後遺障害に豊富な実績をもつ弁護士が 迅速に有益な解決を図ります

優誠法律事務所

相談料
初回無料
着手金
0
成功報酬
回収額から
夜間相談
可能
土日対応
可能
  • 優誠法律事務所
  • 優誠法律事務所サムネイル0
  • 優誠法律事務所サムネイル1
事務所名 優誠法律事務所
電話番号 050-5385-4965
受付時間 毎日 9:00~21:00
定休日 年末年始12月30日~1月3日
住所 〒107-0051 東京都港区元赤坂1-1-7 オリエント赤坂モートサイド712号室
アクセス方法 東京メトロ・赤坂見附駅から徒歩3分
  • 着手金無料
  • 無料相談可能
  • 弁護士費用特約
  • 土日電話受付
取り扱い可能な事案
  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 後払い可
メール受付はこちら

優誠法律事務所の強みと特徴

これまで1,500件以上の交通事故案件を担当

事故後の治療段階から有益なサポートをご提供

「優誠法律事務所」は東京メトロ・赤坂見附駅から徒歩3分の場所にある弁護士3名の法律事務所です。これまで交通事故の分野は最も注力して手掛けており、過去に合計1,500件以上の交通事故案件を担当した経験豊富な弁護士たちが在籍しています。確かな経験を活かしたノウハウで、事故後の治療段階から有益なサポートをご提供いたします。

初回相談料・着手金無料で弁護士が最初から応談

交通事故に遭ったあと、ケガの治療や後遺症で大変な思いをしながら、相手方や保険会社と自ら話し合いを進めていくことは大きな負担を伴うものです。弁護士にお任せいただければ、そうした交渉や手続きすべてを代行しますので安心です。

当事務所では、初回相談料・着手金無料で弁護士が最初から直接ご相談をうかがいます。ご質問に誠実にお答えするのはもちろん、交通事故の被害に遭ったときの一連の手続きの流れを丁寧にご説明。必要な知識を得ていただくことで、置かれた状況に対する不安感を取り除けるよう努めています。

平日は9時~21時、土日祝も9時~21時までご相談が可能です。少しでも交通事故で悩まれている被害者の方のお力になれればと思いますので、いつでも気軽にご相談ください。(全国どこでも対応可能です)

交通事故を弁護士に相談するメリットは?

事故後に生じる様々な悩みや疑問を解決できる

弁護士に依頼をすることで、交通事故被害者の方が悩まれる多くのことを解決することができます。事故の過失割合に納得がいかない、後遺症が残ったのに「後遺障害」の適切な認定がもらえない、保険会社から提示された賠償額が低いと感じる…といった悩みや疑問を解決するのが弁護士の役目なのです。

なかでも、事故後の損害賠償の主な項目である慰謝料において、保険会社から提示された額は、本来得られる金額とは大きくかけ離れていることが多々あります。

損害賠償額が増額になるケースがほとんど

保険会社は示談の際に、自社の支払い金額を抑えるために、本来の裁判基準よりも低い基準で賠償額を示してきます。それを保険会社の言う通りに鵜呑みにしてしまうと、本来得られるはずの額を大きく下回り、結果的に損をしてしまうことになるのです。

弁護士が保険会社と交渉することで、最終的に慰謝料をはじめとした損害賠償額は増額になることがほとんどです。ケガの内容にふさわしい金額を得られるよう、事故に遭ったら弁護士にご相談されることを強くおすすめします。

できるだけ早期の相談・依頼が望ましい

突然の治療費打ち切り通告への対応も可能

事故後のできるだけ早い段階から依頼をいただくことで、より適正な損害賠償につながるアドバイスを提供できます。治療に関して注意すべき事柄や、受けておいたほうがいい検査など、交通事故において必要な医学的アプローチがいくつか存在するからです。

また、もう少し治療を続けたいのに、保険会社が一方的に治療費の打ち切り通告をしてくる場合もあります。当事務所の弁護士は、経験を活かしたノウハウで保険会社と交渉し、結果的に一定期間、治療費を延ばしてもらえた例も多々あります。こうしたアドバイスも適切にご提供できますのでご相談ください。

後遺症が残った際には「後遺障害」認定を

後遺障害の認定の有無は賠償額に大きく影響する

交通事故の損害賠償には「後遺障害」という概念があります。これは、交通事故によって負ったケガが症状固定(治療の効果が現れず、一進一退の状態)に至ったときに残存した症状が、法律上定められた要件を満たす場合に、認定されるものです。
なお、後遺障害は、重い順から1~14級に分けられています。

この後遺障害の有無や等級は損害賠償額に大きな影響を与えるため、適切な認定を受けることが非常に重要です。そして、後遺障害等級認定を請求する際には、弁護士のサポートによって適切な等級による認定が為される可能性が高まります。

専門的ノウハウで適正な等級の獲得に尽力します

当事務所の弁護士はこれまで数多くの後遺障害認定の案件を手掛けており、専門的なノウハウを用いた後遺障害の認定サポートをご提供します。請求の方法も、保険会社任せにする「事前認定」ではなく、被害者(弁護士)サイドで資料をそろえて行う「被害者請求」にこだわって実施しています。

「後遺障害診断書」への詳細な記載を医師に依頼するのはもちろんのこと、後遺症が被害者の生活にどのような支障をきたしているかの報告や、車両の損傷状況などを陳述書にまとめるなど、提出資料の充実に注力します。後遺症の実情を細かく書面にまとめることで、むち打ちやその他の後遺障害案件を確実に認定に結びつけるよう力を尽くしています。

また、認定結果が非該当になってしまった場合など、依頼者にとって納得のいかないときには積極的に「異議申立て」を行い、最後まで粘り強く対応してまいります。

後遺障害認定に関する主な事例

むち打ちから高次脳機能障害まで幅広い実績

◆むち打ち症で6か月の通院を余儀なくされ、後遺障害14級9号の認定

当初は保険会社から、傷害慰謝料として約66万円の提示→当事務所で後遺障害申請を行い、14級9号の認定を受け、約400万円の示談額を獲得<334万円の増額>

◆脛骨骨折等で約3カ月の入院と約1年10カ月の通院を余儀なくされ、足関節の可動域制限が残り、12級7号の認定

当初は保険会社から650万円の賠償額提示→慰謝料、逸失利益の喪失期間の修正によって、最終的に1400万円の示談額を獲得<750万円の増額>

◆脳挫傷後の高次脳機能障害で1年の通院を余儀なくされ、後遺障害7級4号の認定

治療中からの依頼によって、最終的に6300万円を超える賠償額を獲得 …ほか事例多数

交通事故紛争処理センター(ADR)での解決も多数

当事務所では、依頼者の方の「できるだけ早く解決したい」というご要望にお応えする意味でも、交通事故紛争処理センター(ADR)も積極的に活用しています。訴訟にするよりも、迅速に合理的な解決が図れる場合もありますので、依頼者のご要望をお聞きした上で選択しています。

優誠法律事務所からのアドバイス

弁護士のアドバイスを受けるだけでも有益です

交通事故の事案は、弁護士に相談・依頼をいただいて、プラスにならないことはまずありません。弁護士が交渉することで、ほとんどのケースで当初の提示額よりも増額します。

もし事故に遭ってしまったら、早めにご相談いただくことによって、いっそう有益なアドバイスをご提供できます。そうした情報を得ていただくだけでもメリットになりますから、依頼する・しないに関わらず、まずは一度ご相談していただければ幸いです。

弁護士費用特約

自己負担なしで弁護士に依頼できる特約

加入している損害保険に「弁護士費用特約」が付いている場合、一定の範囲で弁護士費用を保険会社が負担してくれます。多く保険会社では、相談費用10万円、弁護士費用300万円までをカバーしてくれますので、ご自身のご負担が全く発生しないことも多く、安心して弁護士にご依頼いただけます。

所属弁護士

甘利 禎康(あまり さだやす)

甘利 禎康(あまり さだやす)

登録番号 No.42780
所属弁護士会 第一東京弁護士会

栗田 道匡(くりた みちただ)

栗田 道匡(くりた みちただ)

登録番号 No.45121
所属弁護士会 第一東京弁護士会

牧野 孝二郎(まきの こうじろう)

牧野 孝二郎(まきの こうじろう)

登録番号 No.47177
所属弁護士会 東京弁護士会

弁護士費用

相談料

初回相談料無料

着手金

0円

報酬金

回収額の11%+22万円(後遺障害が認定されない場合は11%+11万円)

※弁護士費用特約の場合は別基準
※料金はすべて税込価格

アクセス

東京都港区元赤坂1-1-7 オリエント赤坂モートサイド712号室

〒107-0051 東京都港区元赤坂1-1-7 オリエント赤坂モートサイド712号室

事務所概要

事務所名 優誠法律事務所
代表者 甘利 禎康
住所 〒107-0051 東京都港区元赤坂1-1-7 オリエント赤坂モートサイド712号室
電話番号 050-5385-4965
受付時間 毎日 9:00~21:00
定休日 年末年始12月30日~1月3日
備考
メール受付はこちら

その他の東京都の交通事故に強い弁護士