仕事中の交通事故!自賠責と労災、どちらを使うべきか?

保険

仕事中の交通事故!保険は何を使うのがベストか?

通勤中や仕事中に交通事故に逢うことは、社会人にとって珍しいことではありません。その場合に使える保険は、自賠責保険の他にも、労災保険が使えます。ただこの二つの保険は基本的にどちらか一方しか使えません。事故の怪我の治療費や休業補償をどちらの保険で賄うのかは、被害者の選択で選べますが、どちらを使った方が存しないかはケースバイケースになります。

政府の指針としては、交通事故の保険は自賠責保険を推奨していますし、単純に休業補償の補償額は自賠責保険が最も高額です。したがって、基本的には自賠責保険を使用して、さらに自賠責を使っていても受け取れる労災の「休業特別支給金」を上積みして貰うのが、最もお得な保険の申請方法でしょう。

自賠責保険より、労災を優先させた方がいいケースとは?

ただし、全ての交通事故で自賠責保険を優先させたほうが得かといえば、そういうわけではなのです。通勤中や仕事中の交通事故で、自賠責保険よりも労災を優先させた方がいいケースとは、

  • 自分の過失が大きい場合
  • 相手側と揉めていて、示談交渉が長引いている場合
  • 相手が無保険者、あるいは対人保険に入っていない場合 になります。

自分の過失が大きければ、自賠責保険の補償額は減額される!

まず事故の過失が大きい場合ですが、これはある意味当然のことです。交通事故の原因が自分にあるのであれば、保険の支払い金額は減額されてしまいます。具体的には過失割合が、自分側に7割以上ある場合、自賠責保険の支払額は2割~5割減額されるわけです。

一方、労災は怪我の原因によって、支給額を減らすというシステム自体がありません。怪我をした本人に責任があったとしても、怪我は怪我なので相応の保険金が支払われます。ですから、過失割合が7割を超えるようなケースは、自賠責保険を使うより、労災保険を使った方がいいでしょう。

相手と揉めている場合も、労災で処理したほうがいい!

過失割合が、明らかに自分の方が大きい場合は労災を使った方がいいのですが、それ以前に過失割合が決まらない場合も労災を使った方が手っ取り早く保険が使えます。事故の示談で揉めてしまうと、長引くことも少なくありません。そうなると自賠責保険が使いたくても使えない状況になってしまうわけです。

保険が下りないからといって、怪我の治療をしないわけにもいきませんので、示談の交渉が長引く場合は労災を使った方がいいでしょう。

任意保険の内容によっては労災の方がいい時もある

そして最後に事故の相手が無保険だった時も、労災を使った方がいいと思われます。自賠責に無加入というケースは自動車の場合はほとんどないはずです。しかし、原付バイク辺りになると、保険を切らしたまま乗っている人もちょくちょくいます。それが発覚したら刑事罰があるのですが、実際事故に遭ってしまった被害者は、自賠責では保障されませんので、労災を使えるのであれば、ぜひ労災を使いましょう。

また、自賠責保険だけしか加入していないとか、任意保険でも対人補償が無制限ではない契約だった場合も、補償範囲や金額で揉める可能性があります。ですから、そうしたケースも労災を使った方がいい場合があるわけです。

交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない
  • 過失割合提示額に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい
交通事故問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ

「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションでで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。

弁護士基準で慰謝料を自動計算する
交通事故解決までの流れ
弁護士依頼で慰謝料が増額する理由
交通事故の弁護士費用の相場
むち打ち症の慰謝料相場
後遺障害の等級認定について知る
損は無し!保険の弁護士特約を利用しよう
交通事故の慰謝料(賠償金)増額事例

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士:238事務所
  • 相談件数:20,000件 突破

【注目】交通事故に強い弁護士

事故直後から賠償金獲得まで被害者側専門弁護士がフルサポート!
弁護士法人サリュ
弁護士法人サリュ

着手金・相談料0円
交通事故の交渉に強い法律のスペシャリストが揃う!保険会社の対応に疑問を感じたら、すぐにご相談!遠方の方や時間が取れない方は電話相談OK!全国どこからでも対応します。

交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP