山口県迅速な「報連相」で素早く対応 確かな経験を活かして納得の解決!

伊藤洋一法律事務所

相談料初回無料 着手金0 報酬金回収額から
伊藤洋一法律事務所

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 損害賠償
  • 示談交渉
  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
  • 死亡事故
  • 後遺障害
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 夜間対応
  • 土日対応

料金体系

初回相談料・着手金0円
報酬金10万円~+経済的利益の10~20%
※弁護士費用特約の利用で実質(300万円まで)
無料

弁護士費用特約利用可能

※ご加入の自動車保険をご確認ください

「伊藤洋一法律事務所」ご相談窓口

現在16:29です。お気軽にお電話ください。

お電話での相談窓口【通話無料】 0066-9687-7776
受付時間 平日 9:00〜17:00

※スマホなら電話番号をタッチして無料相談。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら

クライアントファーストをモットーに活動

前事務所で損保会社の代理人業務を経験

山口市の「伊藤洋一法律事務所」は、地元出身の弁護士・伊藤洋一がクライアントファーストをモットーに地域に根差して活動する事務所です。前職で損保会社の代理人業務を経験し、保険会社対応をはじめとした交通事故のノウハウを豊富に備えています。多くの事件を通して培った経験をもとに、迅速かつ適切な解決策をご提案いたします。

軽微な物損事故から重い後遺症が残るような事故、また死亡事故などの重大事故も含めて幅広くご対応。フットワークの軽さには定評があり、事故現場にも積極的に足を運びます。初回相談は無料でお応えし、迅速かつスムーズな解決を目指して力を尽くしますのでお気軽にご相談ください。

交通事故を弁護士に相談するメリットは?

保険会社対応のストレスや手間から解放される

交通事故を弁護士に相談するメリットは、多くの場合で最終的な損害賠償額が増額になる点、また過失割合などについても正当な判断を導けること。そして保険会社との交渉や対応、書類や資料の整理・収集も弁護士が代行しますので、ストレスを感じたり手間をかける必要がなくなります。

相手方の保険会社は、補償についての支払いをできるだけ抑えようとすると同時に、事故対応についての知識も豊富ですから、一般の方にとっては交渉や対応が高圧的に感じることが多くあるようです。それだけに、できるだけ早く弁護士に依頼されたほうが安心感は高まると思います。

当職の場合、前事務所で保険会社側の代理人を経験してきたことが、現在の被害者対応にも生きている部分が多々あり、当事務所ならではのノウハウとなっています。依頼者の方のメリットを最大化させるための無駄のない対応や交渉が可能になりますので、どうぞ安心してお任せください。

事故後は早めの相談が肝心!

早期の相談が適正な補償の獲得につながる

人身事故では、医療機関で治療をどのように受けるかが後の損害賠償額に影響してきます。治療の欠落期間などが生まれないよう、適切な通院をはかることが大切であり、当事務所でも、早期に面談に来られた方には無料相談の中でそうしたアドバイスを提供しています。

ただ一般的には、保険会社から示談金額が提示されてから相談に来られる方が多く、その時には通院治療もすでに終わっているケースが多々あるのです。早い段階で依頼をいただければ、適正な補償の獲得につながることをぜひ知っておいていただきたいと思います。

保険会社から治療費の打ち切りを通告されたら…

また一定期間の治療を経ると、保険会社から治療費の打ち切りを通告されるケースがよくあります。たとえばむち打ちの場合には、3カ月程度の通院治療で通告されることも。その際に、医師が「治療継続が必要」という判断をするなら、6カ月程度までは伸ばしてもらえるよう保険会社に交渉します。こうした対応を機敏に行うためにも、治療段階からの早期の依頼をぜひお考えください。

ケガの後遺症が残ったら後遺障害の申請を

後遺障害の等級次第で損害賠償額が大きく変わる

ケガの治療が終わって「症状固定」といわれる状態になり、その時点で後遺症が残っているようなら「後遺障害」の等級認定が必要です。後遺障害とは、ケガが治った後でも身体に残っている障害のことで、この認定の有無と等級(1~14級)によって損害賠償額が大きく変わります。

後遺障害の適正な等級認定を受けるためには、それまでの医療記録の中身が重要であり、医師に「後遺障害診断書」を詳細に記載してもらうことが欠かせません。適切な通院実績があるか、しかるべき検査を受けているかどうか、また必要な画像所見があるか否かといった要素も重要で、資料や記載内容が不十分だと適正な等級が取れなくなってしまいます。

また入院治療のある事故であれば、看護記録や地学療法士・作業療法士のリハビリ記録などもカルテに付随する医療記録として取り寄せることが必要な場合もあります。弁護士としても、ある程度医師のカルテを読めることが必要であり、診断書の不備について適切な把握ができることも重要でしょう。

認定の申請は「被害者請求」による手続きを優先

後遺障害の等級認定を申請する手続きには、相手方の保険会社による「事前認定」と、被害者側が資料をそろえて行う「被害者請求」の2つの方法がありますが、当事務所では少しでも不安や疑念がある場合には、被害者請求による手続きを優先します。弁護士名で出すのと、保険会社名で出すのでは、審査機関の受け止め方も違うと当職は感じています。

当事務所では可能な限り細かな対応によって、適正な後遺障害の認定を目指して手続き進めていきますのでどうぞお任せください。

過失割合の争いにも的確に対応

積極的に現場に足を運んで事故態様を精査

物損・人身事故のいずれも、損害賠償額を大きく左右する要素に事故の「過失割合」があります。私はよほどの遠距離でなければ、まずは現場に足を運んで事故態様を精査。そして警察から実況見分調書などの刑事記録を取り寄せ、証拠を探して依頼者の有利な立証を目指します。

保険会社が提示する過失割合は、必ずしも適正とはいえません。個別の事故状況を考慮すべきなのに、類型化された基本パターンだけで過失を判断している場合があるのです。相手方への尋問を効果的にするためにも、進行方向や道路の見通し、速度超過や停止位置など、事故状況を確認して個々の事情を精査。正当な過失割合を粘り強く主張していきます。

伊藤洋一法律事務所からのメッセージ

迅速な「報・連・相」で素早いレスポンスを重視

交通事故のあと、困ったことがあればどんな事柄でも構いませんので気軽にご相談ください。当事務所は、お電話やメール、LINEなどで依頼者の方への迅速な「報・連・相」によって素早いレスポンスを重視。依頼者の方の時間を無駄にしない対応を心がけます。相談はご予約次第で土日祝日、平日も24時まで可能ですのでいつでも遠慮なくご連絡ください。

弁護士費用特約

費用負担の心配なく弁護士に依頼できる特約

加入している損害保険に弁護士費用特約がついていれば、保険会社に弁護士費用を負担してもらえます。この特約を利用しても保険の等級は下がらないため、保険料は高くなることはありません。また家族が加入している保険の特約が使えるケースもありますので、まずは損害保険会社に契約内容を確認されることをおすすめします。

所属弁護士

伊藤 洋一(いとう よういち)

伊藤 洋一
登録番号 No.48610
所属弁護士会 山口県弁護士会

アクセス

山口駅から 徒歩10分

山口県山口市中央2-6-19金子ビル3階

〒753-0074 山口県山口市中央2-6-19金子ビル3階

事務所概要

事務所名 伊藤洋一法律事務所
代表者 伊藤 洋一
住所 〒753-0074 山口県山口市中央2-6-19金子ビル3階
電話番号 0066-9687-7776
受付時間 平日 9:00〜17:00
定休日 土日祝日
備考
伊藤洋一法律事務所
伊藤洋一法律事務所
スマホ・携帯からも無料通話
0066-9687-7776
受付時間
平日 9:00〜17:00

現在16:29です。お気軽にお電話ください。

住所
〒753-0074 山口県山口市中央2-6-19金子ビル3階
無料相談フォームはコチラ

無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP