通勤や仕事中の交通事故なら労災保険は使えるか?

仕事中の事故

通勤中や仕事中に交通事故に遭うと労災になる?

通勤中や仕事中の交通事故は労災が認められます。通勤中や仕事中での事故というのは、当然“仕事中の事故”だといえるわけです。したがって労災の対象になります。一般的に労災が発生すると会社側は安全管理の問題を指摘されることから、労災を素直に認めたがりません。

しかし交通事故の場合は、会社内の安全管理とは関係はありませんので、大抵は労災を申請すれば認められるでしょう。一部運送関係の会社や、製造業で労災発生ゼロ日数に拘っている会社などでは、素直に労災を認めない場合もあるようですが、通勤中や仕事中の交通事故は紛れもなく労災ですので、労災保険を使う必要がある場合は、しっかりと申請しましょう。

労災保険が使えるとは限らない?自賠責保険と労災保険の関係

仕事中の交通事故だからといって、必ず労災保険が使えるとは限りません。というのも、交通事故を起こした場合には自賠責保険があります。この自賠責保険を使った場合、労災保険は使えません。 なぜなら、この二つの保険を同時に受け取ると、“保険の二重取り”になってしまうからです。

自賠責保険は自動車事故によって被った損害を補償するもので、所轄官庁は国土交通省になります。一方労災保険は厚生労働省が所轄しており、就業中に負った損害を補償する保険です。同じ保険でも対象は微妙に違うわけですが、交通事故の場合は、損害の原因が自動車であり、たまたま保険が被ってしまいます。

しかし所轄官庁が違うからといって、保険金の出所は政府です。確かに被害者はどちらも請求する権利は持っていますが、支払う方としては二重補填になってしまいますから、交通事故で負った損害の補償は、基本的に自賠責保険と労災保険、どちらかひとつしか使えない事になっています。

自賠責と労災、どちらを使うべきか? それはケースバイケース

交通事故で使う保険では、自賠責保険と労災保険を両方使うことは出来ません。しかしどちらか一方は確実に使えるわけです。ではどちらの保険を使うのがいいのでしょうか? ちなみに政府として交通事故の補償に関しては、労災保険より自賠責保険を使用してもらうように、内部通達を出しているようです。

ただこうした内部通達はあくまで推奨であり、強制ではありません。労災を申請するときに自賠責保険を使うように勧められることがあるだけで、最終的にどちらの保険を使うかを判断するのは被害者自身の選択になります。 ではどちらの保険を選択したら得なのかというと、これは交通事故の内容や、加害者との示談交渉によって変わってくるわけで、まさにケースバイケースでしょう。

自賠責を使っていても労災が使えることもある?「休業特別支給金」

交通事故の補償で自賠責を使った場合、労災は使えないのですが、一部例外があります。それは怪我による休業補償です。確かに怪我の治療に関しては自賠責か労災、どちらか一方しか使えないのでが、仕事に復帰するまでの休業補償に関しては、自賠責の他に労災の「休業特別支給金」という保険が下ります。

事故の補償を労災で賄った場合に比べれば、それほど支給される金額は減りますが、この休業特別支給金だけは、自賠責を使っている人にも支給されますので、申請をした方が得だいえるでしょう。

関連リンク(労災保険・企業向け弁護士情報)

交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない
  • 過失割合提示額に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい
交通事故問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ

「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションでで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。

弁護士基準で慰謝料を自動計算する
交通事故解決までの流れ
弁護士依頼で慰謝料が増額する理由
交通事故の弁護士費用の相場
むち打ち症の慰謝料相場
後遺障害の等級認定について知る
損は無し!保険の弁護士特約を利用しよう
交通事故の慰謝料(賠償金)増額事例

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士:238事務所
  • 相談件数:20,000件 突破

【注目】交通事故に強い弁護士

事故直後から賠償金獲得まで被害者側専門弁護士がフルサポート!
弁護士法人サリュ
弁護士法人サリュ

着手金・相談料0円
交通事故の交渉に強い法律のスペシャリストが揃う!保険会社の対応に疑問を感じたら、すぐにご相談!遠方の方や時間が取れない方は電話相談OK!全国どこからでも対応します。

交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP