交通事故における自賠責保険慰謝料の仕組み

交通事故とお金のイメージ

交通事故における自賠責慰謝料は、交通事故被害者を救済するための法律で保障された、最低限の慰謝料です。法律に基づいて支払われるため、その計算方法や請求方法ははっきりと決まっています。しかし、自賠責保険慰謝料よりも、弁護士基準で算出した慰謝料のほうが高額なため、より有利な解決のために弁護士へ相談しましょう。

交通事故における自賠責保険慰謝料の仕組みを知ろう

交通事故における自賠責保険慰謝料は、「自賠責基準」と呼ばれる基準をもとに算出される、被害者への最低限の慰謝料です。

本記事では、自賠責保険慰謝料の仕組みをご紹介するにあたり、

  • 交通事故における自賠責保険とは?
  • 自賠責保険の慰謝料とは?
  • 自賠責保険での慰謝料計算の仕方
  • 自賠責保険への慰謝料請求方法
  • 自賠責保険の慰謝料の振り込み時期

について解説したうえで、最後に「自賠責基準」よりも高額の慰謝料をもらう方法についても触れたいと思います。

交通事故における自賠責保険とは?

交通事故における自賠責保険は、交通事故被害者を救済するため、自動車損害賠償保障法に基づいて作られた保険です。

原動機付自転車を含むすべての自動車に加入義務があるため、強制保険とも呼ばれていますが、どのような場合に補償されるかなど、詳しく見ていきましょう。

自賠責保険の補償は、相手方が死傷した場合に限られる

自賠責保険で補償するのは、交通事故によって相手方が死傷した場合に限られますので、自損事故や、被害者が物損のみの事故は支払い対象外となります。

自賠責保険の支払い限度額

自賠責保険の支払い限度額は、被害者1名につき、

  • 死亡した場合=3,000万円まで
  • 後遺障害残った場合=4,000万円まで
  • 傷害を負った場合=120万円まで

と定められています。

自賠責保険への請求の時効

自賠責保険への請求には、時効があります。

被害者が自賠責保険に請求できるのは、被害者またはその法定代理人(未成年者の親権者など)が、損害および加害者を知った日の翌日から3年までです。
※通常は事故日の翌日を指します。後遺障害による損害については症状固定日の翌日、死亡による損害については、死亡日の翌日となります。

この期間を過ぎてしまうと、自賠責保険への保険金請求は、時効によりできなくなってしまいます。

ただし、自賠責保険に「時効中断申請書」を提出すれば、自賠責保険が申請書を受け取った日に時効は中断し、時効の進行が一旦リセットされます(時効は、その翌日から新たに進行します)。

時効中断申請書時効が迫っているような場合には、弁護士に相談するなどして、「時効中断申請書」の提出を検討すべきでしょう。

自賠責保険の慰謝料とは

自賠責保険の慰謝料は3種類

自賠責保険の慰謝料には、以下の3種類があります。

入通院慰謝料 傷害(ケガ)を負ったことによる精神的損害について支払われる
後遺障害慰謝料 後遺障害を負ったことによる精神的損害について支払われる
死亡慰謝料 死亡したことによる精神的損害について支払われる

自賠責保険の慰謝料は主婦や子どもでももらえる

前述したように、自賠責保険の慰謝料は、精神的損害に対する損害賠償金であるため、被害者が専業主婦や子どもなど、無収入であってももらえます。

なお、これとは別に、専業主婦でももらえる意外な損害賠償金として、「休業損害」というものがあります。
「休業損害」は、治療のために休業し、本来なら得られるはずの利益(収入)が得られなかった場合に支払われる損害賠償金です。専業主婦など家事従事者に対しても、休業期間1日にあたり5,700円が支払われますので、覚えておくとよいでしょう。

自賠責保険での慰謝料計算の仕方

自賠責保険での慰謝料計算の仕方は、どのようなものでしょうか?

以下では、自賠責基準に基づく慰謝料計算方法について述べます。

入通院慰謝料は治療期間と実治療日数で決まる

入通院慰謝料は、入通院1日あたり4,200円と定められています。

通院慰謝料の対象となる日数は、「治療期間」(治療開始から治療終了までの日数)と「実治療日数(実際に治療を受けた日数)の2倍」のうち、数の少ないほうです。

リハビリで通院しても入通院慰謝料はもらえる

リハビリのための通院も、入通院慰謝料を計算する際の日数にカウントされます。

しかし、リハビリの内容が、マッサージを受けるだけなどの場合は、治療のための通院と認められないことがありますので注意が必要です。

後遺障害慰謝料は後遺障害等級認定で決まる

後遺障害慰謝料は、損害保険料率算出機構の調査に基づく後遺障害等級認定によって決まります。

後遺障害等級認定では、もっとも症状の重い第1級から、もっとも症状の軽い第14級までに後遺障害の等級を分け、その等級ごとに後遺障害慰謝料の金額を定めています。

詳しくは、以下のとおりです。

第1級 1,100万円
第2級 958万円
第3級 829万円
第4級 712万円
第5級 599万円
第6級 498万円
第7級 409万円
第8級 324万円
第9級 245万円
第10級 187万円
第11級 135万円
第12級 93万円
第13級 57万円
第14級 32万円

介護を要する後遺障害への慰謝料

また、介護を要する後遺障害の場合は、第1級と第2級の2等級に分かれています。
その後遺障害慰謝料は

  • 第1級 1,600万円
  • 第2級 1,163万円

となります。

死亡慰謝料は被害者遺族の人数によって決まる

死亡慰謝料には、被害者本人の慰謝料遺族の慰謝料の2種類があります。

まず被害者本人の慰謝料ですが、こちらは350万円が定額で支払われます。

次に遺族の慰謝料ですが、こちらは遺族慰謝料請求権者の人数により、下記のとおり金額が変わります。

  • 請求権者1名で550万円
  • 請求権者2名で650万円
  • 請求権者3名以上で750万円

また、被害者に被扶養者がいるときは、さらに200万円が加算されます。

遺族慰謝料請求権者とは

被害者の父母、配偶者および子を指します。

自賠責保険への慰謝料請求方法

自賠責保険への慰謝料請求方法には、加害者請求と被害者請求の2種類があります。

加害者請求とは

加害者請求とは、加害者がまず被害者に損害賠償金を支払い、その後に自らの自賠責保険に保険金を請求する方法です。

被害者請求とは

被害者請求は、加害者側から損害賠償金が受けられない場合に、加害者が加入している自賠責保険に損害賠償金を直接請求する方法です。

この被害者請求という言葉は、後遺障害等級認定における事前認定との対比で、よく用いられます(事前認定とは、加害者の任意保険会社が、被害者に代わって後遺障害等級認定の申請を行うことを指します)。

そこで、事前認定と比較しながら、被害者請求のメリットとデメリットを見ていきましょう。

事前認定と被害者請求のメリット・デメリット

事前認定は、加害者の任意保険会社が申請手続きを行ってくれるため、被害者の手間が省けるというメリットがあります。けれども、加害者の任意保険会社は、損害賠償金の支払いを極力抑えたい立場であるがゆえに、被害者が後遺障害等級認定で有利になるように尽力してもらえないというデメリットもあります。

一方の被害者請求は、被害者が主体となって手続きを行うため、適正な等級を得られるよう専門医から意見書を取り付けるなど、医証を充実させられるメリットがあります。その反面、被害者に手間がかかるというデメリットもありますが、この点は、弁護士などの専門家に依頼することで解決が可能です。

自賠責保険で被害者請求をすると、慰謝料はいつ振り込まれる?

自賠責保険で被害者請求をした場合、慰謝料はいつ振り込まれるのでしょうか?

その答えは、損害額が確定し被害者請求をしてから、およそ1ヶ月後です(事案によっては調査に時間を要すなどの理由から、さらに時間がかかる場合があります)。

被害者請求は、治療が完了するなどして損害額が確定していれば、加害者と示談が成立していなくても申請できますので、その点では非常に便利です。

損害賠償金を早く受け取りたいなら、仮渡金請求という制度も

被害者請求には仮渡金請求という制度があります。

仮渡金請求をすると、治療を継続しているなどで損害額が確定していなくても、先に損害賠償金の一部を支払ってもらうことができます。交通事故被害に遭うと、治療費などで出費がかさみますので、当座の資金をまかなうためには有効な制度だと言えるでしょう。

仮渡金の振り込み時期

仮渡金は、自賠責保険に必要書類を提出後、通常は1週間程度で振り込まれます。

ただし、振り込まれた仮渡金は、治療が終了するなどで損害額が確定したのち、最終的に支払われる損害賠償金から差し引かれます。仮渡金請求をしたからといって、より多くの損害賠償金を得られるわけではないことは、理解しておきましょう。

自賠責保険慰謝料よりも高額の慰謝料をもらう方法

本章では、自賠責保険慰謝料よりも高額の慰謝料をもらう方法をご紹介します。

交通事故の慰謝料計算の仕方は、実は3種類

そもそも、交通事故の慰謝料計算の仕方には、これまで見てきた「自賠責基準」によるもののほか、「任意基準」、「弁護士基準」と呼ばれる基準に基づくものがあります。

つまり、交通事故の慰謝料計算の仕方は、「自賠責基準」も含めて、実は3種類あるのです。

任意基準とは

「任意基準」とは、加害者の任意保険会社が使用する基準ですが、各保険会社で内部基準を設けており、一般には公開されていません。しかし、通常は「自賠責基準」の慰謝料よりも高額です。

弁護士基準とは

「弁護士基準」とは、弁護士が介入した場合に使用する基準で、「自賠責基準」や「任意基準」よりもさらに高額になります。

むちうち症で通院3ヶ月の場合の慰謝料相場の比較

実際に、交通事故被害でよくあるむちうち症を例にとり、各基準での慰謝料相場を比較してみましょう。

むちうち症では、通院3ヶ月以上、通院頻度が3日に1回程度というケースが比較的よく見受けられます。
仮に、

  • 通院3ヶ月(治療期間90日)
  • 実通院日数30日

として計算してみましょう。

自賠責基準の場合

おさらいになりますが、「自賠責基準」では、日額4,200円に、治療期間あるいは実通院日数の2倍の、どちらか数の少ない方を掛けて慰謝料を計算します。

この事例では、治療期間(90日)よりも、実通院日数の2倍(30日✕2=60日)のほうが数は少ないので、

日額4,200円×60日=252,000円

が、「自賠責基準」でもらえる慰謝料です。

任意基準の場合

「任意基準」は、各保険会社の内部基準が公表されていないため、詳細ははっきりしませんが、平成10年までは各保険会社で統一した支払い基準が公表されていました。この旧任意保険支払基準では、通院3ヶ月の場合の慰謝料は378,000円です。

弁護士基準の場合

「弁護士基準」は、むちうち症で他覚症状(画像などで客観的に確認できる症状)がない場合は、通院3ヶ月で530,000円です。

より高額の慰謝料をもらうには、弁護士基準で慰謝料請求しよう

むちうち症で通院3ヶ月の事例では、「自賠責基準」の慰謝料が252,000円であるのに対し、「弁護士基準」の慰謝料は530,000円と、約2倍にまで増額しました。

したがって、自賠責保険慰謝料よりも高額の慰謝料をもらうためには、「弁護士基準」で慰謝料請求をするとよいでしょう。

ただし、弁護士基準で請求するためには、弁護士に依頼する必要があります。

弁護士は、判例知識など、きちんとした根拠に基づいて慰謝料請求をするため、それを受ける加害者側の保険会社や裁判所も納得しやすいのです。素人が知識もなしに、ただ弁護士基準で請求したいと言っても、まず通りませんので、ここは専門家である弁護士の手を借りるべきでしょう。

交通事故における自賠責保険慰謝料の仕組みでお悩みの場合には、弁護士に相談を!

まとめ:交通事故でより高額の慰謝料を得るには弁護士に依頼しよう

自賠責保険慰謝料は、自動車損害賠償保障法という法律に基づいて支払われるため、計算の仕方や請求方法もはっきりと決まっているという利点があります。

その他、自賠責保険慰謝料をもらうための被害者請求は、示談成立前でも利用できるという点も魅力でしょう。

しかし、自賠責保険の基準で算出される慰謝料は、「弁護士基準」の1/2ほどにしかならない場合もあるため、交通事故でより高額の慰謝料をもらうためには、弁護士に依頼し、「弁護士基準」を用いた慰謝料請求をすることをお薦めします。

弁護士は交通事故の専門家

自賠責保険慰謝料の仕組みでお悩みの場合には、弁護士に相談するのが得策です。

交通事故を専門とする弁護士は、個別の事案に沿って、わかりやすく自賠責保険慰謝料の仕組みを説明してくれます。

また、交通事故では、自賠責保険慰謝料の問題のほか、過失割合や逸失利益など重要な問題がたくさんありますが、弁護士はこうした問題にも通じています。

いまは、初回相談料を無料にしていたり、着手金をゼロにしたりしている弁護士もいますので、一人で悩むよりも、専門家である弁護士に相談し、交通事故のお悩みを軽くしましょう!

都道府県から交通事故に強いを探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない
  • 過失割合提示額に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい
交通事故問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ

「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションでで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。

交通事故の慰謝料を計算する
交通事故弁護士相談をすべて解説!
交通事故でむちうち症になったら
交通事故の慰謝料とは?
交通事故の弁護士費用の相場
後遺障害の等級認定について知る
損は無し!保険の弁護士特約を利用しよう
交通事故の慰謝料(賠償金)増額事例

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士:316事務所
  • 相談件数:40,000件 突破

【注目】交通事故に強い弁護士

原則、相談料・着手金無料 報酬金も10万円+経済的利益10%!
弁護士法人卯月法律事務所
弁護士法人卯月法律事務所

24時間365日ご相談受付
着手金0円、完全成功報酬制。高い交渉力で交通事故トラブルを早期に円滑に解決いたします。

交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP