徳島県後悔しないために早めの相談! 真摯な対応で確かな補償に繋げます

泉法律事務所

相談料0 着手金0 報酬金回収額から
泉法律事務所

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 夜間対応
  • 土日対応

料金体系

相談料無料、着手金無料
報酬金 20万円+受け取った金額の10%(税別)

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「泉法律事務所」ご相談窓口

現在11:00です。お気軽にお電話ください。

お電話での相談窓口【通話無料】0066-9687-7347
受付時間 平日 9:30〜18:00

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

地元徳島出身の弁護士が真摯に対応

平日夜間や休日の対応もOK! 駐車場も完備

「泉法律事務所」は地元徳島出身の弁護士・泉智之が代表を務める鳴門市の法律事務所です。東京の事務所で研鑽を積んだあと、「故郷の徳島の皆さんの役に立ちたい」という思いで開業しました。初回相談料は1時間無料で、休日や平日夜間でも、事前に予約をいただければ面談はもちろん可能。事務所には、お客様用の駐車場も備えていますので安心してお越しください。

今後の見通しを示し、被害者の不安を解消

交通事故にあった被害者の方は、精神的にダメージを受けているケースが多くあります。保険会社から治療の打ち切りや、損害賠償の示談提示を受けても、どう判断して対応していけばいいのか分からないということも多々あります。事故解決の専門家である弁護士に相談いただくことで、対応をすべて任せることができるから安心です。

そして、交通事故の損害賠償金には、複数の算定基準があります。相手方の保険会社はふつう、支払う金額を抑えるために「自賠責保険基準」や「任意保険基準」で算出した賠償額(示談金額)を提示してくるので注意が必要です。

その点、私たち弁護士は、過去の判例にもとづいた「弁護士基準」で損害賠償額を請求しますから、当初の提示額よりも上がる場合がほとんど。当事務所では面談時に、補償についての今後の見通しについても、できる限り分かりやすくお伝えします。被害者が不安に思っている点に真摯に向き合い、安心感を得ていただけるようサポートしていきます。

交通事故の相談はできるだけ早めに!

治療段階から専門的なアドバイスを提供

交通事故による治療(通院)の際に、痛みやしびれのある部位について、医師に正確な情報を伝え損なったばかりに、後に適正な損害賠償額が認められないことがあります。

ケガの状況を医師に正しく申告し、適切な頻度で通院し、事故との因果関係を示すための検査や治療を受けておくことが、後の十分な通院慰謝料の請求や、後遺障害(後遺症)の認定につながっていくことになります。適正な損害賠償を得るためにふさわしい治療の受け方について、当事務所で専門的なアドバイスを提供していきます。

だからこそ交通事故の被害に遭った方は、事故後のできるだけ早い段階から弁護士に相談に来られることをおすすめします。事故直後から相談を受けることで、医師への情報の伝え忘れをなくし、適正な損害賠償を受けられるようにフォローします。

治療費の打ち切りを通告されたら…

医師に確認し、保険会社に医療費の継続を交渉

一定の治療期間が経過したあと、保険会社から「治療費の打ち切り」を通告され、どうしていいかわからず相談に来られる方もおられます。むち打ちの場合は、通常6カ月程度の治療を経ると、打ち切りを打診されるケースが多く見受けられます。

しかし治療の継続を判断するのは保険会社ではなく、あくまでも医師です。当事務所ではケガと治療の状況を担当医に確認し、治療によって回復の可能性があるということであれば、保険会社に医療費の継続を交渉。その結果、数カ月延長されたこともあります。

それでも保険会社が延長に同意しない場合には、健康保険を使って治療を優先。その後の損害賠償請求時に、治療費を併せて請求することを考えるべきでしょう。

後遺症が残ったら「後遺障害」の認定に動く

「非該当」となれば「異議申し立て」を実施

事故のケガによって後遺症が残ってしまった場合、交通事故の損害賠償には「後遺障害」という概念があり、症状の内容に応じて1~14級の等級で認定されることとなります。この後遺障害の有無や等級は損害賠償額に大きな影響を与えるため、適切な認定を受けることが非常に重要です。

後遺障害の等級認定を申請する手続きには2つの方法があり、ひとつは相手方の保険会社による「事前認定」、もうひとつは被害者側による「被害者請求」です。当事務所では必要に応じて被害者請求による手続きを実施。また事前認定において認定が「非該当」となった場合には、「異議申し立て」によって認定手続きの再申請も行います。

後遺障害診断書の記載内容の充実が不可欠

後遺障害の適正な等級認定を受けるには、医師が作成する「後遺障害診断書」をはじめ、通院段階からのカルテや診療記録への詳細な記載が欠かせません。医師は治療の専門家ではありますが、損害賠償を得るためにはどのような記載内容や資料が必要かという知識は不十分ですから、弁護士からのアドバイスが必要なケースもあるのです。

当事務所では、そうした助言や要望を医師に汲み取ってもらうことによって資料の充実をはかり、非該当から14級などの等級獲得に至った例も多々有しています。

過失割合に「納得がいかない」とき

依頼者の要望に応えて妥協なく争う

事故の「過失割合」も損害賠償額に大きく関わります。たとえば被害者に3割の過失があると、賠償額も3割減るわけです。過失割合について「納得がいかない」と相談をいただく例も多く、当事務所では依頼者の要望に応じて、訴訟による争いにも対応していきます。

人身事故の場合は警察による「実況見分調書」を取り寄せ、「信号記録」を精査することで相手方の主張に合理性がないことを示した事例や、目撃者のいない事故で、依頼者側の車のキズの付き方について民間の専門調査会社による意見書を提出し、過失割合を有利に修正した例もあります。もし事故の過失割合に納得できない状況に直面したら、当事務所にご相談ください。

泉法律事務所からのアドバイス

弁護士への相談は病院に行くのと同じくらい大切なコト

交通事故は言うまでもなく突発的なアクシデントです。事故に遭ってしまった際には、たとえば病院に行くのと同じくらい必要なこととして、どうぞ弁護士への相談をお考えください。「重度のケガで仕事が出来なくなり、今後の生活が不安でしたが、当初の提示を超える十分な補償が受けられたので、先生には本当に感謝しています」といった多くの声を依頼者の方からいただいています。ぜひ早めのご相談をお待ちしています。

弁護士費用特約

ご自身で弁護士費用を負担する必要がない便利な特約

ご加入の自動車保険に弁護士費用特約が付帯されている場合は、原則として弁護士費用をご負担いただく必要がありません。補償される弁護士費用の限度は300万円ですが、ほとんどの場合で弁護士費用がその金額を超えることはなく、ご自身の費用負担の必要がない非常に便利な特約です。ぜひ一度、ご自身の保険契約の内容を確認されることをおすすめします。

所属弁護士

泉 智之(いずみ さとし)

泉 智之
登録番号 No.51237
所属弁護士会 徳島弁護士会

アクセス

駐車場有り

徳島県鳴門市撫養町林崎字北殿町91番地1

〒772-0016 徳島県鳴門市撫養町林崎字北殿町91番地1

事務所概要

事務所名 泉法律事務所
代表者 泉 智之
住所 〒772-0016 徳島県鳴門市撫養町林崎字北殿町91番地1
電話番号 0066-9687-7347
受付時間 平日 9:30〜18:00
定休日 土日祝日
備考 事前に予約をいただければ、休日や平日夜間でも、面談が可能です。お気軽にご予約下さい。
泉法律事務所
泉法律事務所
スマホ・携帯からも無料通話
0066-9687-7347
受付時間
平日 9:30〜18:00

現在11:00です。お気軽にお電話ください。

住所
〒772-0016 徳島県鳴門市撫養町林崎字北殿町91番地1
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP