後遺障害等級:第13級(1号~11号)認定

浅川綜合法律事務所

労働能力損失率は9%!日常生活には影響ない?後遺障害第13級!

自賠責の後遺障害等級は、介護の必要がない場合、1級から14級まで14段階に分類されています。等級の数が少ないほど重度の後遺障害になるわけです。第13級の場合労働能力損失率は9%だとされています。

ただこの辺りのレベルだと、だんだん健常者とさほど変わらない症状もあるわけです。しかし後遺症基準は客観的な判断が出来るものが多く、後遺障害として賠償請求はし易いかもしれません。ただしっかり自分の意見を主張しないで保険会社に任せきりだと、最低限の補償しか受けられない可能性があります。

後遺障害第13級は、障害を負った部位によって1号から11号に分類されています。

後遺障害第13級 11段階の分類
後遺障害第13級1号 1眼の視力が0.6以下になったもの
後遺障害第13級2号 正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの
後遺障害第13級3号 1眼に半盲症、視野狭窄、または視野変状を残すもの
後遺障害第13級4号 両眼のまぶたの一部に欠損を残し、または、まつげはげを残すもの
後遺障害第13級5号 5歯以上に歯科補綴を加えたもの
後遺障害第13級6号 1手の小指の用を廃したもの
後遺障害第13級7号 1手の親指の指骨の一部を失ったもの
後遺障害第13級8号 1下肢を1cm以上短縮したもの
後遺障害第13級9号 1足の第3の足指以下の1、または2の足指を失ったもの
後遺障害第13級10号 1足の第2の足指の用を廃したもの、第2の足指を含み2の足指の用を廃したもの。または、第3の足指以下の3の足指の用を廃したもの
後遺障害第13級11号 胸腹部臓器の機能に障害を残すもの

実際に認定される等級は、これらを組み合わせて「第13級7号」などというわけです。
後遺障害13級

視力や視力障害に関するものが第13級1号~3号!

交通事故が原因で視力そのものが下がったり、視力障害が残ってしまった場合に認定されるのが、後遺障害等級第13級の1号から3号になります。
まず第13級1号ですが、片目の視力が0.6以下になってしまった場合です。片目の視力が0.6などという人は、近視などで普通に居ますが、これはあくまで交通事故が原因で視力が低下したケースになります。さらに裸眼視力ではなく、矯正視力で0.6以下という条件です。

第13級1号と2号の違いは“複視”の有無

次に第13級2号ですが、正面以外の方向を見た時に“複視”の症状が起きる場合に認定されます。複視というのは、見ている物が二重に見えることで、症状そのものは乱視に似ています。しかし乱視と違うのは乱視は片目で見ても物が二重に見えますが、複視は両目で見ているとき物が二重に見えるわけです。

この症状が常にあって、正面の物を見ても複視の症状が出てしまうのであれば、後遺障害等級は第10級2号にあたります。目を動かして正面以外の物を見た時に限って複視の症状が出るのが第13級2号です。したがって第10級2号より症状は軽いと判断されているわけですが、逆に言えば症状が軽いゆえに自覚症状が見つけにくいともいえますので、交通事故で頭や目に大きな怪我を負ってしまった時には、眼科でしっかり検査してもらいましょう。

視野に関する障害が残ると、第13級3号

そして第13級3号は、片目に半盲症や狭窄視野などといった視野に関する障害が残ってしまった場合に認定されます。“視野”というのは、1点を見つめた時に見える下界の範囲のことです。具体的には右目だけに視野の障害が残った場合、歩いていてやたら右側の壁などにぶつかるとか、カレーライスを食べようとしたら、皿の右半分が見えないといった症状が出てきます。

健康な方の目で多少視野は補完されますが、事故で怪我を負う前と比べて、日常生活に影響が出やすい障害ですので、少しでもおかしいと思ったら早めに検査を受けましょう。

瞼やまつげに障害が残れば、第13級4号!

交通事故の後遺障害等級13級4号も広義の意味では目の障害ですが、眼球ではなくそれを覆う瞼に関するものです。事故によって瞼を欠損してしまった場合に認定されますが、普通に瞼を閉じても眼球の黒目を覆えなくなってしまうほどであれば、等級は9号4級になります。

しかし瞼を普通に閉じたときに、一応黒目は隠れて白目の一部が露出しているようなケースが、この第13級4号にあたるわけです。さらに瞼を閉じて眼球の一部が露出している、いないに関わらず、まつげを半分未満失って生えてこなかった場合も、後遺障害は第13級4号になります。

事故で5本以上の歯にダメージを負ったら、第13級5号!

交通事故が原因で歯を5本、あるいは6本失ったり、それに近いほどの大ダメージを負ってしまった場合は、後遺障害等級第13級5号です。この場合、歯は前歯・奥歯といった場所の区別はありません。また、事故後に歯医者に行って差し歯やブリッジなどの適切な治療を受け、日常生活に不便を感じなくなっていても、後遺障害として賠償を求めることは可能です。

さらに歯科補綴(しかほてつ)というのは、何らかの歯科処理をした事ですので、治療の際にブリッジをかけるなどの理由で、事故で損傷を負わなかった歯でも、治療のために削るなどの措置を受ければ、歯科補綴した歯としてカウントされます。

片手の指に関する後遺障害が第13級6号・7号!

交通事故の後遺障害等級の第13級6号・7号は片手の指に関するものです。まず第13号6号は、片手の小指に後遺障害が残ってしまった場合なのですが、具体的には

  • 小指の末節骨(第一関節より先の骨)を欠損し、長さが2分の1以下になった場合
  • 小指の根元、あるいは第二関節の可動範囲が2分の1以下になった場合
  • 小指の感覚がまったく無くなってしまった場合

で、これらの症状のうち、いずれかに該当すれば第13号6号に認定されます。

一方、第13級7号は片手の親指に関する後遺障害で、事故によって親指の骨の一部が欠けてしまったケースです。この場合実際に欠損していなくても、骨がくっつかない「遊離骨折」でもレントゲン写真などで、ちゃんと確認されれば、第13級7号に認定されます。さらに骨の欠損が一定以上であれば、後遺障害等級は上がりますので、等級認定は、専門家に相談した方がいいでしょう。

これら片手の指の障害は、左右どちらの手であっても等級に変化はありません。つまり後遺障害の等級認定に利き手、利き腕の評価はないわけです。

片足の長さや足指に後遺障害が残れば、第13級8~10号!

後遺障害等級13級のうち、足の長さや片足の足指に障害が残る場合、認定されるのは8号から10号になります。
片足の長さが事故によって、1cm以上3cm未満短くなってしまった場合に適用されるのが後遺障害等級第13級8号です。2cmほどのタイトな基準ですが、3cm以上短縮してしまったら、後遺障害の等級はアップします。

逆に片足の長さが1cm未満短くなったというのは、後遺障害として認められません。というのも健常者でも足の長さが、左右まったく同じという人は稀で、普通は利き足の方が0.5~1cm長くなっています。こうした長さの違いは整体で矯正できる範囲のものである上、治さなくても日常生活に支障がないからです。

次の第13級9号と10号ですが、同じ片足の指に障害が残った場合のモノなのですが、等級表を読んでいるとやや判り辛い言い回しをしています。判りやすくいうと以下のような意味です。

まず第13級9号は

  • 片足の足指のうち、手でいうと「中指」、「薬指」、「小指」の3本。これらの中で1本、もしくは2本の指を第1関節から根元で切断してしまった場合

ということになります。つまり失う指は1本~2本になり3本とも失ったら等級は上がるわけです。

そして第13級10号は、

  • 片足の足指のうち、手でいうと「人差し指」が第一関節から根元より手前で切断した場合や、指の可動範囲が2分の1以下になった場合
  • 片足の足指のうち、手でいうと「人差し指」1本と、それにプラスして、手でいうと「中指」、「薬指」、「小指」の3本のうち1本が第一関節から根元より手前で切断した場合や指の可動範囲が2分の1以下になった場合
  • 片足の足指のうち、手でいうと「中指」、「薬指」、「小指」の3本すべての指が、第一関節から根元より手前で切断した場合、もしくは可動範囲が2分の1以下になった場合。

ということになります。

後遺障害等級表の指の障害で理解しづらいのは、「失った場合」と「用を廃した場合」の違いでしょう。失った場合というのは、指を根元から切断してしまった場合ですが、用を廃した場合というのは、切断で指の大部分を失ったケースも含みます。本当に根元から切断してしまった場合は“失った”と解釈していいのですが、少しでも関節が残っていた場合は、用を廃したケースと解釈されることもありますので、専門家のアドバイスを受けた方がいいでしょう。

内臓に障害が残った場合は第13級11号!

交通事故で内臓にダメージを負い、以後日常生活に支障が残ってしまう場合、当然後遺障害等級が認定されるわけですが、内臓器に障害が残るケースで、一番軽いのが第13級11号になります。

  • 胃の全部、あるいは一部を切除した場合
  • 胆嚢を失った場合
  • 脾臓を失った場合
  • 腎臓を失うか、著しく腎機能を失った場合(腎機能によっては等級が上がる場合あり)
  • 睾丸や卵巣の片方が失われた場合など、生殖行為は可能だが、その機能に僅かな障害が残る場合

このいずれかの障害が残れば第13級11号です。

認定次第で等級は変わる?

専門家に相談しよう!

後遺障害等級の第13級は労働能力損失率9%と判断されています。ですから第13級になると自賠責保険の補償限度額は139万円と、第12級と比べると100万円弱下がってしまいます。しかしこれはあくまで自賠責基準です。
弁護士基準の場合、最高1,000万円程度になるケースもあります。もし等級の認定や補償金に不満がある場合は、弁護士などの専門家に相談した方がいいでしょう。

特にこのレベルになると、示談交渉は余程うまくやらないと、相手側から単にゴネていると取られてしまうケースも珍しくはありません。専門知識や交渉術によって賠償金が大きく変わってくるのが後遺障害だと言えます。

慰謝料自動計算
交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない
  • 過失割合提示額に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい
交通事故問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ

「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションでで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。

弁護士基準で慰謝料を自動計算する
交通事故解決までの流れ
弁護士依頼で慰謝料が増額する理由
交通事故の弁護士費用の相場
むち打ち症の慰謝料相場
後遺障害の等級認定について知る
損は無し!保険の弁護士特約を利用しよう
交通事故の慰謝料(賠償金)増額事例

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士:238事務所
  • 相談件数:20,000件 突破

【注目】交通事故に強い弁護士

着手金0、重度後遺障害・死亡事故にも強い!交渉から解決まで完全サポート
弁護士法人 卯月法律事務所
弁護士法人 卯月法律事務所

24時間365日ご相談受付
着手金0円、完全成功報酬制。高い交渉力で交通事故トラブルを早期に円滑に解決いたします。

交通事故弁護士相談広場は、交通事故に遭われた被害者のための情報ポータルサイトです。交通事故関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。交通事故に遭われた場合には、保険会社との示談交渉や損害賠償、後遺障害など日常生活では馴染みのない問題が発生します。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことで示談金や慰謝料が増額される可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP