東京事故対応のストレスから解放し 賠償増額の最大化を実現します!

稲坂将成法律事務所

相談料初回無料 着手金0 報酬金回収額から
稲坂将成法律事務所

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 24H電話
  • 土日対応

料金体系

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「稲坂将成法律事務所」ご相談窓口

現在19:23。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

お電話での相談窓口【通話無料】準備中
受付時間 平日 9:00〜18:00

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

東大和市で活躍する地域に根差した法律事務所

相談者の目線に立ち、話しやすい雰囲気になるよう気配り

東大和市の「稲坂将成法律事務所」は、〝自由に生きるお手伝い″をキャッチフレーズにした地域密着型の法律事務所です。3名の弁護士がフットワーク軽く交通事故の事案にご対応。平日夜間や土日祝日でも事前に予約があれば面談は可能です。事務所にはお客様用駐車場も備えていますので、お車でも安心してお越しください。

当事務所では交通事故案件の相談料は初回無料としていますが、あえて「お見積もり無料」と表現しています。ご相談時に、可能な限り増額見通しや今後の方向性についてご提示。それはいわば、ご依頼いただくかどうかの判断材料を提示するわけですから、その時点でお客様から料金をいただくことは適当でない、と考えるからです。

あくまでも相談者の方の立場に立ちながら、面談時にはお話をじっくりと聴き、親身にご対応します。メールでのやり取りを積極的に取り入れ、事務所に来ていただく負担をできるだけ軽減。事務所内は完全個室相談ですから、周囲を気にせずリラックスしてお話しいただけます。まずはお気軽にご相談ください。

ほとんどのケースで裁判基準に近い賠償額を獲得

請求項目をもれなく捉え、不足のない内容で賠償額を算定

保険会社が示談の際に提示する賠償額は、本来補償されるはずの金額よりもかなり低いのがふつうです。交通事故の損害賠償額には、金額が低いものから順に「自賠責保険基準」「任意保険基準」「裁判基準」の3つがあり、相手方の保険会社は金額を抑えるために、自社の「任意保険基準」で算出した賠償額(示談金額)を提示してくるからです。

弁護士に相談いただくと、過去の判例にもとづいた適正な補償である「裁判基準」で損害賠償額を請求するため、当初の提示額よりも上がる場合が多くあります。当事務所は示談交渉を通じて、ほとんどのケースで裁判基準に近い賠償額を獲得しています。

損害賠償額には、慰謝料や休業損害、逸失利益などの個別の項目が含まれます。お客様ご自身が保険会社と交渉されると、各項目の金額が適正かどうか、また抜け落ちている項目がないかの判断が難しいもの。その点、弁護士は請求すべき項目をもれなく捉え、不足のない内容で賠償額を算定しますから安心です。

保険会社対応のストレスから解放される

損害賠償請求の代理人となって保険会社と交渉

保険会社の担当者との交渉は、交通事故の被害者の方にとってとても億劫なものです。相手はいわば事故対応のプロ。最近はインターネットなどで交通事故に関する情報が多く得られますが、それでも専門知識を持たない一般の方にとって、保険会社の担当者は非常に手強い相手に違いありません。

中には高圧的な話し方で被害者にプレッシャーをかける担当者も見られ、その意味でも、事故後の早い段階から弁護士に相談すべきです。当事務所の弁護士が損害賠償請求の代理人となり、保険会社への対応を一手に引き受けます。

ケガの治療に専念してもらえる環境をつくる

先日も事故後のケガの治療中に、相手方の保険会社に不信感が募り、ご自身で交渉をすることに負担を感じて、早期に相談に来られたお客様がおられました。

通常、示談交渉が本格的に開始されるのはケガの治療を終えてからですが、早い段階で当事務所が代理人になり、保険会社との交渉を担いました。お客様に対しては、裁判をした場合に見込まれる賠償額や計算根拠などを、その時点でできるだけ明確にして丁寧にご説明。安心感とともに保険会社への対応を一任してもらい、ケガの治療に専念していただきました。

交通事故に遭われた方にとって一番大事なのは、まずはケガの治療です。その意味でも早い段階で弁護士に相談をいただき、治療に専念していただきたいと思います。その上で当事務所がお客様の立場になり代わり、利益の最大化をめざして交渉を担っていきます。

後遺障害の認定サポートもお任せ

適正な後遺障害等級の認定に向けて専門的アドバイスを提供

一定期間において医師の治療を受け、もうこれ以上症状の改善が見込めなくなった段階を「症状固定」といいます。そして症状固定となったあとに後遺症が残る状況を、交通事故の損害賠償では「後遺障害」とあらわします。

後遺障害は、認定機関が定める条件によって、重い順から1~14級の等級で示されます。この後遺障害の有無や等級は損害賠償額に大きな影響を与えるため、適切な認定を受けることが非常に重要。当事務所は適正な後遺障害等級の認定に向けて専門的アドバイスを提供していますのでご相談ください。

画像所見や意見書など必要な書類をそろえて申請を手助け

後遺障害の適正な等級認定を受けるためには、医師に「後遺障害診断書」を詳細に記載してもらうことが欠かせません。当事務所では依頼に応じて、被害者ご本人が後遺障害等級の申請を行う「被害者請求」を積極的にサポート。後遺症の程度や症状にふさわしい等級を得るために、医師の検査による画像所見や意見書など必要な書類をそろえて申請を手助けします。

また通勤途中や就業中の交通事故の場合などは、自賠責保険のほかに労災保険を使うことで治療費や休業損害が賄えるケースがあります。事故の内容に沿った的確な対応によって、被害者(依頼者)にもっともメリットのある結果をもたらすよう尽力します。

稲坂将成法律事務所からのアドバイス

軽微な物損から重度の後遺障害を伴う事故まで幅広く対応

当事務所では、軽微な物損事故から重度の後遺障害を伴う重大事故まで、依頼者・被害者に親身に寄り添いながら迅速な問題解決に努めていきます。物損事故においては過失割合の争いが生じるケースも多々ありますが、多くの場合で事故現場に足を運ぶなど、精力的な事故対応を行うことも当事務所の強みのひとつです。

交通事故に遭ってしまったら、当事務所の無料相談を活用いただき、まずは一度お話を聞かせていただければ幸いです。事故内容をお聞きし、今後の進展や注意点、得られるメリットについてできるだけ詳しくご説明しますので、どうぞお気軽にご相談ください。

弁護士費用特約

弁護士費用を保険会社に負担してもらえる便利な特約

加入している損害保険に弁護士費用特約が付帯されていれば、弁護士費用を保険会社に負担してもらえます。また、この特約を利用しても保険の等級は下がらないため、保険料は高くなることはなく、家族が加入している保険の特約が使えるケースもあります。まずは損害保険会社に契約内容を確認してみてください。

所属弁護士

稲坂 将成(いなさか まさなり)

稲坂将成
登録番号 No.48054
所属弁護士会 東京弁護士会

アクセス

西武多摩湖線武蔵大和駅より徒歩約4分

〒207-0004 東京都東大和市清水2-843-1 クラルテC-5

〒207-0004 東京都東大和市清水2-843-1 クラルテC-5

事務所概要

事務所名 稲坂将成法律事務所
代表者 稲坂 将成
住所 〒207-0004 東京都東大和市清水2-843-1 クラルテC-5
電話番号 準備中
受付時間 平日 9:00〜18:00
定休日 土日祝日
備考
稲坂将成法律事務所
稲坂将成法律事務所
スマホ・携帯からも無料通話
準備中
受付時間
平日 9:00〜18:00

現在19:23。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒207-0004 東京都東大和市清水2-843-1 クラルテC-5
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP