後遺障害等級:第11級(1号~10号)認定

浅川綜合法律事務所

労働能力損失率は20%!就労に関する内臓障害では最も軽い後遺障害第11級!

自賠責の後遺障害等級は、介護の必要がない場合、1級から14級まで14段階に分類されています。等級の数が少ないほど重度の後遺障害になるわけです。第11級の場合労働能力損失率は20%だとされています。つまり健常者の80%の能力は維持していると判断されるわけです。

この辺りのレベルだと、被害者が後遺障害として認定を求めるか、泣き寝入りしてしまうかのボーダーラインでしょう。また、これより等級の低い後遺障害でも、合併で第11級に認定されることもありますので、専門家に相談する価値があります。

後遺障害第11級は、障害を負った部位によって1号から10号に分類されています。

後遺障害第11級 10段階の分類
後遺障害第11級1号 両眼の眼球に著しい調節機能障害、または運動障害を残すもの
後遺障害第11級2号 両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
後遺障害第11級3号 1眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
後遺障害第11級4号 10歯以上に歯科補綴を加えたもの
後遺障害第11級5号 両耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することが出来ない程度になったもの
後遺障害第11級6号 1耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話声を解することが出来ない程度になったもの
後遺障害第11級7号 脊柱に奇形を残すもの
後遺障害第11級8号 1手の、ひとさし指、なか指、またはくすり指を失ったもの
後遺障害第11級9号 1足の第1の足指を含み、2以上の足指の用を廃したもの
後遺障害第11級10号 胸腹部臓器に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの

実際に認定される等級は、これらを組み合わせて「第11級2号」などというわけです。

眼球の調節機能に関わる後遺障害が第11級1号!

後遺障害11級

交通事故で負った傷が原因で、視力に関係なく眼球の調節機能に障害が残った場合は、後遺障害等級第11級1号に認定されます。眼球の調節機能というのは、目のピントを合わせる機能ですが、具体的には下記の障害です。

  • 遠くを見たり近くを見たりして、目のピントを合わせる機能が2分の1以下になった場合(調節機能障害)
  • 頭を固定し、目だけで物を追える範囲(注視野)が2分の1以下になった場合(運動障害)

2分の1というのは、具体的にどの位の値かというと、年齢によって違ってきます。しかし専門医の検査によって、数値化されますので交通事故後、目に異常を感じたら必ず眼科医に受診しましょう。

瞼に関する障害が第11級2号・3号!

事故の後遺症が瞼に残る場合に認定される等級が、第11級2号と3号の2種類です。まず第11級2号は、神経障害などの理由で、両瞼が自由にコントロールできなくなったケースになります。

具体的には

  • 自分では瞼を普通に開けているつもりでも、瞼が十分に開かず瞳孔が隠れたままのもの
  • 自分では瞼を普通に閉じているつもりでも、実際には瞼は閉じておらず、瞳孔や角膜が露出してしまうもの
  • 瞬きがうまく出来ないもの

といった症状で、病名では「Horner症候群」、「動眼神経麻痺」、「眼瞼外傷」、「外転神経麻痺」などです。これらの病気が交通事故によるものであれば、後遺障害代11級2号です。

一方、事故によって片目の瞼を全部、もしくは大部分を失ってしまい、普通に目を閉じたとき、目を覆いきれない場合は、後遺障害等級第11級3号になります。両眼の瞼が同じ症状であれば等級は第9級4号になりますが、片目だけだとこの等級です。
またこの場合も右目左目の区別はありませんし、瞼が無いというのは容貌の美醜にも関わる問題ですが、近年男女平等の観点から等級の改訂がされたので、男女の区別もありません。

交通事故が原因で10本以上の歯を無くしたら、第11級4号!

交通事故で歯を折ってしまうといった事はよくあることですが、事故が原因で10本以上の歯を無くしたり、使い物にならないほどの損傷を受けた場合は、後遺障害等級第11級の4級に認定されます。
後遺障害等級表には「歯科補綴(しかほてつ)を加えたもの」と、あまり一般的ではない表現がされていますが、これは歯の治療を意味します。

クラウンやブリッジ、あるいは差し歯といった歯科治療を施した場合、一応普通に物が噛めるようになると思います。しかし10本もの歯を失ったら、仮に治療をしても後遺障害として認定されるわけです。ただしブリッジをかけるためなど、治療のために処置した健康な歯は、直接事故で損傷したわけではありませんので、歯科補綴した歯としてカウントされません。

また損傷を受けた歯は、前歯でも奥歯でも関係ありませんが、永久歯に限られます。乳歯はいずれ抜けて永久歯に生え変わるという考えから、乳歯は後遺障害の対象外です。

聴力に関する後遺障害が第11級5号・6号!

後遺障害等級第11級で、聴力に関連したモノは、第11級5号と6号になります。
第11級5号は、両耳の聴力が1m以上離れた所から聞こえてくる小声の内容がわからなくなった場合です。この場合“小声”とはどういった大きさの声かという話ですが、具体的な検査レベルだと、「ピー」といった単純な音が聞き取れるかという、純音聴力レベルが40dB以上だとされています。

一方、第11級6号は、片方の耳が70dB ~ 80dB未満の純音聴力レベルで、言葉(言音)を言葉として聴き取れるかという、明瞭度が最高50%以下です。
第11級5号も6号も、等級認定を受けるには専門医の診断が必要ですから、症状固定する前に耳がおかしいと思ったら、ぜひ耳鼻科で検査を受けるべきでしょう。

脊椎が潰れたりして変形してしまった場合は第11級7号

交通事故で脊椎に大きな障害を受け、変形したままになってしまうと後遺障害等級は第11級7号に認定されます。具体的なケースは

  • レントゲンやCTなどで、背骨があきらかに縦方向に潰れていることが確認できる場合
  • 脊椎固定手術が行われ、人工関節などが埋め込まれている場合
  • 3個以上の脊椎に「椎弓切除術」が施されている場合

などになります。

この第11級7号のポイントは、脊椎が変形しているにも関わらず、神経麻痺など運動障害が認められないことです。運動障害が無いにもかかわらず、レントゲンで見ると背骨の一部が潰れているとか、脊椎固定手術や椎弓切除術によって背骨を走る神経の障害が除かれた場合に第11級7号になります。

脊椎に変形がある上、それが原因で運動障害などの症状がある場合、等級は第6級5号とか、第8級の2号へ上がることになるわけです。

四肢の指に関する障害が第11級8号・9号!

後遺障害として四肢の指に関するモノが後遺障害等級第11級8号と9号になります。
まず第11級8号ですが、これは片手の人差し指、中指、薬指のうちの1本を失った場合になります。後遺障害等級表における“指を失ったもの”というのは、親指以外の第2関節より先を切断してしまったケースです(親指は第1関節)。

次に第11級9号は足の指の障害になります。片足の親指を含む2本以上の指の用を廃した場合です。「用を廃した」というのは、以下のような状態を言います。

  • 指の長さが半分以下になった場合
  • 親指は第1関節、その他の指は第2関節より先が、健康だった頃に比べて可動域が2分の1以下になった場合

第11級9号は最大で親指プラス3本の障害までが対象で、片足の足指全てが用を廃したのであれば、等級はアップし、第9級15号になります。
また、第11級8号も9号も左右の区別はありません。障害の残った部位が、利き手や利き足でも、そうでなくても等級認定は変わらないわけです。

内臓に障害が残り、仕事するのに支障があると第11級10号!

後遺障害等級第11級の労働損失率は20%で、健常者に比べ80%の労働力しかないということになります。しかし無い内臓器による後遺症による基準としては、一応健常者と同じ労働能力を有するものと判断されるようです。内臓障害によって部分的に作業を規制される場合に認定されるわけで、どの程度仕事に支障が出てくるかによって等級は上がったり下がったりします。

第11級10号に認定されるか、もっと高い等級になったり、等級が下がったりするかは診断する医師次第みたいなところがあるのが事実です。
また内臓疾患は頭部と手足を除く、一般的に「身体」と言われる内臓全体の障害になります。ですから心臓や肺、あるいは肝臓や腸など、およそ内蔵と呼ばれる臓器が交通事故によって機能障害を残して、事故以前のように働けなくなった場合は、認定対象になるわけです。

なお、こうした内臓障害は症状固定後に悪化するケースが少なくありません。しっかりと医師の診断を受けて病状の経過を記録しておきましょう。

認定次第で等級は変わる?

専門家に相談しよう!

後遺障害等級の第11級は労働能力損失率20%と判断されています。ですから第11級になると自賠責保険の補償限度額は331万円と、第10と比べると130万円ほど下がってしまいます。しかしこれはあくまで自賠責基準です。
弁護士基準の場合、最高2,500万円弱になるケースもあります。もし等級の認定や補償金に不満がある場合は、弁護士などの専門家に相談した方がいいでしょう。

慰謝料自動計算
交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない
  • 過失割合提示額に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい
交通事故問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ

「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションでで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。

弁護士基準で慰謝料を自動計算する
交通事故解決までの流れ
弁護士依頼で慰謝料が増額する理由
交通事故の弁護士費用の相場
むち打ち症の慰謝料相場
後遺障害の等級認定について知る
損は無し!保険の弁護士特約を利用しよう
交通事故の慰謝料(賠償金)増額事例

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士:238事務所
  • 相談件数:20,000件 突破

【注目】交通事故に強い弁護士

着手金0、重度後遺障害・死亡事故にも強い!交渉から解決まで完全サポート
弁護士法人 卯月法律事務所
弁護士法人 卯月法律事務所

24時間365日ご相談受付
着手金0円、完全成功報酬制。高い交渉力で交通事故トラブルを早期に円滑に解決いたします。

交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP