後遺障害等級:第10級(1号~11号)認定

浅川綜合法律事務所

労働能力損失率は27%!歯に関する障害では最も重い後遺障害第10級!

自賠責の後遺障害等級は、介護の必要がない場合、1級から14級まで14段階に分類されています。等級の数が少ないほど重度の後遺障害になるわけです。第10級の場合労働能力損失率は27%だとされています。この辺りのレベルからは、被害者が後遺障害として認定を求めるか、泣き寝入りしてしまうかのボーダーラインでしょう。

後遺障害第10級は、障害を負った部位によって1号から11号に分類されています。

後遺障害第10級 11段階の分類
後遺障害第10級1号 1眼の視力が0.1以下になったもの
後遺障害第10級2号 正面を見た場合に複視の症状を残すもの
後遺障害第10級3号 咀嚼または言語の機能に障害を残すもの
後遺障害第10級4号 14歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
後遺障害第10級5号 両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
後遺障害第10級6号 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することが出来ない程度になったもの
後遺障害第10級7号 1手の親指または親指以外の2の手指の用を廃したもの
後遺障害第10級8号 1下肢を3cm以上短縮したもの
後遺障害第10級9号 1足の第1の足指、または他の4の足指を失ったもの
後遺障害第10級10号 1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
後遺障害第10級11号 1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの

実際に認定される等級は、これらを組み合わせて「第10級9号」などというわけです。

視力に関する後遺障害が第10級1号!

交通事故によって、片眼の視力が0.1以下にまで落ちてしまった場合は後遺障害等級10級1号に認定されます。視力0.1といえば、事故に遭わなくてもちょっと目の悪い人であれば実在しますので、あくまで事故が原因で視力に影響が出た場合です。

また後遺障害等級でいう視力は、基本的に矯正視力であり、裸眼視力ではありません。視力が落ちた目は左右どちらでも等級の区別はありませんが、右目と左目の視力に極端な差があると、結果的に良い方の目の視力が悪くなる傾向にあります。交通事故後、視力に異常を感じたら迷わず専門医に受診しましょう。

乱視と間違えやすい“複視”の症状が残ると第10級2号!

正面を見たときに物が二重にみえる、“複視”という症状が後遺障害が残ってしまった場合、認定される等級は10級2号です。複視には、眼球そのものに問題がある“乱視”と、眼球をコントロールする筋肉や神経に障害が原因で起きるものがあります。

単に“複視”と呼ばれるのは後者ですが、自分で確認するには、片目で物を見てみる方法です。片目を瞑って見ても物が二重に見えれば、眼球に問題がある乱視ですし、片目ずつでは物がはっきり見え、両目だと二重に見えるという症状であれば、複視である可能性が高いでしょう。

咀嚼・言語障害としては最も軽い第10級3号!

咀嚼とは食べ物を噛んで飲み込む機能で、言語機能は言葉を話す機能です。両方とも口や顎、あるいは舌といった部位を使う機能ですので、咀嚼機能に障害があるのであれば、言語機能にも影響が出てくることは珍しくはありません。
ただ後遺障が軽く、咀嚼機能と言語機能どちらかの機能に問題が残った場合に認定されるのが第10級3号になります。

具体的な基準ですが、咀嚼機能の場合はご飯や煮魚など普通のモノは食べられます。しかしたくあんやビーナッツなどいわゆる“歯ごたえのある食材”は食べられない程度の障害です。
一方、言語機能の方は発音する基本である「口唇音」、「歯舌音」、「口蓋音」、「咽頭音」という4種類の発音方法のうち、1種類の発音方法が出来なくなったケースになります。

この二つの障害が両方ともあるのであれば、等級は第9級6号になりますが、どちらか片方の障害のみであれば第10級3号になるわけです。この等級は咀嚼・言語機能障害の等級としてはもっとも軽いモノになります。

交通事故で、半分以上歯を無くしたら、第10級4号!

後遺障害10級
交通事故の衝撃で歯が折れてしまうという事はよくある事です。大人の歯(永久歯)は全部で28本ありますので、その半分である14本以上を事故で無くしたり、著しい損傷を受けた場合に認定されるのが第10級4号になります。

等級表には「歯科補綴(しかほてつ)したもの」と、あまり一般的ではない表現がされていますが、これは歯科に掛かって治療したという意味です。歯を無くしたのにそれを放置しておく人はあまりいません。差し歯やブリッジ、あるいはクラウンなど適切な歯科治療を施すのを前提として等級認定されます。

この場合当然の話ですが、後遺障害の対象となるのは、あくまで交通事故が原因で歯を失ったことで、もともと抜けていた歯は対象外です。また認定されるのは永久歯のみで乳歯は対象になりません。

耳に関する後遺障害が第10級5号・6号

交通事故の後遺障害等級表の第10級で、耳の機能障害に関するものは2つあります。まず両耳の聴力が、1m以上離れると普通の声で話される会話が理解できなくなるほど低下すれば、第10級5号です。具体的な検査レベルだと、「ピー」といった単純な音が聞き取れるかという純音聴力レベル50dB以上または40dB以上で、なおかつ言葉(言音)を言葉として聴き取れるかという、明瞭度が最高70%以下になります。

次に第10級6号は、片耳が接するほど近寄らなければ、大声も聞こえない程度の障害です。この検査レベルは純音聴力が、80dB ~ 90dB未満のものです。

指に関する後遺障害が第10級7号!

濃い障害の第10級で指に関するものが第10級7号になります。片手の親指か、親指以外の指2本に障害が残ったケースを指すのですが、等級表では“用を廃したもの”とあまり一般的ではない表現がされています。これは単に麻痺したとかいう場合だけではなく、具体的には、

  • 末節骨(一般的に「第一関節」といわれる一番先にある骨)が、その長さの2分の1以上失われた場合
  • 指の根元か第二関節(親指の場合は第一関節)の可動域が2分の1以下になった場合
  • 親指の橈側外転(たとえば「親指を立てる」という動作)、または掌側外転(親指をてのひらにつける動作)の動く範囲のいずれかが2分の1以下になった状態には
  • 神経麻痺の影響で指の存在感覚が無くなったり、物に触れる触角や温度感覚、あるいは痛感などが完全に失われた場合

といったもので、これらの障害にひとつでも該当すれば、第10級7号です。

足の長さや足の指に関する後遺障害が第10級8号・9号!

交通事故で足を怪我するケースとして、よくあるのが骨折でしょう。その治療にあたって、片足の長さが短くなってしまうこともあります。最近は医療技術が進歩して左右の足の長さが変わってしまうという事は少なくなってきましたが、それでも粉砕骨折など、完全な治癒が難しいこともあるわけです。

そんなわけで片足の長さが3cm以上、5cm未満短くなってしまった場合の後遺障害が第10級8号になります。5cm以上短くなってしまった場合は等級が上がり、第8級の5号になります。

一方、片足の親指、または親指以外の指全てを失った場合は、後遺障害等級第10号9号です。この場合、足の指を切断してしまった足は、左右どちらでも関係ありません。

手足の3大関節に関する障害が第10級10号・11号!

手足の3大関節というのは、腕の場合は「肩」、「肘」、「手首」で、足だと「股関節」、「膝」、「足首」で、この関節がまともに動かなければ、日常生活に大きな支障が出てきます。そんな3大関節のうち、ひとつに著しい障害が残ってしまった場合に、それが腕であれば第10級10号、足であれば第10級11号に認定されるわけです。

また後遺障害等級表に書かれている「関節の機能に著しい障害」とはどういうものかといえば、各関節の可動域が毛こうだった頃の2分の1以下になった場合を指します。ただ全く関節が動かない状態や、可動域が10%以下になってしまった場合、等級は第8号になります。

認定次第で等級は変わる? 専門家に相談しよう!

後遺障害等級の第10級は労働能力損失率27%と判断されています。ですから第10級になると自賠責保険の補償限度額は461万円と、第9級と比べると150万円ほど下がってしまいます。しかしこれはあくまで自賠責基準です。
弁護士基準の場合、最高3,500万円程度になるケースもあります。もし等級の認定や補償金に不満がある場合は、弁護士などの専門家に相談した方がいいでしょう。

慰謝料自動計算
交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない
  • 過失割合提示額に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい
交通事故問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ

「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションでで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。

弁護士基準で慰謝料を自動計算する
交通事故解決までの流れ
弁護士依頼で慰謝料が増額する理由
交通事故の弁護士費用の相場
むち打ち症の慰謝料相場
後遺障害の等級認定について知る
損は無し!保険の弁護士特約を利用しよう
交通事故の慰謝料(賠償金)増額事例

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士:238事務所
  • 相談件数:20,000件 突破

【注目】交通事故に強い弁護士

着手金0、重度後遺障害・死亡事故にも強い!交渉から解決まで完全サポート
弁護士法人 卯月法律事務所
弁護士法人 卯月法律事務所

24時間365日ご相談受付
着手金0円、完全成功報酬制。高い交渉力で交通事故トラブルを早期に円滑に解決いたします。

交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP