関東365日いつでも相談OK! 依頼者の思いに応えて迅速に対応します

東京ロイヤル法律事務所(西田純平弁護士)

相談料初回無料 着手金0 報酬金回収額から
東京ロイヤル法律事務所(西田純平弁護士)東京ロイヤル法律事務所(西田純平弁護士)サムネイル0東京ロイヤル法律事務所(西田純平弁護士)サムネイル1東京ロイヤル法律事務所(西田純平弁護士)サムネイル2

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 24H電話
  • 土日対応

料金体系

相談料無料・着手金0円
20万円+増額分の10%~20%(税抜)
弁護士特約利用なら実質無料で相談可能

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「東京ロイヤル法律事務所(西田純平弁護士)」ご相談窓口

現在03:29。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

お電話での相談窓口【通話無料】0066-9687-7955
受付時間 8:00〜22:00

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

交通事故の問題解決で確かな実績

保険会社の対応方法をよく知る弁護士

「東京ロイヤル法律事務所」の弁護士、西田純平です。当事務所は都営大江戸線の「新宿西口」駅から徒歩1分、JR「新宿」駅から徒歩5分の便利な立地にあります。私は前職で年間100件以上の交通事故を手掛ける群馬の大手事務所に在籍。交通事故の相談について、豊富な経験を有しています。

また同事務所は損害保険会社の顧問にもなっており、加害者側と被害者双方の事案を数多く受任。その経験から、交通事故における保険会社サイドの対応方法や考え方などをよく知っており、現在の保険会社との交渉力の確かさにつながっていると自負しています。

365日いつでも連絡OK! 迅速性が自慢

交通事故事案に関する経験値の高さに加え、私の一番のセールスポイントは迅速性です。初動の早さを重視し、お客様に対してレスポンス良くご対応。もちろん解決に向けて単に早ければいいというものではありません。決して拙速ではなく、時間をかける部分はじっくりと対応し、無駄なくスムーズに案件を整理。お客様にストレスを感じてもらうことのないよう、解決に向かって手早く処理を進めていきます。

ご相談の受付は朝8時から夜の22時までOK。土日祝でも積極的に対応し、相談料は回数に関わらず無料としています。365日いつでも私の携帯に電話がつながるようになっていますので、どうぞ遠慮なくご連絡ください。

弁護士が介入することで適正な補償が実現

保険会社からの示談提示にすぐにサインしないこと

東京ロイヤル5

交通事故の損害賠償金には複数の算定基準があり、保険会社はふつう、金額の低い「自賠責保険基準」や「任意保険基準」によって示談額を提示してきます。そこに弁護士が介入すれば、本来得られるべき「裁判基準」に近い損害賠償金を獲得することが可能になります。

保険会社からの示談提示にすぐにサインせず、まずは弁護士へ相談してください。適正な示談額を手にしていただけるよう親身にサポート。依頼者の要望についてじっくりと耳を傾け、今後の交渉の見通しや損害賠償の見込み額などをできるだけ明確にご案内します。

事故後の早い段階からの相談を

事故の実況見分の際のアドバイスが有効なことも

東京ロイヤル4

交通事故には軽いものから重度のものまで様々ですが、私は物損事故から後遺症の伴う重い事故、さらに死亡事故に至るまで広い範囲でのご相談をお受けしています。そして事故後のできるだけ早い段階からの相談をおすすめします。

たとえば事故に遭って数日後に行われた警察による実況見分の際に、被害者の方からご連絡をいただき、アドバイスを求められた例もあります。事故の実況見分の際に話したことは、後の裁判において証拠採用されることもあり、警察の言い分を安易に認めてしまったことが、過失相殺において重大なマイナスポイントになってしまうこともあるのです。

その点、事故後のかなり早い段階から相談いただくことで可能になる有効なアドバイスもありますから、事故に遭って不安があれば即座に弁護士にご相談ください。

保険会社との煩わしい交渉事から解放される

またケガの治療に関しても弁護士の早めのアドバイスが有効です。治療にはふつう病院や接骨院に通院することになりますが、あまりに接骨院に偏ってしまうと、通院慰謝料の対象とならない危険性があります。また病院への通院を欠かしてしまうと、損害賠償額の算定の際に慰謝料の額が下げられてしまう要因にもなるのです。

早期に弁護士が介入することで、保険会社との煩わしい交渉事から解放されるのはもちろん、保険会社のほうも自賠責保険基準ではなく、より高い基準で金額提示することが必要という意識に変わり、早い解決につながりやすくなります。

後遺障害の適正な等級認定を得るために

後遺障害は重いものから1級~14級の等級で示される

交通事故に後遺症はつきものです。むち打ちなどの神経障害に見舞われた方は、一定の治療が終わった後も、痛みやしびれなどの後遺症に悩まされることになってしまいます。

交通事故の損害賠償には「後遺障害」という概念があり、ケガが治った後も身体に残っている後遺症のなかで、認定機関が定める条件を満たすものがこれに当てはまります。言い換えれば、一般的な後遺症すべてが後遺障害に当てはまるわけではなく、認定機関への申請によって認められたものがそれに該当するわけです。

後遺障害は重いものから1級~14級の等級で示され、この認定の有無と等級によって損害賠償額が大きく変わりますので、適正な等級を獲得できるよう申請の段階から留意しなければなりません。

後遺障害の「被害者請求」を積極サポート

後遺障害の等級認定を申請する手続きには2つの方法があります。ひとつは相手方の保険会社による「事前認定」、もうひとつは被害者側による「被害者請求」です。事前認定の場合は交渉の相手方である保険会社に申請手続きを任せてしまうことになり、依頼者の方にはスッキリしない部分が残るでしょう。だからこそ、より確実に等級が得られるよう、当職では被害者認定による後遺障害の申請サポートを行っています。

重要なのは医師が作成する後遺障害診断書ですが、私は後遺障害認定を得るための医療知識も経験上、ある程度備えていますので、的確なアドバイスを提供することが可能です。被害者の味方である弁護士が申請をサポートすることで、提出する書類の内容も濃いものにできますから治療が終わる前(症状固定前)に早めにお知らせください。

西田純平弁護士からのアドバイス

交渉は弁護士に任せ、ご自身は治療に専念を

そのほか、たとえば主婦の方が交通事故に遭った際には、「働いていないのだから休業損害は請求できない」と考える方が多くおられるようです。それは間違いで、専業主婦の方の場合は、厚生労働省が毎年発表する平均賃金を元にした1日あたりの家事労働費を算出し、休業日数をかけた金額を請求することができます。

このように、交通事故に関するあらゆる疑問や悩みについていつでも相談をお受けします。交通事故に遭ってしまったら、心身ともに痛みや辛さを抱えてしまうことになり、日常生活が一変してしまいます。その損害を補てんするには、せめて適正な補償を得るしかありません。そのための交渉は弁護士に任せ、ご自身は治療に専念してください。ぜひ早めのご連絡をお待ちしています。

弁護士費用特約

交渉から訴訟までの弁護士費用を保険によって賄うことが可能

いまは「弁護士費用特約」という制度があり、この特約が損害保険に付帯されていれば、保険会社に弁護士費用を負担してもらえます。ほとんどの場合は補償上限額(一般的に300万円)の範囲に収まるため、実質的な自己負担なしで弁護士に依頼できる便利な特約です。

所属弁護士

西田 純平(にしだ じゅんぺい)

西田 純平
登録番号 No.51577
所属弁護士会 東京弁護士会

アクセス

都営大江戸線の「西新宿」駅、西武新宿線「西武新宿」駅から徒歩1分
JR「新宿」駅から徒歩5分

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-1-7 新宿ダイカンプラザA館521

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-1-7 新宿ダイカンプラザA館521

事務所概要

事務所名 東京ロイヤル法律事務所(西田純平弁護士)
代表者 佐藤 忠宏
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-1-7 新宿ダイカンプラザA館521
電話番号 0066-9687-7955
受付時間 8:00〜22:00
定休日
備考
東京ロイヤル法律事務所(西田純平弁護士)
東京ロイヤル法律事務所(西田純平弁護士)
スマホ・携帯からも無料通話
0066-9687-7955
受付時間
8:00〜22:00

現在03:29。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-1-7 新宿ダイカンプラザA館521
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP