山形物損から重大事故まで 「親身に」「身近で」「頼れる」弁護士!

弁護士法人リーガルスピリット新庄法律事務所(武田芳人弁護士)

相談料初回無料 着手金0 報酬金回収額から
弁護士法人リーガルスピリット新庄法律事務所(武田芳人弁護士)

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 夜間対応
  • 土日対応

料金体系

相談料:初回相談は無料
着手金:事案ごとになります。
報酬金:原則として取得金額の10%+税。

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「弁護士法人リーガルスピリット新庄法律事務所(武田芳人弁護士)」ご相談窓口

現在06:17。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

お電話での相談窓口【通話無料】 0066-9687-7353
受付時間 平日 9:00〜17:00

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

高齢の方にも分かりやすい平易な言葉で説明

より良い解決に向けて最善を尽くすことをお約束

山形県新庄市の「弁護士法人リーガルスピリット 新庄事務所」の弁護士・武田芳人です。私は弁護士となってからこの新庄に赴任しました。その意味では、地縁などのしがらみのない中で、依頼者の方のご相談に乗ることができるのもメリットの一つと考えています。

交通事故に関する案件では、時に難しい専門用語や難解な言葉も出てきます。当職は、高齢の方にも分かりやすいような、平易な言葉で丁寧なご説明を行うことを常に留意。周辺地域の方々にとって、「親身に」「身近で」「頼れる」弁護士でいられるよう、より良い解決に向けて最善を尽くすことをお約束します。

初回相談無料&完全後払いでの依頼もOK!

当事務所は当日相談や夜間相談も事前の予約に応じて臨機応変にご対応。また、事前にご予約いただければ休日の対応も可能な場合があります。そして、まずは気兼ねなくご相談いただけるよう初回相談は無料としています。

交通事故の案件については、事案・状況によっては、着手金(前払い弁護士費用)をいただくことなく、保険会社から支払われた賠償金から弁護士報酬をいただく「完全後払い」でのご依頼も承っています。交通事故に関するあらゆるご相談に柔軟にご対応しますので、いつでも遠慮なくご相談ください(お客様駐車場あり)。

損害賠償額には3つの基準がある

本来の「弁護士基準」で損害賠償額を請求

交通事故の損害賠償金には、複数の算定基準があります。金額が低いものから順に「自賠責保険基準」「任意保険基準」「弁護士基準」の3つです。示談交渉において、保険会社が提示する損害賠償額は「自賠責基準」や「任意保険基準」にもとづいたものであり、本来認められるべき「弁護士基準」での賠償額よりも大幅に下回るのが普通なのです。

私たち弁護士は過去の判例にもとづいた「弁護士基準」で損害賠償額を請求しますから、ほとんどのケースで当初の提示額よりも上がることになります。提示された金額が妥当かどうかを確認したい場合でも構いません。知らず知らずのうちに損をしないためにも、すぐに示談書へサインせず、まずは弁護士へ相談してください。当事務所は示談交渉を通じて、弁護士基準に近い賠償額を獲得します。

保険会社が治療の打ち切りを求めてきたら…

主治医の意見を確認し、治療継続を保険会社と交渉

ケガの治療を開始して数ヵ月経つと、保険会社が治療の打ち切りを求めてくる場合があります。ただし必ずしも適切な時期とは限らず、治療の継続が必要な場合も多々あります。当事務所は主治医の意見を確認した上で、依頼者の治療継続を保険会社と交渉。その結果、1~2ヵ月ほど治療期間が延長されたケースが多数あります。

そうした際に、保険会社が治療費の継続に同意してくれない場合でも、ご本人が「治療を継続すべき」と考えているならば、健康保険を使って通院を続けたほうがいいでしょう。治療が終わった後、損害賠償請求時に治療費も請求することで、相手方の保険会社から治療費が支払われる可能性が高いからです。こうした治療中の対応に関しても当事務所でアドバイスを行いますので、ぜひ早めにご相談ください。

後遺障害の認定は損害賠償額に大きく影響

主治医に面談し、診断書の内容について進言することも

事故によるケガで、後遺症が残る例は非常に多くあります。代表的なものに、むち打ちなどの神経症状がありますが、その他にも身体にさまざまな障害が残ることがあり、日頃の生活や仕事に支障をきたすことになるケースは少なくないのです。

後遺症が残る場合には、自賠責による「後遺障害」の認定によって、後遺障害慰謝料や逸失利益が別途請求できます。後遺障害には、症状や障害の重度によって1~14級までの等級があり、この認定の有無と等級によって損害賠償額が大きく変わることになります。そのため、適正な等級を得ることが非常に重要です。

後遺障害の適正な等級認定を受けるためには、後遺障害診断書の記載内容を充実させ、MRI画像やレントゲンなどの医学的資料によって、等級に応じた障害の内容であることを客観的に示すことが欠かせません。診断書の記載内容が不十分な場合には、当職自ら主治医に面談し、強調して記載してもらいたい内容などを依頼することもあります。

保険会社の提示の2~3倍の賠償額を獲得!

そうした積極的な対応によって、後遺障害9級10号の認定では当初の700万円の示談提示が1500万円を超える額に増額できた例や、10級の認定で、約300万円の提示から1000万円を超える賠償額で和解に至るような事例も手掛けています。当事務所では後遺障害の申請前から専門的なアドバイスを提供していますので、お早めにご相談ください。

適正な補償獲得のために重要な「過失割合」

事故の状況を客観的に検証することが必要になる

物損・人身事故のいずれも、適正な補償には過失割合が大きな意味をもつことが多々あります。過失割合は、原則として「判例タイムス」の基準に基づいて判断されますが、事故の内容は個々で異なりますから、過去の判例だけにとらわれるべきではありません。

事故現場には必要に応じて積極的に出向き、物件事故報告書や実況見分調書なども参考にしながら、事故の状況を客観的に検証していきます。それによって、依頼者に有利な状況を浮かび上がらせ、相手の過失を認めさせることができるケースもあります。

武田芳人弁護士からのメッセージ

大学で理系を専攻し、「数字」に得意な弁護士

私は大学で理系の数学科に在籍したことがあり(ただし最終的な卒業は法学部)、「数字」を得意としています。交通事故は逸失利益や休業補償などの算定や、適正な賠償額の検討など、数字と密接に絡む法律分野でもありますから、いっそう的確なアドバイスができるのではないかと自負しています。

交通事故に遭うと、身体的にも精神的にもダメージを負った上に、ご自身で保険会社との対応を迫られるというストレスにもさいなまれることになります。そうした状況を改善し、相談者の方の安心と満足を目指して親身にご対応していきますので、ぜひ早めに当職までご相談ください。

弁護士費用特約

弁護士費用を補償してもらえる損害保険の特約

弁護士費用特約とは、示談交渉にあたって弁護士に依頼した場合に、弁護士報酬や訴訟費用などを補償してもらえる損害保険での特約制度です。ほとんどの場合は補償の上限(原則として300万円)内で費用は収まるので、自己負担なしで弁護士を活用することができます。

この特約を活用しても等級が上がることはなく、翌年の保険料が上がるといったこともありません。物損事故の場合でも弁護士特約での依頼であれば弁護士費用は保険会社の負担となりますのでご活用ください。

所属弁護士

武田 芳人(たけだ よしひと)

武田 芳人
登録番号 No.45001
所属弁護士会 山形県弁護士会

アクセス

新庄駅から徒歩11分
お客様駐車場あり

山形県新庄市本町4-33 こらっせ新庄5階

〒996-0027 山形県新庄市本町4-33 こらっせ新庄5階

事務所概要

事務所名 弁護士法人リーガルスピリット新庄法律事務所(武田芳人弁護士)
代表者 小原 恒之
住所 〒996-0027 山形県新庄市本町4-33 こらっせ新庄5階
電話番号 0066-9687-7353
受付時間 平日 9:00〜17:00
定休日 土日祝日
備考
弁護士法人リーガルスピリット新庄法律事務所(武田芳人弁護士)
弁護士法人リーガルスピリット新庄法律事務所(武田芳人弁護士)
スマホ・携帯からも無料通話
0066-9687-7353
受付時間
平日 9:00〜17:00

現在06:17。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒996-0027 山形県新庄市本町4-33 こらっせ新庄5階
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP