関東被害者の心情によりそい、 納得のいく最善の解決をめざします

大谷・佐々木法律事務所(弁護士 棚田章弘)

相談料初回無料 着手金0 報酬金回収額から
大谷・佐々木法律事務所(弁護士 棚田章弘)大谷・佐々木法律事務所(弁護士 棚田章弘)サムネイル

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 24H電話
  • 土日対応

料金体系

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「大谷・佐々木法律事務所(弁護士 棚田章弘)」ご相談窓口

現在19:24。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

お電話での相談窓口【通話無料】準備中
受付時間 平日 9:00〜18:00

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

「親身な対応」と「丁寧な説明」を大切に

相談者の話に耳を傾け、その感情を受け止める

大谷・佐々木法律事務所の弁護士・棚田章弘です。当職は相談者や依頼者に対して、親身な対応と丁寧な説明を心がけています。特に交通事故の被害者は加害者や保険会社に対する憤りが強いので、その心情をくんで、じっくり話をお聞きします。

たとえ損害賠償には直接関係のない話だとしても、むげに扱うようなことはありません。また「証拠がないから」といって、簡単にはあきらめません。さまざまな角度から調査・検討を行い、証拠探しに努めます。

現実的な見通しを示したうえで最善の結果をめざす

慰謝料や過失割合など、交通事故の分野は定型的に決まってしまう部分があります。とはいえ、個別の事情がまったく無視されるわけではありません。当職は難しいことは「難しい」と伝えたうえで、最善の結果をめざします。

初回相談は30分無料なので、お気軽にご相談ください。事前にご予約をいただければ、平日夜間や土日祝日の相談も可能です。なお受任後の打ち合わせについても十分な時間を確保し、丁寧にコミュニケーションをとっています。

早期に弁護士に依頼するメリットとは

保険会社と直接やりとりするストレスから解放される

大谷佐々木2

相手方の保険会社による説明は、すべて正しいとは限りません。あなたに不利な合意を結んでしまわないために、早い段階で弁護士に相談することをおすすめします。実際に依頼すれば、保険会社と直接やりとりするストレスからも解放されるはずです。

当職は今後の見通しにくわえて、治療期間中の注意点などを説明しています。たとえば「通院日数」が慰謝料の金額にかかわるので、医師の指導にそった定期的・継続的な通院が大切です。ほかにも、早い段階で画像検査を受けることなどを推奨しています。

「治療費の支払い打ち切り」を求められたら

医師に治療継続の必要性を確認し、保険会社と交渉

大谷佐々木3

事故によるケガの治療費は、相手方の保険会社から病院に直接支払われます。この「内払い」は法律に定められた制度ではなく、保険会社の内規にもとづいたサービス。そのため事故から数ヵ月経つと、一方的に治療費の支払い打ち切りを通告されることがあります。

しかしながら、保険会社はケガの状況をみて判断しているわけではありません。そこで当職は医師の見解や診断書を確認し、治療継続の必要性を保険会社に説明します。そういった交渉の結果、1~2ヵ月ほど治療費の支払い期間が延びるケースもあります。

事故の「過失割合」に疑問を感じたら

刑事記録などを調査し、過失割合に影響する要素を探す

損害賠償額を大きく左右するのが、事故の「過失割合」です。もしも提示された割合に疑問を感じたら、弁護士へ相談してください。事故当時の詳細な状況を考慮すべきなのに、類型化された基本パターンだけで判断されている可能性があります。

当職は実況見分調書などの刑事記録を取り寄せ、過失割合に影響する要素を依頼者に例示。こちらが有利になる事実を探し、適正な過失割合を主張します(過失割合を争う際は、原則として裁判になります)。

「示談金」を保険会社に提示されたら

慰謝料が低く抑えられている!適切な対処法を弁護士に相談

交通事故の慰謝料には、3種類の算定基準が存在します。具体的には、金額が低いものから順に「自賠責基準」「任意保険基準」「裁判基準」。相手方の保険会社は支払い額を抑えるために「自賠責基準」や「任意保険基準」で算出した低い慰謝料を提示してきます。

一方、私たち弁護士は慰謝料をはじめとした損害賠償を「裁判基準」で請求するので、高い水準(法的に適正な水準)の慰謝料を得られます。したがって、すぐに示談書へサインせず、まずは弁護士へ相談してください。

【決着までの目安】示談交渉は1ヵ月前後、裁判は1年以上

弁護士に示談交渉を依頼した場合、決着までの期間の目安は(示談金が提示されてから)1ヵ月前後。裁判の場合は1年以上かかるでしょう。当職は依頼者の意向や慰謝料の増額要素などをふまえて、最適な手段を提案します。

棚田章弘弁護士からのアドバイス

被害物品や修理前の車の写真を残しておく

事故後に注意すべきポイントは、交通事故によって壊れたり、汚れたりしたモノを捨てないことです。車を修理する際は、その前に損傷部分を撮影してください。ケガをしたときも、その写真を撮っておいたほうがいいでしょう。

後で相手方となんらかの争いが生じた場合、こういった被害物品や写真が証拠として役立つケースがあります。少なくとも損はしないので、リスクヘッジとして残しておくことをおすすめします。

医師や弁護士への遠慮は禁物

また、医師や弁護士への遠慮は禁物です。少しでも自覚症状を感じたら、必ず主治医に伝えてください。そして相手方の保険会社への対応など、医療以外の分野でわからないことは弁護士に聞いてください。

こういったことを遠慮してしまうと、後々になって損をするおそれがあります。当職は初回の法律相談を無料(30分間)で行っているので、お気軽にお問い合わせください。

知っておきたい「弁護士費用特約」のキホン

自己負担なしで弁護士を活用できる保険特約

あなたの自動車保険には「弁護士費用特約」がついていませんか?これは交通事故に関する弁護士費用が保険会社から支払われる保険特約です。一般的な上限額は300万円なので、実質的な自己負担なしで弁護士を活用できるでしょう。

この特約を使っても保険の等級は下がらないので、翌年の保険料も上がりません。さらに、家族が加入している損害保険の特約が使えるケースもあります。使って損をすることはないので、まずは保険会社や保険代理店に契約内容を確認してください。

所属弁護士

棚田 章弘(たなだ あきひろ)

tanadaakihiro棚田 章弘
登録番号 No.35619
所属弁護士会 東京弁護士会

アクセス

各線「東京駅」八重洲口より徒歩約5分
東京メトロ銀座線「京橋駅」より徒歩約4分
東京メトロ各線「日本橋駅」B3出口より徒歩約5分
東京メトロ都営浅草線「宝町駅」より徒歩約7分

〒104-0031 東京都中央区京橋一丁目1番9号千疋屋ビル6階

〒104-0031 東京都中央区京橋一丁目1番9号千疋屋ビル6階

事務所概要

事務所名 大谷・佐々木法律事務所(弁護士 棚田章弘)
代表者 大谷 明弘・佐々木 友紀
住所 〒104-0031 東京都中央区京橋一丁目1番9号千疋屋ビル6階
電話番号 準備中
受付時間 平日 9:00〜18:00
定休日 土日祝日
備考
大谷・佐々木法律事務所(弁護士 棚田章弘)
大谷・佐々木法律事務所(弁護士 棚田章弘)
スマホ・携帯からも無料通話
準備中
受付時間
平日 9:00〜18:00

現在19:24。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒104-0031 東京都中央区京橋一丁目1番9号千疋屋ビル6階
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP