県栃木市平柳町1-11-11悠悠プラザ2階
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP