東京都重度の後遺障害もOK! 納得の賠償に向けて万全サポートを提供

弁護士法人イデア・パートナーズ法律事務所

相談料初回無料 着手金0 報酬金回収額から
弁護士法人イデア・パートナーズ法律事務所弁護士法人イデア・パートナーズ法律事務所サムネイル0弁護士法人イデア・パートナーズ法律事務所サムネイル1弁護士法人イデア・パートナーズ法律事務所サムネイル2

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 夜間対応
  • 土日対応

料金体系

相談料:初回無料、着手金:0円    
報酬金:20万円+回収額の10%

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「弁護士法人イデア・パートナーズ法律事務所」ご相談窓口

現在10:02です。お気軽にお電話ください。

お電話での相談窓口【通話無料】 0066-9759-7784
受付時間 平日 9:00〜18:00

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

恵比寿駅から徒歩5分の便利な立地

初回相談料無料、着手金0円の完全成功報酬制

イデアパートナーズ法律事務所1

「弁護士法人イデア・パートナーズ法律事務所」は恵比寿駅から徒歩5分の場所にあるアクセス便利な法律事務所です。交通事故の案件は、原則として初回相談料無料、着手金0円の完全成功報酬制でお受けしていますので、先に費用の持ち出しになることもありません。安心してご相談ください。

損害賠償の金額には3つの基準がある

弁護士が代理人となることで、賠償額が上がるケースがほとんど

交通事故の損害賠償金には、金額が低いものから順に、「自賠責保険基準」「任意保険基準」「弁護士基準」の3つがあります。相手方の保険会社はふつう、自社の支払い金額を抑えるために、本来の額よりも低い「自賠責保険基準」や「任意保険基準」で算出した賠償額を提示してきます。

いっぽう弁護士は、過去の判例にもとづいた「弁護士基準」で損害賠償額を請求するので、保険会社の提示額よりも上がる場合がほとんどです。特に慰謝料などについては、算定に用いる基準に大きな開きがあるため、弁護士を通して交渉することで、大幅な増額を得られることが少なくないのです。

加えて弁護士が代理人となることで、事故後のわずらわしい保険会社対応もすべてお任せいただくことができます。知らず知らずのうちに損をしないためにも、すぐに示談書へサインせず、まずは当事務所へ相談してください。

「後遺障害」の適正な等級を得るために…

障害の状況を補完するための資料の添付が欠かせない

交通事故の示談金増額に最も大きな影響があるのが「後遺障害認定」です。後遺障害認定で適切な等級が得られるかどうかは、損害賠償額に大きな影響を与えることになります。

当事務所では事故の状況に応じて、自ら必要資料をそろえる「被害者請求」での認定の申請を行っています。当事務所は交通事故における後遺障害認定を非常に得意としていますので、むち打ちのほか重度の後遺症が残るような際にはぜひご相談ください。

たとえば、高次脳機能障害が疑われるケースにおいては、必要な書類は後遺障害診断書だけではなく、障害の状況を補完するための資料の添付が欠かせません。「頭部外傷後の意識障害についての所見」、「神経系統の障害に関する医学的所見」、「日常生活状況報告」といった書類の作成が必要になり、当事務所でそうした専門サポートも可能です。

審査結果に納得できなければ「異議申し立て」

「非該当」でも、あきらめずに当事務所に相談を!

また、後遺障害認定の審査結果が「非該当」となったような事例では、その理由の開示請求を行った上で徹底的に分析し、後遺障害診断書の再作成など証拠を充実させた上で「異議申し立て」を実施します。

それでも解決しない場合は、自賠責保険・共済紛争処理機構に対する「紛争処理申請」まで徹底して行います。当事務所ではそれによって当初の判定がくつがえり、等級が認定されたけケースを過去に多数有しています。

異議申し立ての際には、医師に対して後遺障害診断書の作成し直しを依頼することもあります。後遺障害に認定されると、一番低い14級だとしても約100万円もの示談金を増額することが可能となります。他の事務所で「非該当」となった場合についても、あきらめることなく当事務所までご相談ください。

成年後見人が就任しなければならないケースも…

重い後遺障害については特有の損害項目というものがあります。自宅介護になった場合の自宅改造費や付添人の費用などは、あまり経験のない弁護士だと落としてしまいがちです。バリアフリーに変える必要が生じたケースなど、実際に保険会社に費用請求が認められた例も有しています。

また重度後遺障害事案においては、被害者の側に成年後見人が就任しなければならないケースもあります。当事務所の弁護士は、成年後見開始の申立てのみならず、成年後見人としての経験も多数有しております。ご家族の不安を解消するために多方面からのご相談をお受けしますので、安心してお任せいただければ幸いです。

「過失割合」も損害賠償額に大きく影響

地道な証拠固めが、過失割合の交渉を有利にしていく

交通事故の示談交渉において、加害者側との争いが生じやすいものに、「過失割合」があります。交通事故は多くの場合、被害者であっても一定の過失割合を負うこととなり、その程度を数字で表すのです。被害者側の過失は相殺されて賠償金の総額が減ってしまうため、正当な過失割合を主張するのはとても大事なことです。

当事務所は必要に応じて事故現場まで赴き、依頼者の方から細かく状況をききながら、その時の停車位置、道路の幅員、通行量などを精査します。それをもとに立証要素を集め、正しい過失割合を主張して相手方を説得するようと努めます。こうした地道な証拠固めが、過失割合の交渉を有利にしていくことになるのです。

過去には相手方保険会社から「被害者30:加害者70」の過失割合が提示された事案で、当事務所で車両の損傷箇所や道路の状況などで総合的に判断したところ、被害者(依頼者)にほとんど非がないことが分かりました。その結果、依頼者の主張通り、「被害者5:加害者95」の過失割合によって示談を成立させることができました。

当事務所の代表弁護士は、理学部物理学科卒業

当事務所の弁護士は、理学部物理学科卒という弁護士としては珍しい経歴を有しています。こうした過失割合の交渉において、物理的な法則に照らし合わせて走行速度や衝突角度などを想定し、事故当時の状況を再現できるのも強みのひとつです。依頼者に納得のいく解決を導けるようベストを尽くしますので、いつでも遠慮なくご相談ください。

弁護士法人イデア・パートナーズ法律事務所からのアドバイス

もし事故に遭ってしまったら、できるだけ早く相談を

交通事故後の問題解決は、多くの人が慣れない要素を多く抱えています。誰に相談していいのかなど、分からないことは多々あるでしょう。

そんな時に、当事務所があなたの力になります。得られるメリットについて、まずは当事務所の無料相談を活用してみてください。もしも事故に遭ってしまったら、できるだけ早くご相談いただくことをおすすめしています。

弁護士費用特約

弁護士費用を保険から支払うことができる特約の制度

ご自身の自動車保険に弁護士費用特約が付帯されている場合は、300万円まで弁護士費用を保険から支払うことが可能です。当事務所はこの弁護士費用特約の利用も可能ですので、まずは一度ご自身の保険証券をお手元にご準備のうえ、当事務所までご連絡下さい。

所属弁護士

上野 潤(うえの じゅん)

上野 潤
登録番号 No.39400
所属弁護士会 東京弁護士会

亀ヶ谷 貴之(かめがや たかゆき)

登録番号 No.55958
所属弁護士会 東京弁護士会

アクセス

JR・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅(西口)より 徒歩5分

東京都渋谷区恵比寿西2-2-6 エビスファイブビル3階

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-2-6 エビスファイブビル3階

事務所概要

事務所名 弁護士法人イデア・パートナーズ法律事務所
代表者 上野 潤
住所 〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-2-6 エビスファイブビル3階
電話番号 0066-9759-7784
受付時間 平日 9:00〜18:00
定休日 土日祝日
備考
弁護士法人イデア・パートナーズ法律事務所
弁護士法人イデア・パートナーズ法律事務所
スマホ・携帯からも無料通話
0066-9759-7784
受付時間
平日 9:00〜18:00

現在10:02です。お気軽にお電話ください。

住所
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-2-6 エビスファイブビル3階
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP